2017年秋クールの中でも、目を引いたアニメと言えば「宝石の国」ですよね。

やはり、けものフレンズのヒットにより、ああいったタイプのアニメは増えてくるのでしょう。

ただ、宝石の国に関しては、とにかく「完成度が高い」アニメとなっていました。

 

絵に関してはうまく表現できないのですが、慣れてくれば見やすくなってきますよね。

ストーリー構成や世界観がバッチリ。

「2017年秋クールの中で一番良かった」という感想が出てくるほど、人気も高いアニメになりましたね。

 

そんな方々が口を揃えて言うのは、「2期に期待!」という言葉。

果たして、宝石の国の2期制作の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

可能性を検証していきたいと思います。

 

では、はじめていきましょう!

 

スポンサードリンク

宝石の国の2期制作の可能性を検証!

さっそく、宝石の国の2期制作の可能性を検証していきましょう。

今回は、以下の3つのポイントから、2期制作の可能性を考えていきます。

 

宝石の国の2期制作の可能性
・円盤売上
・原作ストック
・アニメ人気

この3つのポイントから、2期制作の可能性を検証していきますよ!

では、まずは円盤の売上から検証していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

宝石の国の2期を円盤売上から見る

宝石の国の2期制作の可能性を、円盤の売上から見ていきましょう。

アニメの続編制作の可能性を見る際に、円盤の売上のデータは欠かせないものとなります。

 

なぜ、円盤の売上データが必要なのか?

それは、アニメ制作会社の財政状況を推測できるからですね。

 

続編を制作するには、製作委員会が黒字なのか?赤字なのか?を見る必要があります。

そんな製作委員会の収益の中で、最も大きな収益が円盤の売上なのです。

 

こういった理由から、2期制作を検証するには、円盤の売上を見ていく必要があるわけですね。

では、実際にデータを見ていきましょう。

 

宝石の国の円盤売上データ
1巻→7674枚
2巻→2018年1月17日
3巻→2018年2月14日
4巻→2018年3月14日
5巻→2018年4月11日
6巻→2018年5月16日

現状、1巻のみの売上データが発表されていますが、「成功」アニメだといえますね。

円盤売上のランキングでも、BEST5に入っているアニメ。

しかも、5位以上はほとんどゲーム関連で売っているようなアニメであるため、実質1位、2位を争う形ですね。

 

今季のアニメの中で、最も飛躍した作品だと言えそうです。

やはり、完成度の高さ、世界観の良さなどが影響して、この数字になっているのでしょう。

 

この数字を見ると、2期制作の可能性は非常に高いという結論を出せますね。

 

 

宝石の国の2期を原作ストックから見る

2期制作に関して、こちらも重要である原作のストック。

宝石の国はコミックスが原作となっているので、原作の話がなければ、ストーリーを作ることが出来ません。

 

では、宝石の国では、どこまで話が進んだのでしょうか?

まず、宝石の国の原作は、現段階で8巻まで発売されています。

 

アニメは原作で言うところの、「4巻の途中」まで進みました。

原作のストックは若干足りないのでは?と思うかもしれませんが、心配ありません。

 

アニメの制作が決定→制作期間の間に、9巻が発売されるでしょう。

そう考えると、円盤の売上から見ても、原作のストックが足りている点を見ても、2期の可能性は高いのではないか?と見ています。

 

ちなみに、宝石の国のアニメのほうがヒットしたおかげで、原作がめちゃくちゃ売れています。

原作購入した!というツイートが半端ない数になっていて、人気を証明していると感じますね。

なんでも、原作の4巻が品薄状態らしいです(笑)

 

 

 

宝石の国の2期をアニメ人気から見る

最後に、宝石の国の2期制作の可能性に関して、アニメ人気から推測していきましょう。

現段階で、アニメの円盤がここまで売れていること、原作ブーストもかかっていることを考えると、アニメ人気の方も高いことが伺えます。

 

いわゆる「萌えアニメ」ではないため、グッズ収入に関してはそこまで高くならない可能性が高いです。

ただ、収益に関しては、円盤の方で既に回収出来ていると思われますので、グッズ収入に関してはそこまで重きを置いていないでしょう。

 

宝石の国でこれから重要な部分は、1巻からの好調を2巻以降も落とさないこと。

円盤1巻では、7500枚オーバーという数字を記録しました。

ただ、2巻以降で急落することがあれば、2期の可能性も遠のいてしまいます。

 

アニメ人気が高い点は良いので、このまま円盤売上を維持できるか?が焦点になってくるでしょう。

 

 

検証の結果-2期の可能性は?-

では、検証の結果をまとめていきます。

ここまでの宝石の国、2期制作の可能性を考察してきた結果は以下のとおりです。

 

宝石の国の2期制作の可能性
円盤→◯
原作→◯
アニメ人気→◯
=可能性:80%

遅かれ早かれ、宝石の国の2期は確実に制作されるでしょう。

やはり、圧倒的な映像美、世界観、アニメ全体の出来。

このあたりを総合的に見ると、売れる要素しかありません。

 

3DCGのアニメながら、どこからも批判は無く、むしろファンを付けている。

けものフレンズによって、視聴者が慣れたのかもわかりませんが、それがなくともヒットしていたでしょう。

それぐらい完成度の高かったアニメでしたね。

 

 

まとめ-放送はいつ?-

今回は、宝石の国の2期制作の可能性について検証を重ねていきました。

宝石の国の2期に関しては、可能性が非常に高いものとなっています。

 

放送時期に関しては、まだまだ推測の段階ではありますが、可能性としては2018年に制作が発表される形でしょう。

 

  • 2018年春:制作発表
  • 2018年秋:放送

 

 

これが最速の形になりそうですが、あまり急がずに完成度の方を優先してほしいですね。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事