csyhoenumaamswe-1024x795

 

この犯罪、醜悪至極なり!!!

IQ246内でドラマを通して対立関係にある2人。

 

法門寺沙羅駆vs「M」

これまで、Mの仕掛ける「完全犯罪」を見抜いてきた法門寺沙羅駆。

 

法門寺沙羅駆とマリアT=13は知り合いである可能性が高い。

黒幕予想が熱い展開を見せているのです。

 

今回は、13=Mは誰なのか?

IQ246の黒幕に迫っていきましょう!

 

スポンサードリンク

まずは、IQ246のキャストを洗い直してみよう

黒幕が誰なのか?

それを確認するには、IQ246のキャストを洗い直す必要がありますね!

 

まずは、主要キャストを洗い直してみましょう!

 

 

  • 法門寺沙羅駆(織田裕二)

oda-304x200

この物語の主人公。

IQが246で、異常なまでの頭脳を持っている。

どんな謎も手がかりも見抜き、優れた洞察力で難解な事件を一気に解決していく。

 

いつも謎に飢えており、「解けない謎」を求めている。

 

  • 和藤奏子(土屋太鳳)

omuk02tsuchiyatao

天然で、ちょっとおバカな刑事。

交通課にいたものの、北鎌倉で法門寺沙羅駆のお目付け役として配属される。

 

バカな役回りは全て彼女に回っていくが、事件解決に重要な部分も担っている。

柔道初段。

 

この物語のボケ役とかなり重要なキャラクター。

 

 

  • 賢正(ディーンフジオカ)

6-1

89代目、法門寺家執事。

法門寺沙羅駆のことを心から敬愛しており、沙羅駆が1人で現場に向かってしまうと、拗ねるという可愛い一面も。

 

執事としてはかなり万能で、融通が効く。

かなりのイケメンです!

 

 

 

  • 山田次郎(宮尾俊太郎)

news_thumb_miyao_2

警視庁捜査一課の刑事。

ハーバード卒で、プライドが高い。

 

女性を見下しており、法門寺沙羅駆のことをかなり嫌っている。

 

 

  • 今市種子(真飛聖)

m00049-209x300

 

警視庁捜査一課の刑事。

男性には負けないという強い意気込みを持ち、仕事一筋という雰囲気がスゴイ。

 

昔は貧乏だったようで、金持ちを見ると嫌悪感を示す。

 

同じく、法門寺沙羅駆のことが大嫌い。

 

 

  • 法門寺瞳(新川優愛)

a-24

沙羅駆の妹。

沙羅駆のとは違って、頭脳は普通。

 

上品で、今後事件に絡んできてもおかしくないか!?

 

 

  • 棚田文六(篠井英介)

警視総監。

法門寺沙羅駆のことを目障りだと思っており、賢正の父・賢丈とは幼馴染となっている。

 

ただ、過去に因縁も。

 

 

  • 賢丈(寺島進)

法門寺家88代目執事。

 

法門寺沙羅駆も、この人には頭があがらないというほどの人物で、法門寺沙羅駆に対して愛情の念も。

 

 

  • 森本朋美(中谷美紀)

iq246%e8%8f%af%e9%ba%97%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%b0%bf%e3%81%a6%e3%82%99%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e7%be%8e%e7%b4%80%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%94%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af

 

法医学専門医、監察医。

かなりの変人で、死体と写真を撮ったりとサイコパス感がスゴイ。

 

ただ、非常に優秀な監察医で、死体を見た瞬間にどんな殺害方法なのか?と言うところを言い当てることも。

法門寺沙羅駆には好意のような何かを抱いている。

 

 

では、IQ246の黒幕予想を見ていきましょう!

 

IQ246の黒幕予想ランキング

黒幕予想が熱い展開を見せています。

 

ネット上の黒幕予想や状況証拠から、今のところのIQ246黒幕予想ランキングを見ていきましょう!

  1. 森本朋美

    iq246%e8%8f%af%e9%ba%97%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%b0%bf%e3%81%a6%e3%82%99%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e7%be%8e%e7%b4%80%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%94%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af

    怪しさというよりは、 誰が見ても13=マリアTの正体は彼女ではないか? と予想するでしょう。

    シルエットといい、これでMが森本朋美だったらつまらないというレベルですよね。

     

    今のところ、ネット上で最も黒幕予想が多い人物です。

 

森本朋美がM=13ではないか?という根拠は以下の通り。

 

  • 名前→森本の頭文字がM、モリアーティーと響きが似ている点
  • 髪型→完全に一致
  • 性別→シルエット、ネイル、網タイツ、声などの情報から女性
  • 脳と書かれたバケツがあることや節々の行動でサイコパス感があること
  • 周りから「ドM」と言われており、これも仕掛けの可能性

 

IQ246はシャーロック・ホームズに深く関係しているお話です。

このことにお気づきの方も多いのではないでしょうか?

 

その中で、ホームズのライバルであるモリアーティーという人物が存在します。

このモリアーティーと森本朋美の響きが似ている点なども、決め手となっているようですね。

 

確かに、一話から死体と写真を撮るなど、随所に感じられるサイコパスの雰囲気がスゴイです。

 

ただ、筆者が思うのは、このまま森本朋美が13=Mでいいのか?という点。

あまりに露骨で、わかりやすい描写が多すぎます。

 

ドラマにおいて、シリーズ通しての謎を作る場合、大体の過去作はここまで序盤にヒントを出してきませんでした。

IQ246に関しては、オープニングのシルエットだけで森本朋美が黒幕で犯人なんじゃね?とわかってしまいますよね。

 

IQ246は推理モノです。

ここまで短絡的な思考で、ドラマ通しての黒幕を森本朋美にするでしょうか?

 

ただ、M=13は森本朋美以外に考えられないんですよね。

証拠からもシルエットからも、森本朋美が重要な人物であることに疑いの余地は無いのです。

 

そこで考えられるのは、M以外にも黒幕がいるという点。

 

その候補として挙げられているのが、次の人物です。

 

      1. 賢正

        6

        長年の間、法門寺家に仕えてきた執事ですが、法門寺家の特殊な頭脳がこの推理に関連します。

         

        法門寺沙羅駆の口癖に「私に解くに値する謎はないか」というものがありますよね?

        この口癖が賢正が本当の黒幕なのでは?と思わせる1つのヒントとなっているのです。

 

法門寺沙羅駆は、一話から「暇だ暇だ」と言っていました。

そして、賢正はこうも言っています。

 

「若様の望みを叶えるのが、私の役目ですから」

 

解けない謎を提供する執事とそれを解く家主。

正直、この結末はかなり腐っていますよね(笑)

 

完全な忠誠心の元には、罪の意識など存在しないのかもしれません。

法門寺家は、大々執事がMのとしての役割を務めてきたと考えられます。

 

時々見せる、考え事をするような描写から察するに、何か裏で糸を引いている可能性は十分にありますね!

 

さて、謎解き系のドラマの、シリーズ通しての黒幕という設定には、いくつかポイントがあります。

 

それは、二つのどちらか一方に当てはまってくるのです。

  1. 超主要キャスト内に黒幕パターン
  2. 全く別の黒幕登場パターン

 

シリーズ通しての犯人は、だいたいこの二つのパターンであることが多いです。

例えば、①の超主要キャスト内に黒幕パターンですが….

 

この画像を見て、やはり森本朋美の立ち位置はやはりおかしいな、と感じるのです。

 

iq246%e8%8f%af%e9%ba%97%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%b0%bf

 

左側の三人は、いつも物語の中心ですから当たり前ですよね。

 

ただ、ここで物語としてはサイドの立ち位置になるはずの森本朋美が、かなりプッシュされていることがわかります。

このように、「わざとらしいほど」に森本朋美が黒幕であるというイメージ。

 

本当に裏切って欲しいです…

 

スポンサードリンク

 

全く新しい人物が出てくるパターン

続いて、②ですが….

 

ここから主要キャラが増える可能性も考えられますね。

昔からの因縁の相手「M」を別に用意しておく可能性は否定できません。

ただ、非常に可能性は低いでしょう。

 

 

あそこまでシルエットを完成させて、描写を映しているので、森本朋美とは別の人間が登場すると物語がややこしくなってしまいます。

 

今回は、やはり主要キャラの誰かだという結論が出せそうです!

 

もう一つの可能性!法門寺沙羅駆の妹が犯人説

こちらも、非常に多く予想されている人物です。

 

法門寺沙羅駆の妹、法門寺瞳が黒幕では?と予想する声も多数存在。

この名前が出てきたのは、「13」=「ひとみ」という名前をもじったことが由来となっています。

 

また、目立たないキャラだけに、一気に終盤で名乗りを上げてくるのでは?という直感的思考に基づく予想のようです。

 

確かに、一話で見せたあの顔は、少し気になりました。

 

「私は普通で良かった」

 

和藤奏子が法門寺瞳と始めて話した時、発した言葉です。

 

これは本心でしょうか?

それとも、伏線の可能性もあるわけです。

 

ただ、「13」=「ひとみ」は間違っています。

なぜなら、13が表すのは「13番目のアルファベット」だから。

 

これは名前を当てたものでは無いことがわかります。

また、「M」と法門寺家との間には長い間ライバル関係がありました。

 

そのライバル関係を妹とどう結びつけるのか…

ここも微妙なところなので、やはり可能性は低いでしょう。

 

 

 

犯人・黒幕予想のまとめ

最後に、犯人、黒幕予想のまとめをしていきましょう!

 

  • 犯人予想1位は森本朋美
  • 賢正が執事としての役割を果たしている可能性も
  • 第三者の登場で、ドラマの展開を荒らしてくるか?
  • 妹が犯人の可能性も

 

このまま、森本朋美が黒幕で、犯人となる薄いパターンで終わるのか?

それとも、新たな犯人が出てくるのか?

非常に注目ですね!

 

また、法門寺沙羅駆が見えていた景色が気になります。

4話では月が赤く見える、5話では謎の女性が見えている….

 

これは、事件とは全く関係無いものでした。

おそらく、こちらも結末への伏線でしょう。

 

M、黒幕の正体。

そして、謎の幻覚。

 

結末が非常に気になりますね!

 

 

黒幕:M=13の正体とは?ネット上の意見まとめ

最後に、ネット上の意見を見ていきましょう!

 

 

 

やはり、森本朋美さんの名前が多い気がしますね。

黒幕予想はとにかく熱いです!

 

期待したいですね!