NHK8時ドラマ枠で放送される「フェイクニュース」。

便利になった現代では、「フェイクニュース」の問題が浮き彫りになっています。

フェイクニュースとはSNSなどを通じて、嘘の情報を発信し、情報を操作することを指します。

日本だけの問題ではなく、世界中で問題視されているものです。

 

こちらのフェイクニュースについて、NHKがドラマを通して、その問題点を伝えようとしています。

新聞、テレビ、インターネット。

多極化した情報発信を、正しく読み取ることができるのか?

 

このドラマは発信する側の視点から、フェイクニュース問題を斬っていきます。

今回は、NHK前後編ドラマ「フェイクニュース」について、原作情報をまとめていきましょう。

また、脚本家の情報についても触れていきます。

 

スポンサードリンク

フェイクニュース|ドラマ概要

はじめに、ドラマ「フェイクニュース」について、総合的な情報をまとめていきます。

興味のない方は読み飛ばしていただいても構いません。

 

フェイクニュース|ドラマ概要
・放送日→前編:10月20日(土)、後編:10月27日(土)
・放送時間→9時〜9時49分
・放送局→NHK
・主演:北川景子

「フェイクニュース」は、NHKの前後編単発ドラマです。

前編が10月20日、後編が10月27日となっています。

連続ドラマの形ではなく、スペシャルドラマに近いものがありますね。

 

北川景子さんを起用していることもあり、視聴率も気になるところです。

続いて、あらすじを見ていきましょう。

 

フェイクニュース|あらすじ
ネットニュース記者が、ネット上の真実と嘘に向き合うドラマ。始まりは中年男性のSNSによるつぶやきからだった。この投稿がきっかけとなり、様々な「フェイクニュース」が飛び交うことに...。新聞社出身の樹(北川景子)は、真実を報道するため、フェイクニュースと向き合い、葛藤する!

フェイクニュースの問題は、まだまだ世の中に浸透していません。

フェイクニュースという言葉自体、このドラマを通じて知りましたが、大きな問題となっています。

SNS黎明期から、こういった問題は起こっていました。

 

誰かの投稿が、「本当に真実なのか?」ということを調べるのは、非常に難しいですからね。

今回のドラマは、今後も問題になるであろう、フェイクニュースに向き合っていく社会派ドラマです。

 

こういった前後編ドラマは飽きずに見ることができるため、かなり楽しみです!

では、フェイクニュースには、原作があるのでしょうか?

脚本家さんの情報と同時に紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

フェイクニュース|ドラマ原作情報

NHK社会派ドラマ「フェイクニュース」にドラマ原作はあるのでしょうか?

今回、フェイクニュースは「オリジナル原作」で制作されます。

つまり、原作はなく、脚本家さんが独自にお話を作る形となるわけですね。

 

実は、このドラマはNHKの北野プロデューサーさんが、「オリジナルドラマがやりたい」と脚本家さんと相談してできたドラマなのです。

ドラマの制作ではよくある話で、オリジナルドラマはプロデューサーさんが発案する形が多いみたいですね。

 

ただ、北野プロデューサーが「フェイクニュース」をやりたいといったわけではありません。

脚本家さんにオリジナルドラマをオファーし、二人の「興味のある題材」を擦り合わせた結果、フェイクニュースにたどり着いたようです。

 

共通の興味に「フェイクニュース」があるのは、さすがテレビ関係の方々ですよね。

では、その脚本家さんとは一体誰なのでしょうか?

北野プロデューサーも認める、あの有名な脚本家さんですよ!

 

フェイクニュース|脚本家情報!

NHKドラマ「フェイクニュース」の脚本家を担当するのは、野木亜紀子さん。

あの大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」の脚本家さんですね。

フェイクニュース|野木亜紀子さんの基本情報
・生年月日→1974年(日にち不明)
・年齢→44歳
・出身→東京都
・代表作→「逃げるは恥だが役に立つ」、「アンナチュラル」etc..

近年、最も調子の良い脚本家さんです。

逃げるは恥だが役に立つが大ヒットし、続く連続ドラマ「アンナチュラル」も絶好調。

2018年秋ドラマは「獣になれない私たち」にて、新垣結衣さんと再タッグを組みます。

 

そして、こちらのフェイクニュースです。

NHKドラマということもあって、視聴率と同じく「ドラマの出来」も重要になります。

「獣になれない私たち」の視聴率によっては、「脚本家としての頂点」に立てる可能性もあるでしょう。

 

「アンナチュラル」でオリジナルにも高評価が!

「逃げるは恥だが役に立つ」で、一躍有名になった野木亜紀子さん。

ただ、逃げ恥に関しては、原作があるドラマであり、オリジナル脚本ではありませんでした。

逃げ恥以前も、ほとんどが原作ありのドラマということで、オリジナル脚本については未知数だったのです。

 

しかし、前クールに放送された「アンナチュラル」の視聴率が非常に高かった他、ドラマに対する評価もかなり高かった。

アンナチュラルでは、2017年-2018年度「ギャラクシー賞」を受賞。

同表彰で、野木亜紀子さんが脚本家賞を受賞。

その他、ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞など、様々な章を受賞した作品になりました。

 

これがきっかけとなって、野木亜紀子さんは「オリジナル原作でもイケる!」と箔がついたわけですね。

野木亜紀子さんのオリジナル原作のドラマは、2018年10月クールで2本あります。

どちらも注目の作品であり、視聴率にも期待したいところですね。

 

まとめ

今回は、NHKドラマ「フェイクニュース」の原作情報についてまとめていきました。

今回、フェイクニュースはオリジナル原作ということで、どのようなドラマになっていくのかも楽しみです。

前編・後編ドラマなので、内容の濃いものとなりそう。

 

オリジナル原作を制作するのは、今絶好調の野木亜紀子さん。

アンナチュラルでオリジナル原作の経験を経て、その実力が示されています。

フェイクニュースを始め、獣になれない私たちなども注目。

 

今後の展開に期待です!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事