パソコンVSタブレット。

この構図は、近年になって非常に大きな争いを生み始めました。

筆者は現在、大学4年生ですが、ブログのお仕事を始めるまではパソコンを使う場面はほとんどありませんでした。

テスト前にワードを使って、レポートを書くぐらいのものですよね。

 

こういった点を踏まえると、ノートPCよりもタブレットのほうが使いやすいのでは?と思ってしまいます。

入学当初なら、「タブレット?いやいやノートPCに決まってるでしょ」なんて考えてしまいしたが、今は違う見解も持ち合わせているのです。

 

今回は、大学生はパソコンorタブレットのどっちを持つべきか?

Twitterなどの意見を参考にしつつ、両者のメリットとデメリットを紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

数年前までの常識は崩壊した

筆者はブログでお仕事をしているので、環境はそれなりです。

 

  • Mac Book Pro
  • i Pad mini
  • iPhone

 

もともと、この環境で仕事をしていましたが、つい先日、「i Pad Pro」を購入。

こちらのタブレットを購入したせいで、こんな感情が出てきてしまったのです。

 

「ひょっとして、大学生はノートパソコンよりタブレットなのでは?」

 

そんな考えを持ってしまうほど、便利です。

いや、「革命」とさえ思っています。

自分の中に革命が起きました。

 

そして、考えれば考えるほど、このタブレットは大学生向きなのではないか?と考えています。

では、ここからはパソコンvsタブレットの両者の利点と欠点を紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

大学生がパソコンを持つ利点と欠点

まずは、パソコンの利点と欠点を紹介していきましょう。

大学生になったらパソコン!という考え方をしている人も多いと思います。

 

大学生がパソコンを持つ利点

パソコンを持つ利点
・ファイル操作、ワード、エクセルが使いやすい
・キーボードの操作が楽
・パソコンに慣れることができる

まず、利点として大きいのは、ファイル管理がし易いだとか、ワードが使いやすいなどの「基本的な機能」が使いやすい点でしょう。

また、レポートを制作する際に、文字を多数打ちます。

その時、キーボードが大きいため、文字を打ちやすいという点が大きな利点なのではないか?と考えられます。

 

そして、将来的に仕事に就く際、「パソコンを使ったことがない」なんてことになれば、仕事に大きな影響を与えます。

ノートパソコンをある程度触っておけば、仕事でもある程度の事はできる。

つまり、将来への投資のために、ノートパソコンを購入するという利点もあるわけですね。

 

大学生がパソコンを持つ欠点

パソコンを持つ欠点
・持ち運びがしづらい
・スペックの無駄
・机に置く時スペースを取る

やはり、ノートパソコンの「携帯性」にはうんざりします。

今はMac Bookなので、電池も長時間持ちますし、軽いために毎日持ち運べています。

しかし、一番最初のWindowsパソコンは持ち運ぶことを考えられないほど重い。

 

しかも、Windows系のパソコンの多くは電源が必要。

結局、家でしか使えないという状況に陥ったのです。

特に、Windows系のパソコンは、学校に持っていって作業するには少々使い勝手が悪いですね。

 

そして、最大の問題は「スペックの無駄」という部分。

ブログの仕事を始めるまでは、パソコンを使う機会はレポートを書く前だけ。

それなのに、「Core i7」という高スペックのパソコンを買ってしまいました。

 

ハッキリ言ってパソコンを買っても、大学生でやることは調べ物か、動画をみるか、レポートを書くときぐらい。

実は、タブレットで全部出来てしまうのです。

最近は、検索の9割がスマートフォンorタブレットから来ます。

パソコンで検索する人など、本当にごく少数ですね。

 

大学生がタブレットを持つ利点と欠点

続いては、大学生がタブレットを持つ利点と欠点を解説していきましょう。

ここで一つ注意ですが、タブレットには「タブレットPC」は含みません。

 

タブレットPCに関して、一番簡単に定義するなら「Surface」を想像してください。

SurfaceはタブレットとPCの「2in1」というタイプの端末です。

この章ではSurfaceを考慮には入れていません。

 

大学生がタブレットを持つ利点

タブレットの利点
・持ち運びやすく、スペースを取らない
・普段使いが可能
・値段が安い
・電子資料が見やすい

とにかく、「携帯性」や「使用までの手間」といった点に関しては、パソコンを遥かに凌駕する利点を持っています。

例えば、学校に持っていくにも重さはありませんし、講義室で使用する際もスペースを取りません。

 

また、パソコンとは違い、普段の生活の中で使用が可能。

調べ物をする際も、動画を見る際も、スマホと同じように使用できます。

 

パソコンと比較して、値段が安い点もGOOD。

新生活はかなりお金を消費しますので、お財布にも優しいですね。

 

そして、大学生にとって、タブレットがおすすめできるのは、講義資料が見やすい点。

多くの大学がレジュメを電子化し始めていて、講義資料が電子化されて配布されるパターンが増えました。

筆者の大学でも、そういった講義が多くなっていて、i Pad Proが無双し始めています。

 

大学生がタブレットを持つ欠点

タブレットの欠点
・USBなどの拡張性
・動作が重くなりやすい
・プログラミングなどはできない

例えば、レポート以外に、たくさんの図を作ったり、プログラミングなどのような「高度なこと」をタブレットには求めてはいけません。

エクセルを使えるとは言っても、パソコンほどスペックがないため、高度な図を作ったりするのには向いていません。

 

そして、問題なのはUSBなどの拡張機能についてです。

タブレットには、USBがついていませんよね。

 

こういった際、端子を拡張するアイテムを購入し、USBポートを付ける必要があります。

これが、最大の手間になる可能性もありますね。

最近はクラウドでファイル管理もできますので、そういった心配が無いなら大丈夫ではありますが。

 

そして、特にWindowsのタブレットを購入しようとしている方に一言。

動作が重くなって、使い物にならない可能性があります。

僕が、すべての製品をAppleにしているのは、動作の軽さが違うからです。

 

前までWindowsを使っていたのですが、パソコン含め動作が激重になりました。

不具合なども多いですし、とにかく「イライラ」するのです。

使い続けると、劣化してきますので4年間使うとなると、スペック面ではパソコンに劣るでしょう。

 

大学生はパソコンorタブレット!?ネット上の意見を引用

ここまでは筆者の考え方を元に、メリットとデメリットを書いていきました。

では、ネット上ではどんな意見が飛び交っているのでしょうか?

 

いくつか引用していきましょう。

 

 

筆者の選び方が偏っているわけでは無いんです。

今回は、「大学生 パソコン タブレット」と検索してみました。

その中から、良さそうな意見を拾ったのですが、「パソコンのほうが便利!」なんて言っている人、1人もいないんですよね。

 

もしや、検索の仕方が悪いのか?と思い、「大学生 パソコン」だけで調べてみたのですが、結果は同じ。

それどころか、今の大学生はパソコンを使わない、使えないなんてツイートがたくさん出てきます。

 

今は、パソコンよりもタブレットで済ませる時代になったのかもしれませんね。

 

 

結局、おすすめはどれなの?

最後に、ここまでの流れを考えて、おすすめのパソコンとタブレットを解説していきます。

みなさんもこちらを参考にして、パソコンとタブレットを選んでいただければと思います。

 

Surfaceシリーズ

Surface

 

まず、大学生に大人気のSurfaceシリーズ。

筆者が通っている大学でもよくみますね。

 

こちら、タブレットでもPCでもない、「タブレットPC」という分野の端末です。

 

パソコンとしての標準的な機能を持ちながら、軽く持ち運びやすい。

そして、タブレットとしての使いやすさもあり、書き込みもできます。

 

筆者はSurfaceシリーズを使ったことが無いのですが、友達に触らせてもらったことがあります。

Windowsパソコンにありがちな「動作が遅くなる現象」も少ないようですし、使いやすいと感じますね。

何よりも、書き込みができる点で、普通のノートパソコンよりもおすすめできるものになります。

 

ノート代わりにもなりますので、紙がいりません。

 

 

i Pad Pro

i Pad Pro

筆者の中に革命を起こした、i Pad Pro。

こちらも、Surfaceに似た端末ですが、Surfaceと比較して「タブレット寄り」になっています。

どういうことか。

ホーム画面がiPhoneと同じなので大学生でも、何のためらいもなく使うことができるわけです。

 

パソコンは初期設定なども面倒ですが、i Pad ProではApple IDを入れるだけで、すべての初期設定が完了します。

Mac Bookもそうなのですが、こういうところでWindowsと差が付くんだろうな、と感動しました。

 

i Pad Proに関しても、スマートキーボードとApple Pencilを購入すれば、Surfaceと同じ使用感で使えます。

Surfaceと比較して良いところは、上の同期の簡単さに加えて、以下のようなものがあります。

 

  • ペンの書き味
  • 動作の早さ

 

i Pad Proの何がすごいかって、ペンの書き味なんですよね。

筆者が買う前にも、「本当に紙に書いてるかのよう!」なんて触れ込みがあって、試しに買ってみたのですが....

本当にノートがいらなくなりました。

 

この書き味だけは、Surfaceを超えていますね。

一度試してほしい書き味です。

 

その反面、スマートキーボードは少し打ちづらい。

筆者の場合、12.9インチを購入したため、まだ「まし」ですが、それより小さいモデルだと、キーボードが打ちづらいでしょう。

この点は、Surfaceの勝利ですね。

 

ただ、Apple製品の劣化しにくさは、Surfaceには再現できないと思います。

4年間使うと考えても、こちらはおすすめですね。

 

 

Mac Book air

MacBookAir

これからノートパソコンを買おうと思っている大学生の方は、間違ってもWindowsのゴミパソコンを買わないでください。

どっちも使った筆者だからわかるのですが、Windowsはやめたほうがいいです。

動作の早さ、使いやすさ、携帯性、どれをとってもMacBookの勝利でした。

 

ただ、Proほどのスペックはいらないでしょう。

ブログの執筆で毎日8時間近くMacBookProを使っていますが、ここまでのスペックはいらないと思っています。

 

MacBookAirは持ち運びやすく、何より軽いです。

筆者はMacBookAirを壊してProに乗り換えたのですが、正直Airの方が使い勝手は良かったですね。

 

 

DynaBook

DynaBook

 

もし、Windows系のパソコンを購入するなら、DynaBookが良いです。

友達が使っているのですが、動作もそこまで遅くなっていないようですし、スペックも良好。

Windows系ノートPCでは最もおすすめでしょう。

 

まとめ

今回は、大学生はパソコンVSタブレットでどっちを選ぶ?という議論を進めていきました。

少し長くなってしまった点は申し訳ありません。

 

ただ、ここまでまとめてみると、やはり「Surface」か「iPadpro」のような「2in1」の端末がおすすめだと感じますね。

特に、大学生の方は「書き込み」ができる端末をおすすめします。

 

では、まとめです。

 

まとめ!
・パソコンとタブレットで両方の利点がある
・パソコンを使う機会はそこまで多くはない
・今の大学生に聞くと、「タブレットの方が良い」
・SurfaceやiPadProのような、スペックの高いタブレットがおすすめ
スポンサーリンク
コメントを残す

大学生の関連記事
  • 【大学生】留年は就職に響く?僕が体験した親との紛争をお話します
  • 【大学生】一人暮らしで扶養が外れる金額とは!越えるとどうなるの?
  • 【大学生】サークルの掛け持ちはあり?入る数のおすすめを解説
  • 【大学生】新歓には行かないと危険?お酒を飲まされる可能性とは
  • 【大学生】部屋の選び方決め方7選!広さよりも「あること」を重視!
  • 【大学生】パソコンVSタブレットではどっちがおすすめ?
おすすめの記事