【ダンジョン飯】5巻の発売日と特典情報!ネタバレも紹介

E38380E383B3E382B8E383A7E383B3E9A3AF20E3838DE382BFE38390E383ACE6849FE683B3

数々の賞を受賞したダンジョン飯。

ただ、発売の間隔が長く、

忘れた頃に発売されるという部分もありますよね。

前回4巻の流れをおさらいしましょう。

全員の力を合わせやっとの思いで炎竜を倒します。

ファリンの救出に成功しましたが、

ラスボスクラスの強さに全員が疲弊していましたね。

では、今回は、ダンジョン飯の5巻の発売日や特典情報をまとめます!

また、ダンジョン飯の5巻のネタバレも紹介!

では、はじめていきましょう!

この記事でわかること
①ダンジョン飯の5巻の発売日がわかる
②ダンジョン飯の5巻の特典がわかる
③ダンジョン飯の5巻のネタバレがわかる

スポンサーリンク

ダンジョン飯の5巻の発売日はいつ?

thumb_inbox_600

では、ダンジョン飯の5巻の発売日をまとめていきましょう!

まず、これまでの発売日一覧を紹介していきます。

ダンジョン飯の発売日一覧

1巻→2015年1月15日発売
2巻→2015年8月12日発売
3巻→2016年8月12日発売
4巻→2017年2月15日発売

気になる発売日ですが….

ダンジョン飯5巻の発売日は、公式サイトでも掲載されていません。

大体、半年〜1年に一巻発売される形となっています。

では、ダンジョン飯の5巻の発売日は、

いつごろになるでしょうか?

ダンジョン飯の単行本は発売周期的に、

2017年8月12日に発売される可能性が高いです!

情報が入り次第、追記していきたいと思います!

スポンサードリンク

ダンジョン飯の5巻の特典情報

91q0Eo8Jp+L

ダンジョン飯5巻の特典を紹介していきます。

ダンジョン飯の5巻に特典はついてくるのでしょうか?

今回、アニメイトやとらのあなを調べましたが…

ダンジョン飯は、3巻、4巻ともに特典はついてきませんでした。

ダンジョン飯の5巻にも、

特典が付いてこないことが予想されます。

もし、特典の情報が出てくるとすれば、

発売の1ヶ月まえほどになると思います。

今後の情報に期待ですね。

ダンジョン飯の5巻のネタバレ紹介

E38380E383B3E382B8E383A7E383B3E9A3AF20E799BBE5A0B4E4BABAE789A9E381AEE79BB8E996A2E59BB3

最後に、ダンジョン飯5巻のネタバレを紹介していきましょう

ダークエルフとフェリン

メンバー全員が揃い穏やかな時間の流れる中、

ただ一人眠れないセンシ。

「いくら加工しても食いきれんな…」


夜なべ仕事でドラゴンボンレスハムを加工していました。

センシがハムを加工する中、目を覚ますファリン。

夢遊病のように街をさまよいます。

既に息絶えているレッドドラゴンの前で立ち止まるファリン。

すると、ドラゴンの亡骸に手を添えているダークエルフの姿が。

ダークエルフ

「そこにいたのかなんだその姿は」

「お前には 陛下捜索の任務を与えたはず暇を与えた記憶はないぞ」

ファリンの顔は青ざめ、地面に座り込んでしまいます。

一方、ライオスは立てかけた剣が倒れる音に目を覚ます。

ライオス「立てかけた剣が倒れたみたいだ」

ふう…とため息をついて剣を拾い上げるライオス。

ふと、視線をマルシルに向けると…

横で寝ていたはずのファリンが姿を消していました。

ライオス「マルシル ファリンはどうした」

マルシル「え?」

寝ぼけまなこで呆気にとられるマルシル。

ライオス「センシ ファリンはどこへ」


センシ「誰も通っちゃおらんよ」

ライオスはセンシにも問いかけますが、

誰も通っていないと言われ呆然とします。

マルシル「何…どうかしたの?」

目を覚まし不安そうに尋ねるマルシル。

ライオスが壁際に移動すればそこには不自然に開いた窓が。

ライオス「まさか…ここから出て行ったのか…?」

ライオス「…少し外を探してくる!」

マルシル「ライオス!」

目を覚ましたマルシルに、

一言告げると剣を持って外へ駆け出していきました。

謎のエルフの少女

道を進むと、骨だけの姿に変わり果てたレッドドラゴンが。

その目の前にたどり着いたライオス。

その無残な姿に絶句します。

ライオス「うっ これは…?」

傍らには座り込むファリンの姿。

ライオス「ファリン!大丈夫か?」

座り込んでいるファリンに声を掛けるライオス。

ファリン「デルガル様 お探ししなくては」

ライオス「デルガル…?誰…」

ダークエルフ

「この地に存在する建物金貨・国民・家畜・血・肉

お前が今踏みつけている砂粒ひとつに至るまで

全てはデルガル国王陛下そのひとの 所有物である」

「汚らわしい盗賊が」

ライオスに近づきながら語りかけるダークエルフ。

ダークエルフ「貴様…見覚えがあるぞ!!絵画の中をうろついていたな」

ライオス(見覚え?俺はない。 国王 絵画の中?)

ダークエルフの正体。

それは、絵画の中でライオスに襲い掛かった、

謎のエルフ少女でした。

その時、爆音とともに爆発魔法で助けに来たマルシル。

マルシル

「そっ そこのあなた 離れなさい!
「次は 当てるからね」

謎のエルフ少女「纂達者どもが・・・」

呻いているファリンに声をかけるライオス。

ライオス「ファリン 立てるか?」

ファリン「うるさい!!」


取りつかれたファリンのパンチを胸に受けて気絶してしまいます。



そこに様子を見にきたチルチャックとセンシ。

チルチャック「ラ、ライオス」

センシ「なんて力だ」

マルシルvsエルフの少女

一方、謎のエルフとの一騎討ちを繰り広げるマルシル。

謎のエルフ少女は古代魔術の呪文を詠唱します。

マルシル「ん!?本!?」

チルチャック「すごい嫌な予感」

チルチャックの予感は的中。

血によって作り出された無数の飛竜が!

一斉にマルシルに襲い掛かります。

謎のエルフ少女「食い尽くせ!」

飛竜の内、一匹に攻撃を受けてしまうマルシル。

マルシル

(爆発魔法 防御魔法…!)

(ダメ そんなもんじゃ 防げない)

(なら…術を直接書き換える)

杖に解除術を込め、飛竜の群れを迎撃するマルシル。

マルシル「解除 解除 解除!!!」

次々と迫り来る飛竜を解除しますが…

マルシル

(この古代魔術 わかる!! 読める!)

(けど ついてくのは無理!!)

多勢に無勢でスタミナが持ちません。

すっかり疲弊したマルシルは話し合いに持ち越そうとします。

マルシル

「あ あなたが…この迷宮を作ったの…?私…あなたと話が…」


次の瞬間、

地面に大きな穴が開き地下に閉じ込められてしまうマルシル達。

謎のエルフ少女

「おい 竜」

「それでは不便だろう 今一度新しい姿をやる」

取り残されたファリンは、

謎のエルフによって姿を変えられてしまいます。

一難去って…..

その頃真っ暗な地下に閉じ込められてしまったマルシル達。

チルチャック「なんだ ここ…どこから落ちてきたんだ どうなってんだ」

壁を小刻みに叩きながら慎重に出口を探るチルチャック。

すると、壁が動き出す!

4人を押しつぶそうと迫ってきました。

チルチャックとセンシは手で押し返し、

マルシルは足で必死に踏ん張ります。

マルシル

(死ぬ…死ぬのは初めてじゃないけど石の中じゃ誰にも発見されない)

(ようやくファリンに会えたのに迷宮の謎に近づけたのに全部意味がなくなっちゃう)

(こんな終わり方…)

じわりと涙を滲ませるマルシル。

次の瞬間、

壁から伸びて来た手に口を塞がれ、空洞へ引きずり込まれてしまいます。

空洞を見て外へ脱出できるとはやるチルチャック。

チルチャック「く、空洞だ!!あそこから出れる!」


センシ「どこへ つながるか わからんぞ」


チルチャック

「ぺちゃんこに比べりゃなんでもいい!!」

「いいから 急げーっ!!」

チルチャックはセンシのお尻を押し込む!

マルシルとライオスの身体の上に落下します。

チルチャック

「どこだここ…寒っ」

「と…とりあえずここから離れないと」

たどり着いた先は見知らぬ市街地。

ライオスは気絶し、マルシルは怪我をして動けません。

マルシル「…むり…もう指1本動かせらい…」

チルチャック「いいや頑張るんだ。またアイツに見つかったら」

気絶したライオスやマルシルを抱え起こそうとするチルチャック。

周囲を見渡すと、幽霊たちに包囲されていました

。

丸腰のセンシと戦力にならないチルチャック。

まともに戦えるライオスとマルシルは戦闘不能。

チルチャック・センシ(お…終わった…)

一難去ってまた一難。

絶体絶命の状況を2人はどう切り抜けるのでしょうか…!?

この後の展開は、

実際にダンジョン飯の5巻を購入して、お確かめください!

まとめ!

竜に取りつかれたファリンの運命、

そしてチルチャックとセンシはどうなってしまうのか…

注目ですね!

ダンジョン飯5巻の発売日は2017年8月12日発売を予想しています!

正式な発売日は詳細な情報が入り次第追記させていただきます。

今後の展開が非常に楽しみですね!

次回もどうぞお楽しみに!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です