ダウンロード (59)

ついに始まった24時間テレビ!

2016年もなかなか盛り上がっていますね。

 

2016年の24時間テレビは、開催前にかなり大きな問題がいくつも発生してしまいました。

一番大きいのは、高畑裕太容疑者の逮捕でしょう。

高畑裕太は24時間テレビでは恒例となっているドラマの脇役で出演をしており、高畑裕太が写った部分を全て撮り直すなど運営はかなりの大仕事になった様子。

 

ポスターもバリバリと剥がされるなど、非常に大きな痛手となりました。

ただ、24時間テレビはしっかりと放送されており、マラソンランナーの林家たい平さんも順調に走り続けているところです。

 

24時間テレビといえば、「チャリティー」のイメージが非常に強いですよね。

よく、コンビニでも24時間テレビの募金箱が置いてあります。

 

ただ、出演者のギャラはしっかりと払われるようで…..

チャリティーイメージが強い24時間テレビですが、ギャラがとにかく高額。

マラソンランナーにも高額のギャラが支払われることもあって、なかなかイメージと違うのが現実のようですね。

 

さて、今回は24時間テレビのマラソンに関して、林家たい平さんにどれくらいギャラが払われるのか?について情報をまとめていきます。

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

24時間テレビのマラソンランナーにどれだけのギャラが発生するのか

thumb-12173-oric2076007-entame

24時間テレビは、チャリティーのイメージがあるにも関わらず、出演者には高額のギャラが支払われているという噂があります。

 

24時間テレビのオファーに関して、ギャラが発生するなら出演しない!という芸能人の方もいるようです。

この話で有名なのは、明石家さんまさんとビートたけしさんですね。

 

特にビートたけしさんは「ノーギャラにしろ」と公言するほどですから、高額なギャラが発生しているという噂はほんとうのようです。

 

どれくらいギャラは支払われるの?

マラソンランナーのギャラとして有名なのは、萩本欽一さんの「2000万円」です。

こちらは萩本欽一さんが実際に言っていた額で….

『だって、ギャラがいいんだよ。(指を2本立てて)コレだもん』

これは2000万円のことを指しているのだと思われます。

この他、マラソンランナーではDAIGOさんの1000万など、非常に高額のギャラが支払われているようです。

基本的にマラソンランナーのギャラは一千万ちかく支払われているようですね。

この他にも、司会者など出演者にもかなり高額なギャラが発生しているようです。

 

ジャニーズ系 → 一人1000万円
松下奈緒 → 1000万円
はるな愛 → 700万円
羽鳥慎一 → 500万円
上戸彩 → 500万円
加山雄三 → 200万円
谷村新司 → 200万円
障害者の人たち → 無料もしくは謝礼程度

嵐は、5人で5000万と言われており、このリークもあながち間違っていないのではないでしょうか?

 

この高額なギャラの背景には、莫大な資金源があります。

 

スポンサードリンク

24時間テレビの資金源って?

24時間テレビの資金源で一番巨額なものは「CM収入」です。

24時間テレビのCM広告料は、24時間のチャリティーというクリーンなイメージが有利に働き、通常の1.5倍の収入となっているようです。

 

CM収入全体で22億を超えているようで、制作費の4億と比べると18億もの利益が生まれます。

この他にも、募金活動や出資などでさらに儲けているようですね。

この収入なら、ギャラが高額になるのも当然でしょう。

 

林家たい平さんにも高額なギャラが支払われている?

林家たい平さんにも高額なギャラが支払われている可能性が高いです。

おそらく1000万円以上のギャラになっているのではないでしょうか?

 

チャリティー番組を謳い、募金までしているにも関わらず、高額なギャラ。

この矛盾に嫌悪感を抱く人も多いのでは?

 

ただ、チャリティーで100キロもの道のりを走るのは、少々厳しい話なのではないかと筆者は思うのです。

 

24時間テレビの100キロマラソンにギャラが出るのは当然なのか

はっきり言って、いくらチャリティー番組といっても、ノーギャラで急に「100キロ走ってください」と言われて首を縦に振る人はいるでしょうか?

 

売出し中の芸人なら100%やると思いますが、萩本欽一さんやDAIGOさん、大島美幸さん、そして今回の林家たい平さん。

これはほんの一部を思いつく限りで書いただけですが、全員名前を知っていますよね?

わざわざ辛いマラソンを走らずとも、普通に出演者となって番組に出演できそうな人ばかりです。

 

やはりギャラは最低限必要です。

不謹慎かもしれませんが、林家たい平さんも若くはありません。(現在51歳)

 

健康上の不具合や重大な危険があってもおかしくはない年齢なのです。

そんな体にムチを打って、このような距離を走るわけですから、ギャラが出ても少しは見過ごしても良いのでは?と思ってしまいます。

 

ただ、チャリティーを全面に押し出してしまっているという番組側の事情が最も大きな問題です。

この他、24時間テレビには闇が深い噂なども多くありますし、2016年は番組企画での炎上もしています。

 

番組の体制にも、問題があることを忘れてはいけませんね。

 

まとめ

今回は、24時間テレビのギャラに関する情報をまとめていきました。

マラソンランナーのギャラは、不当か?それとも正当か。

これは人それぞれの意見があると思います。

 

もはや、ギャラが支払われているという噂に関しては、本当だと思いますから、あとは人によっての感じ方次第になりそうです。