今季、筆者が一番楽しく見れた作品はこみっくがーるずでした。

4人の女子高生漫画家が、それぞれの目標に向けて頑張る姿。

そんな姿をギャグタッチで描いていた作品こそ、こみっくがーるずです。

 

鬱展開などがなく、スッキリとした気持ちで見ることができますよね。

最初は「面白くないかな?」とも思っていたのですが、回を重ねるごとに全キャラ好きになりました。

全体的に、見ていて幸せな気持ちになれる良いお話が多かった気がします。

 

さて、そんなこみっくがーるずですが、2期制作の可能性はあるのでしょうか?

いくつかの側面から、2期制作の可能性を検証していきます。

 

スポンサードリンク

こみっくがーるずの2期制作の可能性を検証!

では、こみっくがーるずの2期制作の可能性を検証していきます。

今回は、以下の3つの視点から検証を進めていきましょう。

 

2期制作の可能性を考察
①円盤売上
②原作ストック
③アニメ人気

この3つの可能性に加え、他の収益要素なども同時に検証をしていきます。

まずは、円盤の売上から2期の可能性を検証していきましょう!

 

スポンサードリンク

 

円盤売上からこみっくがーるずの2期をみる

まずは、円盤の売上から考察していきましょう。

円盤の売上を検証するのは、製作委員会の財政状況を計るためですね。

 

アニメの制作にはお金がかかります。

そのお金を回収するためには、DVD/BDやグッズを売る必要がありますよね。

こういった収益源の中でも、かなり大きな要素を構成するものこそ、DVD/BDの円盤収益です。

 

制作側から見ると、「稼げるアニメ=評価の高いアニメ」になります。

視聴者側から見ると、円盤の売上が全てでは無いかもしれませんが、制作側からは稼げないと意味が無いのです。

 

では、こみっくがーるずはどれくらい売れたのでしょうか?

 

こみっくがーるずの円盤売上
1巻→1744枚
2巻→2018年7月25日
3巻→2018年8月29日
4巻→2018年9月26日
5巻→2018年10月24日
6巻→2018年11月28日

1巻は1700枚。

なかなか厳しい立ち上がりですね。

 

イベントチケットが封入されていたので、1700枚は及第点を下回っていると考えられます。

こちらは初動の数字なので、累計で2000枚〜2500枚になるとは思いますが、それでも足りないと言えます。

 

きらら枠アニメで2期が放送される円盤の売上では、最低ラインが「NEW GAME」の累計5800枚です。

NEW GAMEに関しては原作も売れ、グッズも大きく売上を伸ばしたため、2期制作のラインに載せた形でしたね。

 

おそらく、1700枚の売上だと、2期の可能性は限りなく0に近いと言えるでしょう。

話題性の大きかったアニメだと、「がっこうぐらし!」などがありました。

こちらは、累計平均2400枚で、こちらも2期が来ていません。

 

きらら枠は毎クール一つずつですので、こみっくがーるずの2期をやるなら、がっこうぐらし!など話題性の大きいものを優先するでしょう。

 

この理由から、こみっくがーるずの2期はなかなか厳しいと結論付けざるを得ません。

 

 

 

原作ストックからこみっくがーるずの2期を見る

では、原作ストックは残されているのでしょうか?

円盤のスコアが良くなかったので、最低でもすぐに2期を作ることができる形にしておきたいですね。

 

こみっくがーるずの原作は、先程からお話の通り、まんがタイムきららのコミックスが原作です。

現在、既刊4巻となっています。

 

アニメでは、大体3巻まで放送されましたね。

ちなみに、3巻までの内容でアニメ未放送回もいくつか残されています。

 

<1巻〜3巻のアニメ未放送話>

  • 1巻→11話
  • 2巻→4話9話10話
  • 3巻→11話

 

4巻まるまると、1巻〜3巻の5話分が残されているということになります。

ただ、これだけでも若干原作は足りないですね。

 

また、時系列的に、1期→2期で使える話も少ないと言えます。

こういった面から見ても、現段階では2期が放送できないでしょう。

円盤は1700枚でしたが、まんがタイムきらら作品は、原作を購入することも2期応援につながります。

 

4巻の評判も良いので、手にとって見てはいかがでしょうか?

 

 

アニメ人気や話題性から2期をみる

最後に、アニメ人気や話題性から2期を見ていきましょう。

こみっくがーるずの話題性に関しては、そこまで大きいものではありませんでした。

 

ただ、アニメ人気に関しては、「コアなファン」が多くなっている印象です。

特に、「カオス先生ロス」が始まっているようで、今後もグッズなどを購入してくれるファンが多そう。

 

こみっくがーるずはローソンともコラボしていて、そういった収益源も見込まれています。

きらら枠なので、話題性がまったくないわけではありません。

 

グッズや原作が大きく売上を伸ばせば、可能性も0ではないかな?と思います。

 

ただ、NEW GAMEのように「今日も一日がんばるぞい」といった話題になる語録があると良かったのですが...

そういったものもないため、今後露出が増える可能性も少ないでしょう。

 

可能性の結論

ここまでの内容で、こみっくがーるずの2期の可能性の考察をまとめていきます。

こみっくがーるずの2期の可能性は、10%程度でしょう。

 

考察内容 評価
円盤売上 ×
原作ストック ×
話題性と人気

 

今季は、とにかく円盤が売れないアニメが多い傾向にあります。

こみっくがーるずは、その中でなら中間に位置していました。

 

ただ、やはり1700枚の売上は、厳しいとしか言いようがありません。

こみっくがーるずの他にも、2期を待つアニメが存在していることから、その辺りを越えることも難しいでしょう。

 

ブレンドS(平均3000枚)、がっこうぐらし!(平均2400枚)の辺りが2期を迎えれば、次に可能性があるのがこみっくがーるずという形になるかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、こみっくがーるずの2期制作の可能性を検証していきました。

残念ながら、こみっくがーるずの2期はまだまだ先になりそうですね。

 

きらら枠は毎回1枠となっていて、2期の枠はかなり少ないといえます。

まずは、「がっこうぐらし!」などを消化する必要があり、最優先はがっこうぐらし!の2期になりそうです。

 

がっこうぐらし!に関しては、未だに伝説の1話が語り継がれていますし、舞台化などもされているため、優先度が高いでしょう。

ただ、原作の売れ行きも、2期への好材料になりますので、その辺りでも応援をしていきたいですね!

 

スポンサーリンク
コメントを残す

アニメの関連記事
  • 【こみっくがーるず】2期制作情報まとめ!可能性はどれくらい?
  • 【ヒナまつり】2期制作の可能性はまさかの0%!円盤時代の終焉か
  • Anitubeの代わりになるサイトとは?危険の無い動画サービスを解説
  • 【きんいろモザイク】3期制作の可能性を検証!放送はいつになる?
  • 【ガヴリールドロップアウト】2期制作の可能性を検証!放送はいつ?
  • 【人類は衰退しました】2期制作の可能性を検証!放送はいつ?
おすすめの記事