修学旅行シーズンに入り、学生のみなさんは何かと忙しい時期だと思います。

普段の勉強が全く手につかないという方もいるのではないでしょうか?

 

3年に1度しか修学旅行はありませんし、一生のうちに何回も行けるものでもありません。

それくらい、貴重で思い出に残る行事なのです。

 

そんな行事では、普段の学校生活とは違った雰囲気で進んでいきます。

そこで、少しだけ可愛く髪型をアレンジし、普段とは違った自分を見せてみるのもありですね!

今回は、修学旅行の髪型アレンジとして、ショートカットの女の子のヘアアレンジをまとめていきます。

 

スポンサードリンク

修学旅行の髪型アレンジ7選!ショートカット編

では、修学旅行の髪型アレンジをまとめていきます。

ボブやミディアム、ロングなどのヘアアレンジは他のページにまとめてあります。

 

修学旅行での髪型アレンジは、「崩れにくさ」と「手軽さ」がポイントです。

修学旅行の場合、初日は良いのですが、2日目以降の朝の準備時間がかなり限られてきます。

これは、朝食を学校単位で取るためですが、意外に準備時間が無いのです。

 

ショートの場合、ミディアムやロングヘアよりもセットの時間が短く済むので、かなり手軽な髪型だと言えますね。

では、ショートのヘアアレンジをまとめていきましょう。

 

所要時間や難易度などを表形式で残しています。

こちらも参考にしてみてくださいね。

 

難易度 評価
崩れやすさ ★が多いほど崩れやすい
所要時間 ★が多いほど時間がかかる
難易度 ★が多いほど難しい

 

 

スポンサードリンク

 

①内巻きショート

有名Youtuber・こばしりさんのショートヘアアレンジを参考にしていきます。

内巻きショートボブスタイルで、ポイントとなるのは「ふわっと感」ですね。

 

ワックスやヘアスプレーを使用し、全体的にふわっとした印象を作っていきます。

普段は巻いたりしない方は、少しだけ内巻きにしてみることで、いつもとは違う印象を作ることができるでしょう。

 

小顔効果もあるため、可愛く仕上がりますね。

 

難易度
崩れやすさ
所要時間 ★★
難易度

 

②外巻きショート

こちら、長めのショートですが、今流行のヘアアレンジとなっています。

毛先を外ハネにしていくということで、コテを上手に使って外ハネを作っていきましょう。

 

修学旅行2日目の時間がない朝でもできるヘアアレンジで、いつもの雰囲気よりも大人っぽく、今風に髪型を作ることができますよ。

動画の方は、少し長めのショートカットなので、短めの方は内巻きのほうが似合うかもしれません。

 

評価
崩れやすさ
所要時間 ★★
難易度

 

③編み込み

ショートヘアでもできる、おしゃれなヘアアレンジ!

編み込みヘアは、学校行事ならではのアレンジ例ですよね。

 

髪が少ない女の子でも実践可能で、前髪などをうまく調整することで、今風の髪型にアレンジすることもできます。

修学旅行の朝は時間が無いのですが、編み込みなどを作るときに友達に手伝ってもらうと、思い出にも残るかな?と思います。

 

文化祭や体育祭などでも活用でき、普段の学校生活では挑戦できない髪型なので、特別感を出すこともできるでしょう!

 

評価
崩れやすさ ★★★
所要時間 ★★★★
難易度 ★★

 

④ミックス巻き


ショートボブ系の髪型アレンジは、巻き髪が多くなってしまいます。

その点は申し訳ないのですが、次は「ミックス巻き」の紹介です。

 

今回、ショートヘアのアレンジの中では、最も難易度が高く、最も失敗しやすいアレンジ例です。

コテを使って、内巻きや外巻きを作るミックス巻き。

巻き髪の中では最もおしゃれで、可愛く仕上がります。

 

ただ、修学旅行2日目からは、作るのに時間がかかったり、失敗しやすいので、1日目に挑戦すると良いですね。

 

評価
崩れやすさ ★★★
所要時間 ★★★★
難易度 ★★★★

 

⑤ハーフアップショートカット

こちらも長めのショートボブスタイルがお手本です。

短めのショートカットの方は、髪の毛が足りないかもしれません。

 

普段のイメージを一発で変えることができ、今風の髪型に近づけることができます。

爽やかなイメージがあり、髪の毛が多い方は実践しやすいでしょう。

 

評価
崩れやすさ ★★★
所要時間 ★★★★
難易度 ★★

 

⑥センター分け大人前髪

 

ショートならではの動きのある髪型が作れる、センター分けショートです。

センター分けは、似合う似合わないがハッキリしてしまいますが、印象を大きく変えることができます。

 

普段よりも大人びたイメージを作ることができ、ショートらしいエアリー感も演出。

毛先を遊ばせることで、全体的におしゃれなイメージをつくれるでしょう。

 

⑦編み込み斜め前髪


前髪を編み込んで、斜めに流すヘアアレンジ。

こちらも、普段の学校生活ではできないようなアレンジ例となっていて、特別感を出すことが可能。

 

意外に簡単に完成しますし、前髪なので、鏡を見ながら作りやすい点も良いですね。

修学旅行でディズニーランドやUSJなどに行く前にもおすすめのヘアアレンジだと言えるでしょう。

 

修学旅行のときに持っていきたいスタイリングアイテムとは?

最後に修学旅行のときに持っていきたいスタイリングアイテムをいくつか紹介していこうと思います。

修学旅行では、朝から晩まで日程が詰め込まれるため、一日中歩き回る形になります。

そして、終盤になると、どうしても髪型が崩れがちになってしまうのです。

 

そういった事態を防ぐために、いくつかのアイテムを持っていきましょう。

 

①ヘアワックス&ヘアスプレー

特に、ショートボブの方は、ヘアワックスをスタイリングに組み込むと思いますので、必須級のアイテムだと思います。

普段はワックスだけでもOKですが、修学旅行では1日スタイリングをキープするために、ヘアスプレーで仕上げるようにしましょう。

 

ヘアスプレーは、ケープなどのお好みのものでOK。

バッグに入るサイズが良いと思われます。

 

②コテ&ストレートアイロン

コテやストレートアイロンは、ボブスタイルの肝となるアイテムですね。

修学旅行でおしゃれに髪の毛をセットしようと思ったなら、コテなどは購入しておいて損は無いでしょう。

 

初めてだと、失敗しやすいものですので、事前に練習しておく必要があります。

 

③寝癖直し

朝食は学校単位で食べることになります。

朝起きて、髪を直す暇がない場合があるため、寝癖直しなどは必須級でしょう。

修学旅行の夜は夜更かししがちですから、朝が苦手な人は特に注意して用意したいですね。

 

まとめ

今回は、修学旅行の髪型として、ショートカットの髪型アレンジをいくつか紹介していきました。

スタイリング例は、ロングやミディアムヘアよりも少ないものの、ショートカットは時間のかからないスタイリングで、大きな変化を加えることができます。

 

内巻き、外巻きなどは初心者の方でも、少し練習すれば必ずできるようになりますので、事前に練習しておきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事