ダウンロード (2)

うなぎ!

土用丑の日といえば、うなぎですよね!

 

年に四回ある土用丑の日。

夏の土用丑の日が近づいています!

 

筆者の家庭では、うなぎを食べることはかなり少なかったです。

うなぎは高級品ですからね(笑)

 

ただ、土用丑の日に食べる食べ物が少し変わりつつあるのをご存知でしょうか?

筆者の家庭のように、超上流階級!というわけではない家庭において、うなぎを食べるのはなかなか難しいこともあります。

 

それを見越してか、コンビニやスーパーでも土用丑の日の食べ物の売り方は変わりつつあるようです。

 

今回は、2016年の夏の土用丑の日日程や土用丑の日に関しての知識をまとめていきます。

また、土用丑の日に食べる様々な食べ物を紹介。

 

今年からは土用丑の日に食べる食べ物で「恵方巻き」が流行するという情報もあり、これからの主流になりそうです。

 

では、はじめて行きましょう!

 

スポンサードリンク

土用丑の日の日程は

ダウンロード (97)

まずは土用丑の日の日程からまとめていきましょう!

 

土用丑の日は年間で四回ありますね。

 

◯土用丑の日の日程【2016年度版】

・冬→1月20日(水)、2月1日(月)

・春→4月25日(月)

・夏→7月30日(土)

・秋→10月22日(土)、11月3日(木)

 

みなさんは、土用丑の日がどのように決められているか知っていますか?

筆者は知りませんでした。

 

そこで、土用丑の日がどのように設定されているのかを調べてみると….

 

まず、一般的に土用丑の日というと、夏のことを指すようです。

次に来る土用丑の日が本物です。

 

土用の日は立春、立夏、立秋、立冬の前18日間と定められています。

立春→2月3日or2月4日or2月5日

立夏→5月4日or5月5日or5月6日

立秋→8月6日or8月7日or8月8日

立冬→11月6日or11月7日or11月8日

 

この前の18日間ということで…

◯土用の日

冬→1月17日〜2月3日頃

春→4月17日〜5月4日頃

夏→7月20日〜8月6日頃

秋→10月20日〜11月6日頃

 

さて、これが「土用の日」となるわけです。

そして、その期間中の丑の日が土用丑の日となります。

 

丑の日の「丑」=干支の「丑」ですね。

 

先ほどの土用の日の期間中で、12日間に1回やってくる「丑の日」がすべて土用の丑の日です。

すべて、と書きましたが土用丑の日が2回周ってくることもあるわけです。

2016年は春と秋が2回丑の日がありますね。

 

毎年土用丑の日が変動する理由はここにあるのです。

 

 

土用丑の日ってなんで特別なの?

ただ、筆者が少し疑問を感じたのは、土用の日の中でもなんで「土用丑の日」が特別なのかという点です。

 

何か歴史的な背景でもあるのでしょうか?

次はここを見ていきましょう。

 

なんで丑の日?特別な理由があるのか

土用丑の日の由来には、様々な説があります。

 

一番有名なものは、平賀源内の説。

 

ある日、鰻屋がうなぎを売れなくて困っていました。

それを平賀源内に相談してみると、平賀源内はこんな方法を提案します。

「本日丑の日」という張り紙を店の前に貼る

 

現代の私達からすれば、意味がわかりませんよね?

鰻屋の前にそんな張り紙が合っても、おかしな店だなぐらいにしか思いません。

 

ただ、当時はこの張り紙に絶大な効果があったのです。

それはこんな風習が由来でした。

 

「丑の日にうのつく食べ物を食べると夏負けしない」

 

この風習を利用した平賀源内の作戦は見事的中!

鰻屋は大繁盛したそうです。

 

この噂を聞いた他の鰻屋も、この作戦を使い大流行。

そこから「土用丑の日」ができたと言われています。

 

非常に良く出来た話で、本当にこれなんじゃないかと思うくらいですよね。

 

他にも、神田和泉橋通りの「春木屋善兵衛」という鰻屋さんの説もあります。

この「春木屋善兵衛」にある日大量のうなぎが注文されます。

あまりに大量の注文だったため、子の日、丑の日、寅の日の3日間に分けてうなぎを作ったところ…

 

丑の日に作ったうなぎだけが、変質しなかったというのです。

これを由来にして「土用丑の日はうなぎを作る」という風習が定着したんだとか。

 

このように、土用の丑の日には様々な説があり、どれが本当なのかは実際わかっていません。

ただ、鰻屋さんにとってはこの風習が定着したことが相当喜ばしいことだということは確かですね!

 

土用丑の日に食べる食べ物は….

ダウンロード (98)

先程からお話している通り、土用丑の日に食べる食べ物の主流はうなぎですよね!

 

これは、先ほどのエピソードの「うのつくもの」を食べると良いと言う部分に由来していることは疑いようもありません。

 

うなぎの他には、うり、梅干し、うどんなどなどが伝承されているようで、とにかく「うのつくもの」を食べることが主流のようですね。

 

ただ、最近はうな重を食べる文化だけでなく、恵方巻きを食べる文化も根付きそうだという見方もあるようです。

 

なぜ恵方巻き!?

恵方巻きを土用丑の日に食べる。

今までそんな慣習はありませんでした。

 

しかし、土用丑の日に恵方巻きを定着させようとする動きがあるのです。

その動きを見せているのがコンビニです。

 

いままで、コンビニもうな重を売ってきました。

最近は高級路線に走り、2000円以上もする特選のうな重を売るなど、季節商品として売り込みは十分。

 

しかし、コンビニは新たに恵方巻きをはやらせようとしているのです。

その理由が「恵方巻きは売りやすい」というもの。

別に、土用丑の日にちなんだ伝承を元にしているわけではないのです。

 

コンビニ業界側としては、「節分の時期に結果を出している恵方巻きを夏にも!」という意気込みでやっているそうです。

 

また、コスト的な部分も非常に理にかなった考え方をしています。

2000円以上もするうな重を売るよりは、300円の恵方巻きを多く売ったほうがいいという考え方をしているようですね。

 

「恵方巻きは節分だろう?夏に売るのはおかしいじゃないか」

こう思う方もいるかもしれませんが、実際は節分も年4回あるようで、夏に売り込むことも間違ったことではないというのです。

 

今後、土用丑の日に安くて美味しい恵方巻きを食べる家庭が増えれば、流行の兆しもあるかもしれませんね!

 

まとめ

今回は土用丑の日に関して、2016年夏の土用丑の日はいつ?という話題や、土用丑の日の由来、そして食べ物に関する情報をまとめていきました。

 

筆者も土用丑の日に関して曖昧な知識を持っていたので、今回調べてみて、土用丑の日の伝統や由来を知ることができ、とてもためになりました。

 

また、少しづつ増え始めている土用丑の日の「恵方巻き商戦」の動きにも要注目です。

今はあまり定番とはいえませんが、5年後はどうなっているかわかりません。

(実際、今年流行るかもしれません)

 

土用丑の日にしかり、節分や正月などの季節商品は一度流行したらしっかりと定着してきますからね。

 

今後、土用丑の日に全国の店頭で恵方巻きが並ぶことは無きにしもあらずなのではないでしょうか?