【ごめん、愛してる】原作は韓国からの輸入!?結末のネタバレも紹介

gomen-aisiteru-1

TBSの日曜9時枠といえば、

毎回面白く、有名になる作品も多い印象があります。

TBSは、黒い噂がたくさんありますが、

ドラマに関しては、一歩リードしている。

「半沢直樹」や「逃げ恥」といった、有名なドラマも

TBSから生まれています。

また、今回紹介していく「ごめん、愛してる」の前の枠である、

「小さな巨人」も、かなり面白かったです。

それだけに、今回の「ごめん、愛してる」にも期待がかかるところ。

注目はされるでしょうから、面白いことに期待しますね。

今回は、そんな「ごめん、愛してる」のドラマ原作に関する話題をまとめます。

スポンサーリンク

ごめん、愛してるの基本情報を簡単に

まずは、ドラマ「ごめん、愛してる」の基本情報を、

簡単にまとめていこうと思います。

gomen-aisiteru

ドラマ名 ごめん、愛してる
放送日 毎週日曜夜9時
放送局 TBS
プロデューサー 清水真由美

TBS系列で、毎週日曜夜9時枠の放送となります。

主演は、TOKIO・長瀬智也さん。

最近は、あまりドラマで見なかったような気がしますが…

しっかりと毎週農業に携わっていますね(笑)

また、ヒロインも最近大ブレイクを果たしている吉岡里帆さん。

「悪女キャラ」として、一気に知れ渡り、演技の方でも高評価を得ています。

しかし、今回は悪女から一転、純粋なヒロイン。

演技の幅が求められる。

そんな挑戦になりそうです。

ドラマ「ごめん、愛してる」あらすじ紹介

スクリーンショット 2017-05-11 21.04.17

続いて、簡単にあらすじの紹介をしていきたいと思います。

ごめん、愛してるのあらすじ
主人公・岡崎律(長瀬智也)は幼いころ、母親に捨てられ、不遇の日々を過ごしていた。律は、生きる気力も、何かをしようとする気も起きない。
そんな律は裏社会にしか、生きる世界を見出されなかった。しかし、ある女性との出会いが律の人生を変える。律は重大な事故にあい、命がいつ尽きるのかわからない。
そんな状態になってしまう。

せめて親孝行ぐらいは、と思い、親を探し始める。
やっとのことで、親にたどり着いた律。

しかし、自分を捨てた母親は、息子・サトル(坂口健太郎)に愛情を注ぐ。
そんな姿を目にしてしまう。

親への憎しみ。葛藤。
愛を求める律。

そして、その律の姿に惹かれ始める凜華。

愛とは何か?
様々な恋愛模様、感情が交錯する!

純愛を描いた、ラブストーリー。

なかなか、ドロドロな展開になりそうな気がします。

公式サイトによると、

・律ー凜花ーサトル

・律ー麗子(母親)ーサトル

この2つの三角関係が、物語の中で進んでいくとのこと。

なかなか濃い内容の、ラブストーリーになりそうですね。

では、そろそろ本題となる、

「ごめん、愛してる」の原作情報に入っていきましょう。

スポンサードリンク

ドラマ「ごめん、愛してる」原作は….

スクリーンショット 2017-05-11 21.06.05

では、「ごめん、愛してる」の原作の情報をまとめていきましょう。

「ごめん、愛してる」の原作は、韓国のドラマです。

タイトルでは、「輸入」というワードを使いましたが、

まさにその通り、韓国産のドラマをリメイクする形をとっています。

ごめん、愛してるは、韓国で超人気を博したドラマなのですが….

視聴率が凄いのです。

最高視聴率に関して言えば、あの「冬のソナタ」を超えています。

その数、最高で29.2%

当時、非常に話題になり、主人公のファッションを真似る若者が急増。

また、「ごめん、愛してる」のドラマを見終わると、

ドラマが気になって何も手がつかず、廃人と化してしまう。

「ミサ廃人」と呼ばれる人も急増したという逸話もあります。

まさに、伝説のドラマというわけです。

ちなみに、先程の「ミサ廃人」のミサがどこから来ているのか?

気になった方もいると思うので、補足しておきます。

「ごめん、愛してる」の原作は、

韓国語で「アナダ、ランハンダ」というそう。

そうです、頭文字をとって「ミサ」ですね。

韓国でも。昔からドラマを略す呼び方が流行っていた様子。

最近、日本ではドラマ名を略して呼ぶことが流行っていますよね。

(逃げ恥などが有名です。)

ただ、韓国の場合、略しすぎじゃないか?と思うほどです。

アナダ、ランハンダ」→「ミサ」

なかなか短く略しますね(笑)

「ごめん、愛してる」を韓国風に略すなら「ゴア」です。

ゴア…..

微妙!略すなら、「ごめ愛」でしょうが、

全く内容に合っていない略し方ですね!

原作は最高だけど…

スクリーンショット 2017-05-11 21.08.54

さて、この原作を日本では上手くリメイクできるでしょうか?

筆者は、原作ありのドラマは作らない方が良いと思っています。

特に、漫画原作のドラマですね。

先が見えてしまうのもそうですが、

リメイクが下手すぎて、倒れることが多いからです。

また、事務所の圧力だったり、様々な力が左右して、

配役もごちゃごちゃ。

原作のイメージを損ねることしかしない。

原作ありのドラマは、本当に面白くない。

筆者は、そう思ってしまうのですが…

今回の場合は、原作が韓国ドラマですからね。

もとがドラマなら、若干やりやすいのではないでしょうか?

最近で言うと、韓国ドラマが原作になったのは、

「銭の戦争」がありました。

草なぎ剛さん主演のドラマでしたが、あのドラマは非常に良かったですね。

今回、原作が韓国ドラマということですが…

漫画や小説が原作となるドラマよりは、

期待が持てる結果になりそうです。

プロデューサーは清水真由美さん

スクリーンショット 2017-05-11 21.10.20

今回、ドラマリメイクということで、

プロデューサーさんにも注目しておきたいです。

今回、原作リメイクの指揮を執るのは、

清水真由美さん。

有名なドラマで言うと、あの「ドラゴン桜」のドラマを担当した方ですね。

ドラゴン桜は、漫画原作でしたが、正直面白かった。

ガッキー、山Pなど今では超有名な俳優さんが、

ドラマに出ていました。

清水真由美さんは、他にも「ニーチェ先生」「結婚できない男」など。

面白いドラマに携わっています。

経験も豊富な方なので、期待できる要素はありますね!

【おまけ】「ごめん、愛してる」の結末ネタバレ

最後に、非常に簡単ではありますが、

「ごめん、愛してる」の結末をネタバレしていこうと思います。

※ここからはネタバレを含みます。

見る際は注意です!

かなりスピーディなネタバレなので、

物足りない方はしっかりとドラマを見てください(笑)

結末:律は凜華に心臓を渡し、死んでしまう

一気に結末まで着たので、驚いた方も多いハズ。

もともと、あらすじ部分を読んでいただいた方はわかると思いますが、

律(長瀬智也)は頭に重傷を負い、余命宣告をされているところなのです。

結果的に、凜華(吉岡里帆)は律のことが好きなのですが…..

律は、最後には亡くなってしまいます。

正直、ネタバレを読んでしまったことに公開しました。

かなりドロドロな物語である反面、

登場人物が生き生きとしている感もあり、

非常に感動できるお話になっているそう。

今回、重要なのは「恋」ではなく「愛」である。

このことがネタバレを読んだだけで分かってしまいました(笑)

気になった皆さん、是非ドラマを見てください。

けっこう面白いと思いますよ。

まとめ

今回はドラマ「ごめん、愛してる」の原作に関する情報をまとめました。

正直、ドロドロした内容ですが、

かなり面白い展開になりそう。

長瀬智也くんの役は、結構悲しい青年です。

物語の内容自体、暗めな内容で報われない。

しかし、このストーリーこそ、本当の「愛」とは何か?

このことを気づかせてくれる内容になるのではないでしょうか?

期待が持てる内容なので、楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です