大学生になってはじめてバイトを始めるという方は非常に多いでしょう。

一人暮らしをしている大学生の方は、バイトをしないとどうにもならないですよね。

しかし、大学の中である言葉をよく聞くようになってきます。

 

それが「扶養」という言葉。

「おれ扶養超えちゃうからさ〜」

このような言葉を聞くことは、非常に多くなるでしょう。

 

それでは、今回は大学生の一人暮らしの扶養が外れる金額はいくら?という知識から、超えるとどうなるのか?までまとめていきます。

 

スポンサードリンク

大学生の扶養が外れる金額はいくら?

では、一人暮らしの扶養に関する知識を、さっそく解説していきましょう。

まずは、結論から知りたい方に、一人暮らしの扶養が外れる金額はいくらなのか?を解説しておきます。

 

大学生の扶養が外れる金額は、103万円。

1年12ヶ月で割ると、一ヶ月あたり約8万5000円までの収入であれば、扶養を超えることはありません。

 

では、扶養に関する、税金の仕組みはどのように構成されているのでしょうか?

どうして、103万円という金額が扶養の範囲内になるのでしょうか?

 

大学生における、扶養の知識をまとめていきたいと思います。

 

用語解説
扶養
正しくは「扶養家族」。生活面で収入の助けを必要としている人のことを指す。所得税と住民税が扶養家族に入っていると、控除される。

 

スポンサードリンク

 

どうして扶養が外れるのは103万円なの?控除の仕組みを解説

では、どうして収入の金額が103万円を超えると、扶養が外れてしまうのでしょうか?

まずは、なぜ金額が「103万円」なのか?についてお話しましょう。

 

これは、一年の「給与所得」が38万円を超えてしまうと、扶養家族とみなされなくなるからです。

給与所得は、バイトをして貰った収入から所得控除を引いた金額のことを指します。

 

所得控除ってなんなのよ?と思うかもしれませんが、これは「税金を取らないでくれる金額」だと理解しましょう。

 

国の制度によって、基礎控除(38万)+給与所得控除(65万)=103万円を支払わなくともよいわけです。

 

みなさんはアルバイトをして、その金額をそのまま受け取れていると思います。

例えば、1月で6万5000円稼いだ場合、65000円をまるまる受け取れていますよね。

 

実は、本来なら働いたお金には「所得税」がかかります。

その貰った金額から、所得税分を支払わなければならないのですね。

 

しかし、国が作った制度である「所得控除」によって税金の支払いが免除されます。

そのため、65000円をまるまると受け取れている状態なのです。

 

所得控除はその人の収入に従って、国から補助されるお金のこと。

一年に稼いだお金が、全部で162.5万円以下であれば、65万円の所得控除を受けることができます。

 

みなさんが稼いだお金から、所得控除を引くと38万円が残ります。

これが、給与所得です。

 

扶養家族を超えないためには、給与所得が38万円を超えないラインにする。

そこに、65万円分の補助が重なって、103万円のラインまでなら大丈夫だよ!というわけですね。

 

用語解説
・給与所得=手元に入る収入ー所得控除
・所得控除:収入に応じて国から支払いを免除される額
・扶養が外れる金額:給与所得が38万円を超えるライン

 

扶養を外れるとどうなる?

では、大学生であるみなさんが扶養から外れてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

103万円の収入ラインを超えてしまうと、これまで受け取ってきた所得税と住民税の「特典」となる控除額が無くなります。

 

つまり、親が余分にお金を支払う必要が出てくるわけです。

支払う金額に関しては、人それぞれの状況によって違ってきますが、基本的には所得税と住民税を合わせて10万程度の税金を親が払う必要が出てきます。

 

なるべく、扶養のラインである103万円は超えないようにしたいところです。

 

103万を超えてしまったら...「勤労学生控除」について

実は、大学生は「勤労学生控除」という特別な控除を受けることができます。

これは、年間27万円の所得控除になるのですが、この制度を使えば103万円→130万円まで稼いでも、所得税がかからない計算になります。

 

大学生の所得税の控除
基礎控除(38万)+所得控除(65万)+勤労学生控除(27万) =130万円

ただ、注意点が一つ。

この制度でも103万円を超えてしまうと、扶養から外れてしまう点は変わらないという部分。

 

103万円を超えた場合、学生さんであれば、130万円まで稼いでしまったほうがお得です。

一般的に、扶養から外れてしまうと、親が支払う金額は10万円程度。

 

そうなると、103万円〜113万円の間の収入が、家族単位で見ると最も損をするかたちになるわけです。

 

103万円を万が一超えてしまった場合、114万円〜130万円の間に収入を調整すれば、家族内での損は回収できます。

130万円までであれば、大学生のみなさんは所得税を支払う必要がありません。

扶養を超えてしまった場合、114万円以上130万円以下に収入を調整するようにしましょう。

 

とはいっても、大学生で114万円をバイトで稼ぐのは、そうとうシフトに入っている証拠。

バイト先の管理者の方も、「扶養を超えてしまう」と話せば、無理にシフトには入れなくなります。

お金の管理はきちんとして、扶養を超過しないように調節したいですね。

 

勤労学生控除を受ける場合

もし、勤労学生控除を受ける場合は、勤務地の数に応じて、的確な手続きをする必要があります。

 

  • 勤務地が1つ→バイト先で年末調整をしてもらう
  • 勤務地が2つ以上→確定申告

 

基本的に、バイト先が一つならば、年末調整を管理者の方にやってもらい、勤労学生控除を受けることができます。

 

勤務地が2つ以上の場合は、確定申告をする必要があります。

確定申告書に「勤労学生控除」と明記し、控除を受ける形になるでしょう。

 

 

バイトによっては税金にゆるい?

最後に、豆知識的な部分を一つ紹介しておきます。

一部のバイトでは、扶養を全く意識しなくとも、大丈夫な場合があるのです。

 

筆者も、そのタイプのバイトをやっていました。

(扶養を超えることはありませんでしたが笑)

 

どんなバイトが、扶養を意識しなくともよいのか。

それは「個人経営」のバイトです。

 

例えば、コンビニバイトやチェーンの飲食店などは確定申告など、税金に関して厳しめにチェックが入ります。

給料も振込で行われるため、ごまかすことはまず無理です。

 

しかし、個人経営の居酒屋や飲食店は、給料手渡しで、確定申告などの税金関連にゆるいところが多い傾向があります。

筆者のやっていた居酒屋でも、店長がそういった税金関連に疎い人だったので、給料手渡しで扶養を考える必要がありませんでした。

そのように大手のバイトでなければ、扶養関連にゆるいところが多いですね。

 

筆者の後輩は、扶養が見られない居酒屋でバイトをしつつ、イベント系のバイトも掛け持ちしていました。

おそらく103万は超えていたのでしょうが、扶養から外れるなんて話はしていませんでしたね。

 

まとめ

今回は、大学生の一人暮らしの「扶養」に対する知識をまとめていきました。

扶養が外れる金額は103万円から。

大学生のみなさんは、なるべく103万円を超えないように調節しておきたいですね。

 

では、まとめです。

今回のまとめ!
・扶養は103万円まで外れることはない
・扶養は給与所得が38万円になると外れる
・給与所得=収入ー所得控除(65万)で計算する
・扶養から外れると、10万近い税金を支払う可能性も
・勤労学生控除を使えば、130万まで税金がかからない
・勤労学生控除でも、扶養は103万円〜外れる
・個人経営のバイトは、扶養に厳しくないところが多い
スポンサーリンク
おすすめの記事