先日、筆者の中で一つの疑問が生まれました。

「山ってどれくらいで購入できるんだろう」

 

実際に調べてみると、50万円〜2000万円ぐらいまで価格は様々でした。

そこで、「ある単位」に出会うのです。

 

それが、「1ha」というもの。

筆者がまず考えたのが、「haってなんだっけ?」というものでした。

普通は覚えているはずなのですが、記憶からすっかりとぬけていましたね(笑)

 

調べて見ると、「ha=ヘクタール」ということが判明。

ヘクタールと書いてくれれば、知っている単語なので納得しました。

しかし、新たな疑問が生まれます。

 

「ヘクタールって実際どれくらいなの?」

今回は、ヘクタールはどれくらいの大きさなのか?

子供にもわかりやすく、東京ドーム換算などを駆使して、解説をしていきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

そもそもヘクタールって何?

義務教育では習うようですが、ヘクタールについて詳しく説明できる方は意外に少ないと思います。

まずは、ヘクタールって何なの?という部分から突き詰めていきましょう。

 

ヘクタールをWikipediaで調べると、こんな説明になっています。

 

wikipediaのヘクタール解説

ヘクタール(hectare、記号:ha)は、メートル法における面積の単位のひとつであり、10 000 平方メートルである。
SI単位ではなく、「SI単位と併用される非SI単位」である。

 

とってもわかりにくいですね。

知らない単語がバンバン出てきています。

 

では、少しわかりやすく解説をしていきましょう。

 

ヘクタールって何?

  • ヘクタール=面積の大きさ、広さの単位
  • 1ha=100m×100mの正方形

そもそもヘクタールは、面積を表す単位のことです。

「そこの校庭の広さは?」と聞かれたら、「◯haです!」と答えることができます。

 

ちなみに、ヘクタールはヘクト(h)とアール(a)の組み合わせで出来たものです。

 

 

ヘクトは100のこと。

厳密には、10²=10×10ですね。

「キロ=1000」を表しますが、100バージョンが「ヘクト」というわけですね。

 

アールは面積の単位を指しています。

1a=100m²となります。

 

参考:ヘクタールの計算

  • ヘクト(h)→100
  • アール(a)→100m²

ヘクタール(ha)→100×100m²=10000m²

 

 


ここまでのまとめ!

  • ha=面積のこと
  • h(ヘクト)=100のこと
  • a(アール)=面積の単位

 

 

スポンサードリンク

 

視覚的にヘクタールを認識してみよう

面積の単位を並べると、上の画像のようになります。

文字が見やすいように、大きさはかなりアバウトにしてありますが、一辺の長さを参考に大きさを認識してみてください。

 

小さい方から順に、以下のようになっています。

  • 1m²→1m×1m
  • 1a→10m×10m
  • 1ha→100m×100m
  • 1km²→1000m×1000m

 

1ヘクタールをもっとわかりやすく認識するならば、「陸上競技場」に例えると良いでしょう。

イメージだと、1ヘクタールはこのくらいの大きさになってきます。

サッカーコートより少し大きいくらいをイメージすると良いでしょう。

陸上競技場の内側ぐらいの大きさと考えても良いですね。

 

ヘクタールを東京ドーム換算するとどれくらい?

では、続いて、ヘクタールを東京ドーム換算で考えていきましょう。

 

ここで、くどいようですがおさらいです。

1haは、100m×100m=10000m²の正方形となります。

東京ドームの大きさがどれくらいか?は、この数字と比較していきますよ!

 

それでは、東京ドームはどれくらいの大きさなのでしょうか?

 

東京ドームの大きさは?

大きさ:46755m²

1ha:10000m²

→4.67ha

 

東京ドームは約4.67haとなっています。

つまり、東京ドームは例に挙げた「陸上競技場の内側」を、4つと半分用意すればできあがる!というわけですね。

 

他のものにも換算して試してみましょう。

 

例えば、1ヘクタールは畳を何枚用意すれば出来上がるのでしょうか?

畳一枚は、1.65m²となっています。

10000m²÷1.65m²=6060枚。

 

つまり、1ヘクタールは畳を約6060枚用意すれば、良いわけですね。

 

みなさんも、身近にあるものが何ヘクタールなのか?を調べて、どれくらいの大きさなのか想像してみてくださいね。

 

 

子供にヘクタールを説明する際のポイント

最後に、お子さんにヘクタールをわかりやすく伝える際のポイントについてまとめ、記事を締めていきます。

 

お子さんにヘクタールを説明する際は、以下のポイントを元に話を進めていってくださいね!

 

子供にわかりやすくヘクタールを伝えるには
  • ヘクタールは面積の大きさの単位であること
  • 1ヘクタールはサッカーコートより少し大きい広さであること
  • 100m×100mの正方形であること(小学生から)

以上の知識を順序立てて説明してあげてください。

東京ドーム換算の数字なども絡めると、少しわかりやすくなりそうです。

 

小学生からは、正方形という言葉を使って、数字などからイメージしてもらっても良いでしょう。

年齢に合わせて、知識を組み立てていきたいですね。

 

まとめ

今回は、ヘクタールの知識について、幅広くまとめていきました。

言葉だと想像しにくいヘクタールも、陸上競技場の内側だったり、校庭ぐらいだと覚えればイメージもつきやすいでしょう。

 

また、東京ドームをヘクタールで換算すると、4.67ヘクタールだということも確認して行きました。

お子さんにもわかりやすく説明できる助けになれば幸いです。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

知識の関連記事
  • ヘクタールってどれくらい?東京ドーム換算で子供にもわかりやすく解説
おすすめの記事