けいおんの3期が2017年も放送されない!いつ放送される可能性がある?

深夜アニメが、わたしたちの生活に浸透した「きっかけ」とも呼べる作品。

それが、「けいおん!」ですよね。

ああいった日常系がヒットしたことで、深夜アニメは新たな時代を迎えました。

けいおんがアニメ界に与えた功績は、非常に大きいといえるでしょう。

さて、そんなけいおん!ですが、未だに3期が放送されていません。

確かに、2期の終わりは素晴らしかった。

時間が進むタイプのアニメですから、終わりがあることは仕方がない。

ただ、その先の大学生活をもっとアニメで描いてくれても良いのではないか?

ファンはとにかく待っています。

「けいおん」ブランドがあれば、今の時代でも円盤は売れるでしょう。

さて、今回は半年過ぎてしまいましたが、2017年後期にけいおんがアニメ化される可能性を検証。

また、結局3期はやるの?やらないの?という話題をまとめていきましょう。

スポンサーリンク

けいおんは3期を放送するレベルに達しているのか?

やはり、アニメの続編において、一定以上の売上や原作のストックが必要になります。

このレベルを満たせていないと、その資格すらも与えられないことが多いのです。

今回は、「お金」と「原作」の部分から、3期のレベルに達しているのか?を確認。

そして、2017年以降の3期の可能性を考えていきます。

けいおんのお金から3期をみる

さて、正直検証する必要はなさそうですが、確認程度に製作委員会の「お金」の面を考えていきましょう。

やはり、円盤の売上やグッズの売上が芳しくないと、3期の可能性は低くなってしまいます。

では、お金の面を考える際、最も採用される円盤の売上をみていきましょう。


データ

◯1期

1巻→合計 53,472枚
2巻→合計 44,535枚
3巻→合計 41,516枚
4巻→合計 40,506枚
5巻→合計 39,623枚
6巻→合計 39,524枚
7巻→合計 45,409枚

◯2期

1巻合計 42,433枚
2巻合計 39,247枚
3巻合計 38,747枚
4巻合計 38,019枚
5巻合計 40,484枚
6巻合計 37,009枚
7巻合計 35,800枚
8巻合計 36,843枚
9巻合計 41,046枚


やはり、今から考えると、相当なヒット作でしょう。

現在は、平均1万枚以上の売上で、大ヒットと言われています。

しかし、けいおん!の場合は、大ヒットを超えた「レジェンド作」と言っても良いでしょう。

この他、劇場版の限定版DVDが14万枚売れるという快挙。

ライブイベントの様子を収めた円盤も、35000枚以上。

もはや、製作委員会は潤いまくっている。

分かっていたことですが、財政面では全く問題ないと思います。

グッズの売上も当然素晴らしいですから、

製作委員会としても、期間が空いてもやりたいアニメになるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

原作のストックが問題

お金の面でクリアしているということですが、ストック面は問題があります。

けいおん!の原作は2012年8月に完結しました。

まず、けいおんは3つの種類のお話があります。

  • 大筋を描いた「高校生編」

こちらは、みなさんがアニメで見ていた部分ですよね。2007年〜2010年の間で連載をしていました。

  • 唯たちの大学生活を描いた「大学編」

大学編は2011年5月〜2012年7月まで連載されました。こちらは、まだアニメ化していません。大学では、高校と同様に軽音部に入ります。

  • 梓たちの残りの高校生活を描いた「わかばガールズ編」

こちらは、唯たちが卒業後に梓一人になってしまった軽音部を描いています。梓・憂・純の3人で新たに始動した軽音部の生活を描いています。

さて、アニメで描かれていない部分としては、下2つの内容になりますよね。

「大学編」と「わかばガールズ編」の2つが、アニメ化されていない状況になります。

どちらも、1年間の連載をしていたとはいえ、ストックは正直足りません。

しかし、アニメオリジナルを加えれば、大学編にせよ、わかばガールズ編にせよ、アニメ化することは可能になります。

ただ、ファンの要望としては、「軽音部の5人が揃った状態」が望ましいのではないでしょうか?

梓が大学に入り、そこから物語が再スタート…..!

話的に無理があるでしょうか?(笑)

どちらにせよ、わかばガールズ編よりは、大学編をやってほしい。

やはり「けいおん!」は、あの5人が揃ってこそだと思います。

大学編に関しては、まだまだ書けるところがたくさんあります。

ただ、作者さんはまだ何も明言していません。

つまり、書く気がない…..

このままだと、アニメ3期の可能性はどんどん低くなってしまうのかな、と感じます。

2017年にアニメ化される可能性とは?

やはり、内容的にもアニメオリジナルで作ることが、一番手っ取り早い。

漫画の方は、全く出る気配がありません。(完結しているから当然ですが)

そのため、アニメオリジナルで製作される可能性が最も高いといえるでしょう。

現在、2017年の6月ですが、京都アニメーションからは何も予告されていない状態です。

(つまり、2017年内は製作される可能性が0%)

来年となる、2018年にも映像化の可能性は低いと思われます。

先程からお話している「アニメオリジナル」の方向性ですが、

やはり原作者「かきふらい」さんが、OKしないといけないわけです。

(かきふらいさんは全く描く気がなさそう。)

正直、2020年の節目となる年までに、アニメ化されない場合、

永遠に可能性がないものになるかもしれません。

このあたりは「かもしれない」という憶測になってしまいますが。

けいおん!の3期がいつになるのか。

はっきり言って、誰にもわからないのです。

まとめ

今回は、けいおん!の3期放送の可能性を検証していきました。

様々なメディアを見てみると、まだまだけいおんの3期を待つ声はあります。

劇場版が放映されてから早6年。

未だに待たれているということは、やはり「原点にして頂点」ということでしょう。

京アニは、「2期待ち」「3期待ち」といったアニメがたくさんあります。

新しいアニメを作ってくれるのはうれしいですが、昔のアニメの続編も作って欲しいですね。

ただ、やはり原作のストックが無い点が問題と言えるでしょう。

大学生編を作れば、今の時代でも確実に売れます。

期待する声を大きくするしか無いですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です