FINAL CUT(ファイナルカット)の原作はあるの?脚本家についてもまとめてみた

2018年新年はドラマが熱い!

注目ドラマが非常に多く、新年から楽しめる構成になっています。

その注目作品の一つに「FINAL CUT(ファイナルカット)」があります。

悪党を新しい形で退治する、爽快系のドラマということで視聴率も上がってきそうな予感。

また、主演が亀梨和也さんということもあって、注目度の高い作品になってきそうですよ!

今回はそんな2018年新ドラマ「ファイナルカット」に関して、ドラマの原作はあるの?という情報を始め、脚本家の情報についても触れていきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

ファイナルカットのドラマ基本情報

まずは、キャストやあらすじなどのドラマの基本的な情報をまとめていきます。

以下、基本情報です。


FINAL CUTの基本情報

  • 放送日:毎週火曜夜9時〜
  • 放送局:フジテレビ
  • 製作:カンテレ
  • 主演:亀梨和也、藤木直人

2018年1月スタートの新ドラマファイナルカット。

一部地域を除く、全国のフジテレビ系列の放送局でドラマが放送となります。

カンテレ製作の作品ということで、期待が持てますね。

スポンサードリンク

キャスト

主演は先程からお話しているとおり、亀梨和也さんと藤木直人さん。

亀梨和也さんはフジテレビのドラマでは、11年ぶりの主演作。

他の共演者も非常に豪華です。

  • 橋本環奈
  • 林遣都
  • 髙木雄也(Hey! Say! JUMP)
  • やついいちろう
  • 杉本哲太
  • 水野美紀
  • 佐々木蔵之介

このラインナップでは、失敗できないレベルですね(笑)

橋本環奈さんを始め、注目の女優さんや俳優さんが多い印象。

かなり力の入ったドラマとなりそうです。

あらすじ

続いて、あらすじを簡単にまとめていきましょう。

亀梨和也さんにピッタリの「悪党を退治する」タイプのドラマということで、配役もばっちりですよ。


FINAL CUTのあらすじ

SNSを使うことができる。

現代ではもはや当たり前のスキルでしょう。

ファイナルカットではSNSを使うことができるこの便利で危うい時代をもとに、「新しい復讐劇」が繰り広げられます。

今の時代ならではの「映像による復讐」。

「これがあなたのファイナルカットです」の決め台詞をもとに、ターゲットを追い込む新時代ドラマが始まります!


復讐系のドラマは爽快感もあり、視聴者もついてきやすい傾向にあります。

亀梨和也さんの主演作ということで、フジテレビのドラマも盛り返すことができるか?と注目を集めていますね。

では、今回の「ファイナルカット」に原作はあるのでしょうか?

本題となる原作情報に入っていきましょう。

ファイナルカットに原作はある?

ファイナルカットに原作はあるのでしょうか?

結論からお話しますと、ファイナルカットに原作はありません。

つまり、ドラマオリジナル原作になるわけですね。

最近は原作小説や原作漫画があるドラマが非常に多くなってきました。

去年は半分以上の作品が「原作あり」のドラマとなっています。

原作ありのドラマは製作がし易い反面、キャストなどによって原作を捻じ曲げる傾向にあるため、視聴率が安定しない傾向もあります。

フジテレビは特に「原作あり」のドラマでコケやすい傾向にあり、キャストミスなども目立つため、原作が無い方が良いと思われますね。

最近では「人は見た目が100%」というドラマでも、原作を尊重していないと批判をされるなど、失敗ドラマも多くなっています。

今回は、製作が面白いドラマを多く作っている「カンテレ」ということで、一定以上の期待もかかりますね。

では、ドラマのオリジナル原作となる脚本を作るのは誰なのでしょうか?

続いては、ドラマの脚本家の方の情報をまとめていきましょう。

ファイナルカットの脚本家はだれ?

原作があるドラマに関しては、脚本家ではなく演出やプロデュースの腕によって、ドラマの面白さが決まってきます。

反対に、原作が無いドラマでは脚本家の腕にドラマの面白さが大きく左右されるのです。

今回、ファイナルカットでは原作が無いため、脚本家の方に対する期待は大きくなりますね。

では、ファイナルカットの原作は誰が担当するのでしょうか?

脚本を担当するのは、あの大ヒット映画の脚本を務めた方です。

ファイナルカットの脚本を務めるのは金子ありさ

今回、ファイナルカットの脚本を務めるのは、金子ありささん。

2005年、映画「電車男」の脚本を務めた脚本家さんですね。

金子ありささんは、日本大学芸術学部で脚本を学び、主にフジテレビ系列で脚本を描いていきます。

ドラマ系では有名作は少ないのですが、2000年「ナースのお仕事3」と2002年「ナースのお仕事4」が人気作となりました。

その勢いをそのままに、2005年に社会現象ともなった「電車男」で有名作家になります。

電車男は一応原作はあったのですが、映画に関する脚本を描いたということで、その功績は大きいといえます。

ドラマ系のヒット作は少ないとお話しましたが、2009年あたりからNHKのドラマを担当し始めたことが影響しているでしょう。

今回、約8年ぶりのフジテレビ系列作品ということで、金子ありささんにも期待がかかっていると思われますね。

まとめ

今回はFINAL CUT(ファイナルカット)の原作情報をまとめていきました。

亀梨和也さんの主演ということで、得意な配役もあって注目のドラマになってきそうです。

悪を退治する系統のドラマは視聴者もついてきやすく、視聴率も安定しやすい傾向にあります。

原作のないオリジナル原作のドラマとなってきますが、先の見えない展開も楽しくなりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です