images (26)

これからの季節はカビの対策が非常に大切になっていきますよね。

 

最近は、カビ対策のテレビ番組も増えてきており、家中のいたるところにカビがいると聞きます。

カビは、生命を脅かすものも存在しており、非常に危険な存在です。

 

昔は、カビがついたパンでもその部分を取り除けば食べられる、なんて当たり前だったようですが、最近はそれは非常に危険な行為だとわかっています。

 

私達の生活にまとわりついてくるカビ。

 

今回はそのカビを簡単に撃退する方法を公開します。

今回は、どんな家にもあるものを使います。

 

タイトルでわかると思いますが熱湯です。

最近、テレビで放送され、話題になっていますね。

 

今回はカビ対策として、カビを熱湯で処理する方法を紹介します!

 

スポンサードリンク

お風呂のカビの正体は?

カビ対策の前に、お風呂にできるカビはどのような性質をもっているのか、簡単に説明を加えておきましょう。

 

みなさんが日常的に見ているカビは顕微鏡で見ると、糸状のものがたくさんからみ合ってできる「糸状菌」というものがほとんどです。

 

カビは菌類に属し、菌類の中には私達の生活に欠かせない「酵母」や「きのこ」といったものも含まれているのです。

カビは「汚い場所」や「湿気の多いところ」などを好む習性があるのは、みなさんもご存知だと思います。

なぜ、カビは汚い場所や湿気の多いところを好むのか。

 

それはカビも生きていて栄養を欲しているからです。

カビは「水」「湿気」「温度」「酵素」などがバランスよく取れる環境を好むため、環境面でも非常に敏感な生物であるといえます。

 

さて、そんなカビですが、お風呂にできるカビはどんな性質があるのでしょうか?

 

 

普段、お風呂を綺麗に掃除している家庭でも、かなりの数のカビが存在しているらしいのです。

お風呂のカビと聞けば、蛇口の当たりやシャワーのホースなどを想像しますよね。

しかし、盲点となるカビが存在するのが天井。

 

「天井にカビなんてみたことない!」「天井を掃除したことない!」というかたが多いかもしれませんが、実際は「見えないカビ」が無数に存在しているのです。

 

このように、ふだん私達が気にしないような部分でも簡単に掃除ができる方法を今回は紹介していきます!

では、はじめていきましょう!

 

お風呂のカビの原因は…

images (2)

お風呂のカビのゴムパッキンなどの部分にできるカビ。

これらはやはり湿気などの影響が大きいです。

黒カビなども湿気などによる環境の良さが大部分を占めています。

 

ただ、お風呂の天井のカビは、少し性質が違います。

 

お風呂の天井のカビは、私達の体から出る垢が原因になっているのです。

私達の体から出る皮脂や垢が、お風呂で体を洗った時に湯気や水しぶきと一緒に混ざり合って飛び散ります。

天井にできるカビは、それを栄養源としています。

 

天井のカビが見えないのは、床などよりも量が少ないからです。

このように、お風呂には見える部分だけでなく、見えない部分にもカビが存在していることを覚えておきましょう!

 

では、次からが本題です。

 

お風呂のカビは50度以上の熱湯で撲滅できる!?

厄介なお風呂のカビ。

ホースなどに付く黒カビは、今までどのように処理していましたか?

 

筆者の自宅では、「カビキラー」などを使って処理をしていました。

あと、たまに煙の出るタイプのカビ対策グッズも使っていましたね。

 

しかし、最近テレビで紹介されているカビ対策では、50度の温度の熱湯をかけることでカビを処理できるとのことです。

50度を熱湯と言えるかはわかりませんが、50度の熱湯でカビを処理できるのはとても良いですよね。

カビキラーなどの対策グッズを使うよりも安心できます。

 

私達が毎日飲んでいるものですからね!

スポンサードリンク

どれくらいかければいいのか

さて、カビに熱湯をかける場合に、どれくらいの量をかければいいのでしょうか?

 

ポイントは「50度以上の熱湯を5秒間かける」です。

しっかりとカビを撲滅するまでには少しだけ時間がかかるようです。

 

また、ホースなどにカビが付いている場合、ホースに熱が伝わるように熱湯をかける必要があります。

 

こちらは、ホースに熱湯を10秒以上かけるようにしましょう。

そうすれば、カビを撲滅することができますよ!

 

ちなみに、黒カビになってしまっている場合、カビ自体は死んでも黒い色は残ったままになります。

 

そのため、黒い部分には熱湯をかけた後、カビ取り剤や漂白剤を使ってください。

これで完全に死滅しますよ。

 

また、天井についたカビも熱湯で5秒以上かけることで死滅します。

天井のカビの掃除は、燻煙剤などを使わなければ取れなかったのですが、こちらの方法なら簡単にできますね!

 

カビが一度死んでから、またできるまでに一週間ほどの期間があるようです。

そのため、定期的に熱湯をかける習慣をもつようにしたいですね!

 

◯ポイント

・50度以上の熱湯を5秒間かける

・ホースなどにつくカビは10秒間かける

・一週間に一回は実践する

 

カビが熱湯で死滅するメカニズムって!?

カビが熱湯で死ぬ仕組みは、ゆでたまごを作る仕組みと似ています。

 

液体の生卵を茹でると、弾力のある固形物になりますよね。

なぜ、ゆでたまごのような固形物になるのか。

 

それは、卵のタンパク質が熱によって変性しているからなのです。

常温では、タンパク質と水分子が緩い結合をしている状態になります。

 

しかし、熱湯によって水が活発に動き回り、タンパク質との結合がきれてしまいます。

そうなった場合、タンパク質との結合がきれてしまうのです。

 

さて、カビも原理は同じです。

カビが熱湯で死ぬのは、細胞の中で重要な役割を持つタンパク質が熱によって結合がきれて、変性してしまうのです。

 

そうなった場合、カビは生きていけなくなります。

これが、カビが熱湯で死ぬというメカニズムになっています。

 

まとめ

今回は、熱湯でカビを撲滅する方法についてまとめていきました!

 

カビは50度の熱湯をかけることで死滅するということはテレビ番組を見るまで知りませんでした。

 

私達の生活に浸透しているカビ。

特に梅雨のシーズン〜夏の終わりまでは、カビが繁殖しやすい環境ができます。

 

お風呂のカビで悩んでいる方は、熱湯をかけるという方法をためしてみてはいかがでしょうか?