ここ数年、CODが「落ち目」として認識され始めています。

一つの時代を作ったCODですが、今ではフォートナイトだったり、PUBG、R6Sなどのゲームのほうが人気になってしまいました。

 

COD実況者も半分以上が「COD特化」をやめ、他のゲームに乗り換えています。

 

しかし、COD:BO4はもう一度CODの時代を取り戻すことができる。

そんな面白さを秘めています!

 

今回は、COD:BO4のプライベートベータテストに参加する方法とやり方を解説していきます。

クレジットカードなしでも参加する方法がありますので、そちらも確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

COD:BO4のベータ版の日程を確認

まずは、日本時間でのCOD:BO4のベータ版の日程を確認していきましょう。

COD:BO4のベータ版は以下の日程で進んでいきます。

 

COD:BO4ベータ版日程
【本編】2018年8月4日午前2:00〜8月7日午前2:00
【バトロワ】2018年9月(日にち未定)

COD:BO4のベータ版は、以上のような日程で開始されます。

過去の傾向からいくと、途中でメンテナンスが入ったりするため、後ろの期間は大幅に伸びる可能性も。

 

また、開始当初はサーバーが混雑するなどの影響から、なかなかベータ版に入れないということもあります。

早く始めたい気持ちは大いにわかりますが、落ち着いて準備するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

COD:BO4のベータ版の参加方法のやり方を解説

では、続いて、例年問題になってくるベータ版の参加方法に進んでいきましょう。

COD:BO4は、もちろんCEROの定める年齢規定で、「18歳以上」と定められています。

つまり、年齢確認が必要になるのです。

 

そこで、2種類の方法から、ベータ版に参加することができます。

COD:BO4ベータに参加するやり方
①クレジットカードでベータ版を購入
②店舗でZ指定ゲームを購入してプロダクトコードをゲット

安上がりなのは、①クレジットカードを使った方法です。

クレジットカードで、COD:BO4のベータ版を100円で購入することが可能。

また、その100円は後々返金されますので、無料でβテストに参加することができますね。

 

②は店舗でZ指定のゲームを購入する方法です。

こちらは、プロダクトコードを入手し、そのプロダクトコードでベータ版をダウンロードできるようになります。

昨年、COD:WW2のときは、不具合でプロダクトコードが認識されないバグがあり、参加が遅れてしまった方もいたようですね。

 

この方法だと、Z指定ゲームを購入する必要があるため、最低でも1000円近いお金を払う必要がありそうです。

 

 

①クレジットカードで購入する際の詳細な参加方法

クレジットカードでベータに参加する手順
①PSストアへ
②BO4ベータのダウンロードページヘ
③100円で購入をクリック
④ダウンロード開始

クレジットカードでの参加のやり方は非常に簡単です。

COD:BO4のダウンロード期間に入ると、PSストアにて「BO4ベータテスト」のダウンロードページが登場します。

 

そこで、クレジットカードを使用し、ダウンロードするだけで完了。

上の画像はWW2のときのものですが、COD:BO4も同じようにダウンロードページから参加が可能になりそうです。

 

クレジットカードは、PS PLUSの自動更新だったり、βテストの参加などに有利です。

18歳以上の方で、まだクレジットカードを持っていない方は、楽天カードなどの使い勝手が良いクレカを持っておくと良いでしょう。

 

 クレジットカードを持っていない場合は?

クレジットカードを持っていない場合は、「②プロダクトコードを入手」からベータに参加すると良いでしょう。その他の方法では、Vプリカを使用する方法も有名ですね。Vプリカを使う方法についても、後述してあります。

 

②プロダクトコードを入手する際の詳細なやり方解説

プロダクトコードでのベータ参加方法
①ゲオorツタヤでプロダクトコードを入手
②PSストアへ
③コード番号を入力へ
④プロダクトコードに入っているコードを入力
⑤ダウンロードへ

プロダクトコードを入手した場合、「コード番号を入力」から行っていきます。

メニューの一番下の欄にあるので、そこをクリックして、コードを入力していきましょう。

 

以前は、プロダクトコードでベータに参加する方法が無かったため、クレジットカードが無いと参加できませんでした。

昨年辺りから、この方法が採用され始めましたね。

Z指定ゲームを購入しなければならないため、ここで年齢確認をする形となっています。

 

【別枠】Vプリカで参加する方法

プロダクトコードができたため、Vプリカを使用する人も少なくなったと思います。

ただ、Z指定ゲームを購入するよりも安上がりで参加できるため、こちらの方法も試してみると良いでしょう。

 

この方法は18歳以上だけど、クレジットカードを持っていない方への対処法です。

クレジットカードの発行は時間がかかりますからね。

そこで、Vプリカを利用するわけです。

 

Vプリカの発行は、以下のページから行うことができます。

http://vpc.lifecard.co.jp/

 

他のゲームを買うのが面倒!という方や、お金が無い!という方は、VプリカでCOD:BO4に参加すると良いでしょう。

 

その他、メルカリなどでは、プロダクトコードを売っている人もいました。

若干値段は張りますが、Z指定ゲームを購入するよりも安上がりに参加できますね。

 

COD:BO4のβテストの公開内容!

最後に、BO4のβテストでは何ができるのか?について解説をしていきます。

まず、遊べるモードから紹介していきます。

 

・チームデスマッチ
・サーチアンドデストロイ
・ドミネーション
・コントロール(新ルール)
・ハードポイント

人気のモードを既に網羅しています。

おそらく、最初の2日間は「チームデスマッチ&ドミネーション&コントロール」、後の二日間は「チームデスマッチ&サーチ、ハードポイント」というように、分けて出してくるでしょう。

 

ただ、CODのすべてと言っても良いルールが遊べるため、楽しみですね!

 

次にマップの紹介をしていきます。

公開マップ
・Payload
・Frequency
・Seaside
・Contraband
・Hacienda
・Gridlock

なんと、ベータの段階で6つものマップが遊べます。

従来だと、3〜4マップが基本でしたので、ベータに力が入っているという印象を受けますね。

 

いくつかのマップを紹介しておきましょう!

 

○Contraband

有名実況者、ハイグレ玉夫さんの先行プレイ動画で、CONTRABANDのマップが公開されていましたね。

南国風のマップで、ドミネーションはリスポーンがコロコロと反転するため、B防衛メインではなさそう。

 

広めのマップとなっていて、いろいろな武器が試せそうな気がします。

ハイグレさんの動画は久しぶりに見たのですが、登録者数がかなり伸びていますね(笑)

 

○Seaside


こちらは、Opticに所属するsprattさんの動画から。

見ていて気づいたのですが、とにかく画質が綺麗。

まさに神ゲーの予感です。

 

この他、多彩な武器が登場する予定のBO4。

過去武器に似たものもたくさん登場していたため、楽しみ過ぎますね!

 

まとめ

今回は、COD:BO4のプライベートベータの参加方法ややり方を解説していきました。

夏休み真っ只中のプライベートベータになるため、連日夜更かしをして楽しみましょう。

 

ベータ版は、最初に不具合などで参加が遅れる可能性があります。

ただ、そういった場合も落ち着いて対処をするようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事