近年、よく話題に上がるようになってきた俳優さん。

他の俳優さんとは少し違った魅力を持つのが、宮沢氷魚くん。

2017年あたりから少しずつ出演作が増え始め、2018年以降もブレイクの可能性が高い俳優となっています。

 

2018年も、一発目からドラマが放送されます。

今年以降、どんどん出演作が増えてくる可能性があるため、要注目の俳優さんですね。

 

さて、そんな宮沢氷魚くんですが....

みなさんが何よりも気になるのが、名前の読み方でしょう。

「氷」に「魚」と書いて「氷魚」。

 

今回は、こういった名前の読み方を含め、話題に上がった「目の色」や「髪の色」についても触れていきます。

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

宮沢氷魚の基本情報まとめ

はじめに、宮沢氷魚くんの名前の読み方など、基本的な情報をまとめていきましょう。

まずは、名前の読み方の答えをお話しておきましょう。

宮沢氷魚くんの名前は「氷魚」と書いて、「ひお」と読みます。

 

では、基本情報をまとめていきましょう。

 

宮沢氷魚の基本情報
  • 名前:宮沢氷魚
  • 生年月日:1994年4月24日
  • 年齢:23歳
  • 身長:184cm
  • 事務所:レプロエンタテインメント

現在、23歳の宮沢氷魚くん。

身長は184cmと高身長で、完全にモデル体型ですね。

俳優を始める前は、MEN's-NONNOでモデルとして活動。

 

2015年〜2017年までは専属モデルとして活躍をしていました。

そして、昨年より俳優としての仕事を開始し、今に至るわけですね。

 

実は、宮沢氷魚くんは「2世タレント」なのです。

父親は元The BOOMの宮沢和史さん、母親はタレントの光岡ディオンさん。

おそらく、今後もバラエティ等で「2世タレント」としての仕事が増えてくるでしょう。

 

では、そんな宮沢氷魚くんに関して、もう少し詳細な「名前の由来」や「目の色や髪の毛の色」についての解説を加えていきます。

 

スポンサードリンク

 

宮沢氷魚の名前の由来は?

先程、宮沢氷魚の名前の読み方を「ひお」と読むことについてはお話しました。

ただ、なぜ「氷魚」なのか?という部分については、少し疑問を持ってしまいます。

 

氷った魚という名前は、キラキラネームに当たるのかもしれませんが、どうしてこんな名前を付けたのか。

宮沢和史さんは、名前の由来については話してくれていません。

 

ただ、この名前から、ある程度の由来を読み取ることができますので、そちらをお話していきましょう。

 

氷魚という名前の魚がいるらしい

宮沢氷魚くんの名前の由来は「ひうお」という魚が由来になってきそうです。

読み方は「ひお」ですが、「ひうお」と「ひお」は読み方が違うだけで、同じ魚を指します。

 

氷魚は、滋賀県の琵琶湖で取れる鮎の稚魚です。

成長するにつれて、魚の読み方が変わってきますので、「出世魚」というわけですね。

出世魚は縁起が良いとされ、人の名前に入っていてもおかしくはないものでしょう。

 

そして、氷魚という魚の特徴にも、由来は隠れていそうですね。

氷魚の体は、「半透明」という特徴があります。

非常に綺麗な魚なのですが、この透き通って見える氷魚のように、「心が透けて見えるくらいに純粋な人間になってほしい」という由来があるのかもしれません。

 

父親である宮沢和史さんが発言しているのではないことから、憶測に過ぎませんが、こういった由来があると思われますね。

 

宮沢氷魚の目の色が違う!カラコンを付けているとの疑いも?

一時期話題になったのは、宮沢氷魚くんの目の色でした。

コウノドリというドラマで話題に上がり、すごい綺麗な目だと評判が良かったんですよね。

 

ただ、一部の方からは「カラコンを付けているのでは?」と噂をされるなど、本当はどうなのか?知らない方も多いのではないかと思います。

単刀直入に言うと、宮沢氷魚くんの目の色や髪の毛の色は、「生まれつき」のものです。

 

出身の部分を隠して、ここまで宮沢氷魚くんについて解説してきましたが、宮沢氷魚くんの出身地は、アメリカ・サンフランシスコ州。

つまり、外国で生まれたというわけですね。

 

ただ、国籍自体は日本国籍。

そして、宮沢氷魚くんは日本人とアメリカ人のクォーターです。

 

母親の光岡ディオンさんがアメリカと日本のハーフ。

その光岡ディオンさんと宮沢和史さんが結婚し、生まれた子供が宮沢氷魚くん。

このことから、アメリカと日本のクォーターとなっているわけですね。

 

アメリカ人の血が流れていることから、目の色が白っぽい茶色であることにも頷けます。

また、髪の毛の色も地毛で、薄茶色ですね。

 

日光に長時間当たっていると、目の病気になってしまうこともあるそうで、普段から気をつけている様子。

日本では、髪の色や目の色にかなり敏感です。

特に、髪の毛の色に厳しい傾向にありますね。

 

中学〜高校では、そうとう面倒なことに巻き込まれそうではあります。

ただ、宮沢氷魚くんの場合は、大学までアメリカにいたため、そういった心配もなかったでしょう。

 

カリフォルニア大学→国際基督教大学に編入したとのこと。

国際基督教大学の偏差値が高いことは、日本ではかなり有名です。

 

ただ、カリフォルニア大学も世界的に有名な大学で、東大よりも難易度は高いとのこと。

正直、かなり秀才ですね。

 

英語は当然話せるバイリンガル!

ここまで読んでいただければわかると思いますが、宮沢氷魚くんは当然のごとく英語を話すことができます。

生まれてからずっとアメリカなので、英語は完璧です。

 

日本語もきちんと話すことができるため、「バイリンガル」とも称されていますね。

最近は、日本とアメリカのハーフタレントも増えてきました。

 

英語ができるだけで、日本ではアドバンテージになってきます。

現段階で、英語の教材の仕事もこなしているようですし、そっち系の仕事でも食べていけそうです(笑)

 

まとめ

今回は、2018年大注目の俳優、宮沢氷魚くんについて、目の色や髪の色などの疑問に答えていきました。

もともとはアメリカに住んでいたということもあって、他の俳優さんとは違い、英語を活かした役柄もこなせそうです。

今後、大注目の俳優さんですね!

スポンサーリンク
コメントを残す

芸能の関連記事
  • 【野邊大地】プロフィールを紹介!スタント俳優の練習は危険なのか?
  • 【うごくちゃん】顔バレ画像は本物なのか!使用IDもまとめてみた
  • 【ももクロ】有安杏果(緑)の卒業理由とは?芸能界からは引退なのか
  • 【山本千尋】出身高校や大学はどこ?彼氏の存在についても解説
  • 【宮沢氷魚】名前の読み方は何!目の色や髪の毛の色は本物?
  • 【au CM】2018年新春!三太郎のCM曲「笑おう」を歌っている歌手はだれ?
おすすめの記事