日本テレビ視聴率奪還作戦。

その役目を任されたのは、新垣結衣さん。

まさに、適任と言っても過言ではありませんよね。

 

今回、日本テレビがかなり力を入れて、新ドラマ「獣になれない私たち」を発表。

新垣結衣×松田龍平さんのW主演で、今年10月から放送がスタートします。

日本テレビは、近年のドラマ枠では2番手〜3番手をウロウロしていますよね。

 

特に、テレビ朝日の快進撃がすごかったため、そこに対抗するべく、今回のドラマ枠が発表されたとのこと。

新垣結衣さんのパワーで、高視聴率を獲得できるのか?に注目が集まります。

 

今回は、そんな日本テレビ系の新ドラマ「獣になれない私たち」の原作情報と脚本家について紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

獣になれない私たちのドラマ概要

原作情報をまとめる前に、「獣になれない私たち」に関して、番組のあらすじや概要をまとめていきます。

興味のない方や、すでに内容を知っている方は読み飛ばしていただけますと、幸いです。

 

獣になれない私たちは、前述の通り、2018年10月スタートの新ドラマです。

日本テレビ系列の水曜10時ドラマ枠で開始予定。

主演は新垣結衣さんと松田龍平さんで、今後も豪華なキャストが発表されていく模様です。

 

【獣になれない私たちのあらすじ】
仕事終わりのバーで出会った二人。IT系の企業に務める晶と会計士の恒星は、お互いの本音をぶつけ合いながら、共に成長をしていく。傷つきながら、本心で歩んでく二人のラブコメディ。

「獣になれない私たち」のあらすじは以上のとおりです。

仕事のできる男女が出会い、どのように進んでいくのか?が中心に描かれていきます。

 

また、他キャストの恋模様も描かれていくため、かなり濃い内容になってくるのではないでしょうか。

 

では、今回の「獣になれない私たち」には、原作があるのでしょうか?

続いては、「獣になれない私たち」の原作情報をまとめていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

獣になれない私たちの原作情報!原作はあるのか?

「獣になれない私たち」に原作はあるのでしょうか?

今回、「獣になれない私たち」には原作がありません。

つまり、「オリジナル原作」で物語が進んでいくわけですね。

 

最近、連続ドラマは「原作ありき」の作品が非常に増えました。

昨季だと、主要放送局の連続ドラマの9割が原作ありのドラマでしたね。

このように、原作頼りのドラマが非常に増えている傾向にあります。

 

そんな中、「獣になれない私たち」は堂々とオリジナル原作を使用し、ドラマを作っていきます。

最近は、原作ありのドラマのほうが、視聴率が安定する傾向にあります。

 

以前は、原作が無いドラマのほうが、視聴率が安定しやすかったのですが、最近はドラマ人気も減少していますからね。

その当たりも関係しているのでしょう。

 

では、「獣になれない私たち」のオリジナル原作を作るのは、一体誰なのでしょうか?

今回、オリジナル原作を制作するのは、あの大ヒット作を生み出した脚本家さんです。

 

オリジナル原作を担当するのは、野木亜紀子

今回、「獣になれない私たち」のオリジナル原作を制作する脚本家さんは、野木亜紀子さん。

みなさんも覚えているでしょう。

「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家さんですね。

 

そう、新垣結衣×野木亜紀子という黄金のタッグになります。

では、野木亜紀子さんについて、簡単に紹介をしていきましょう。

 

野木亜紀子のプロフィール

プロフィール 概要
生年月日 1974年(日付不明)
年齢 43歳〜44歳
出身 東京都
代表作 逃げるは恥だが役に立つ

空飛ぶ広報室

アンナチュラル

野木亜紀子さんは、1974年に東京で生まれました。

脚本家として活動し始めたのは、2010年のこと。

2010年の「さよならロビンソンクルーソー」にて、フジテレビヤングシナリオ賞を獲得すると、徐々に名前が売れ始めます。

 

その後は、主に「原作あり」のドラマ脚本を中心に執筆。

掟上今日子の備忘録、重版出来などを経て、「逃げるは恥だが役に立つ」にて、野木亜紀子の名前が世間で知られるようになりました。

 

逃げるは恥だが役に立つでは、平均視聴率は14.5%を獲得し、TBS火曜ドラマ枠にて最高の視聴率を獲得。

リアルタイム20%超えも果たし、社会現象にもなりました。

 

野木亜紀子さんの快進撃は、ここまでではありません。

その後、オリジナル原作「アンナチュラル」では、平均視聴率11.1%を獲得。

様々な賞も受賞し、こちらも話題になりました。

 

脚本会では、「逃げ恥」→「アンナチュラル」の流れで、野木亜紀子さんの力が認められた形でしたね。

 

野木亜紀子オリジナル原作&新垣結衣で高視聴率は確定!?

今回、「獣になれない私たち」はオリジナル原作で進んでいくわけですが....

キャストも豪華ですし、何よりも新垣結衣さんが視聴率を持っているため、大敗する可能性は低いでしょう。

 

ただし、ドラマはキャストよりも脚本が命であると言われています。

今回、その点で「獣になれない私たち」が高視聴率に繋がらない可能性があると言われているのです。

 

その理由は、2018年7月クールで放送中のドラマ「高嶺の花」にあります。

石原さとみが主演の高嶺の花ですが、話が面白くないということで、視聴率が下降中。

 

野木亜紀子さんは、アンナチュラルでオリジナル原作脚本を担当していますが、まだまだ経験は薄いです。

もともとは、原作がある脚本を得意としている方なので、今回の「獣になれない私たち」も、どうなるかはわからないですね。

 

キャストは、豪華な方々を揃えるでしょう。

しかし、オリジナル原作の出来が、ドラマの出来に直結する可能性は高いです。

 

野木亜紀子×新垣結衣という「逃げ恥」のハードルもありますので、プレッシャーは半端ないですね。

「獣になれない私たち」がヒットするのか?それとも失敗するのか?

 

注目が集まる内容となっています。

 

まとめ

今回は、「獣になれない私たち」の原作情報をまとめていきました。

新垣結衣×野木亜紀子のタッグで、このドラマは進んでいきます。

 

このことから、確実に注目されるドラマになるでしょう。

ドラマの面白さは、原作や脚本に起因します。

新垣結衣さんや松田龍平さんなど有名なキャストも出演しますので、オリジナル原作にも注目しておきたいですね!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事