【堂島ホテル】閉館の2つの理由と原因とは?予約はいつまで可能なのか

06a06e65-7c55-4163-a65b-5c399efc35bf

多くの著名人が愛用してきた堂島ホテル。

その堂島ホテルが今年閉館を迎えるということで、その動向について惜しむ声が多くなっています。

堂島ホテルは、1984年に大阪・堂島にて開業。

その作りは高級感に溢れており、今でも評価の高いホテルとして名高いですよね。

しかし、そんな堂島ホテルも2016年を持って閉館。

この閉館には、疑問の声を呈する方も多いようです。

なぜ閉館しなければならないのか。

今回は、堂島ホテルの閉館の理由や原因に関して、堂島ホテルの歴史と下降についてお話します。

また、堂島ホテルの予約に関して、いつまでできるのか?などについての情報も紹介していきますよ!

スポンサーリンク

堂島ホテルとは….

堂島ホテルは、1984年に開業。

梅田近くの、かなり賑わう商業地として名高い堂島に作られました。

宿泊だけでなく、レストランやウエディングなど、非常に人気のホテルですね。

著名人も多く愛用することで有名なホテルでした。

堂島ホテルは「オーセンティックモダン」をコンセプトとして、高級感あふれるクリエイティブなホテルを目指しています。

旅行サイトのホテル評価も、5点中の4点以上を安定して叩き出すほど、人気なホテルとなっています。

立地やサービスがかなり良質。

非常に良いホテルと言えます。

では、なぜこんなに良いホテルが閉館してしまうのか。

そこには、時代の流れと経営の方針があったと予想されます。

全てを紐解く、堂島ホテルの歴史を見ていきましょう。

堂島ホテルの歴史から閉館の理由と原因を探る

堂島ホテルの閉館の理由や原因は、二つあるようです。

スポンサードリンク

一つ目の理由は経営難か

IslBG

堂島ホテルが1984年に開業したことは先程お話しましたね。

1984年というと、みなさんは何を想像しますか?

そう、バブルです。

堂島ホテルは、もともと商業地として栄えていた堂島に、かなりバブリーなホテルをオープンし、高級路線を売りに経営を進めてきました。

高級路線ということで、価格設定も当然バカみたいなものでした。

しかし、そんな堂島ホテルは、時代の流れに逆行することになるのです。

バブル経済の崩壊ですよね。

これによって、経済は停滞。

日本経済の流れは、「低価格」を推進するようになっていきました。

質を保ちつつ、どれだけ価格を安くできるか?という競争が起こったのです。

しかし、そんな中で堂島ホテルは経済の流れに逆行する動きを見せます。

1994年、堂島ホテルは建物の改築を敢行。

「高級路線」で勝負をかけるようになりました。

この、新堂島ホテルは14階建てのモダンな雰囲気を持った「ザ・高級」なホテルとなります。

しかし、経済の縮小によりあっという間に経営難に。

堂島ホテルを経営する会社は570億という莫大な借金を抱えて倒産。

また、その流れで堂島ホテルに多額の融資をしていた足利銀行も倒産。

当時は非常に大きなニュースになりました。

2000年、米国資本の会社であるマークスプロパティマネージメントに売り渡されます。

この新会社で、「マークスG大阪」という名称で営業を再開。

しかし、当時のホテル業界はかなり苦しい時期にありました。

数年のうちに、この会社も堂島ホテルを売りに出してしまうのです。

その後は、セラヴィリゾート株式会社という、多角経営の体質を取る会社が買い取ります。

ただ、堂島ホテルの業績の悪化により、再び手放されてしまいます。

ここまで、点々と会社を移している堂島ホテル。

次の会社は、シンワオックスという会社です。

これは、2009年の出来事。

次こそは!と、新会社は時代の流れに合わせた内装にリニューアルを施し、堂島ホテルの名称に戻します。

しかし、さらなる問題が。

シンワオックスの前社長の横領疑惑が発覚。

りそな銀行グループから訴えられるのです。

これが原因となり、またもや会社から手放されてしまう堂島ホテル。

現在はヴィーナスバンドという会社のもとで経営しています。

堂島ホテルは、かなり高級路線のホテル。

しかし、この時代において使用しない設備が増え、ここにかかる費用などは莫大だった様子。

堂島ホテルの重厚な設備自体が、会社経営のお荷物となっているのです。

経営難になってもおかしくはありません。

そして、堂島ホテルの老朽化が。

第二の理由は老朽化?

経営が苦しい中で、堂島ホテルの建物自体の老朽化が指摘されます。

この老朽化が決定的となってのではないでしょうか?

契約終了後、現在の運営会社は「事業価値増大に向けた計画の検討」をするようです。

こちらは、ホテルではなく、他の事業のために建物を活用するということです。

ただ、その計画に関して、同会社は何も案を出せていない状態となっています。

この理由から、2016年を持って堂島ホテルが閉館することとなったのです。

実際、リニューアルするにしても、時代の流れ的に厳しいのかな?と推測されます。

長く愛された堂島ホテルも、バブルの崩壊や高級路線の失敗により、長い間経営難におちいっていました。

これが、堂島ホテルの閉館の原因だと考えられますね。

堂島ホテルはいつまで予約できるのか

100593ga10000096

現在、堂島ホテルの予約は受け付けている状態です。

ただ、メディアによると「堂島ホテルの予約は12月のクリスマスまでとされる」とのこと。

おそらく、12月25日前後は予約が殺到すると思われます。

予約をするのであれば、お早めにしておきましょう!

泊まりたいと思っていた方、本当にラストチャンスですよ!

堂島ホテルの閉館に伴うネット上の反応

最後に、堂島ホテルの閉館に伴って、ネット上ではどんあ反応があったのか?について紹介しましょう!

この他にも、堂島ホテルの営業終了を惜しむ声が多数寄せられています。

歴史あるホテルであり、評価もかなり高かっただけに、かなり悲しい閉館となりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です