夏休みや年末年始などは、とにかく「セール」が熱い!

バーゲンセールのときは、服を購入する方が非常に多くなりますよね。

他にも、休日などは服を買う機会も多くなるでしょう。

 

書くことが思いつかなかったので、適当な冒頭になってしまいましたが...

服を購入する時、アウトレットモールで購入することがあると思います。

そこでは、「海外ブランド」の服を購入できますが、サイズ表記が違います。

 

サイズ36、サイズ38、サイズ40など、どれくらいの大きさなのか?がわからなくなってしまいます。

今回は、「サイズ38」をメインとして、それぞれのサイズを解説していきましょう。

 

スポンサードリンク

サイズ38はSMLのどれに当たる?メンズ服はアメリカとフランスでサイズが違う

特に、アメリカ&ヨーロッパブランドで多い「数字」でのサイズ表記。

様々な数字で表記されていますが、サイズ38というと、気をつけなければならない部分があるのです。

 

例を挙げると、アメリカブランドとフランスブランドの間で、数字がかぶっています。

 

わかりにくいと思いますので、まずはサイズ38の表記に関して、下記の表を御覧ください。

 

アメリカ&イギリスのサイズ表記

国際規格のサイズ表記 USとUKのサイズ表記
XS サイズ34
S サイズ36
M サイズ38
L サイズ40

アメリカとイギリスブランドのサイズ表記で行くと、サイズ38は「Mサイズ」に当たります。

これは、メンズの大きさなので、レディース服はまた違う数字を使用しますよ。

 

基本的に、アメリカとヨーロッパのブランドは、数字2個飛ばしで、サイズ表記が変わっていきます。

 

では、他の国ではどうでしょうか?

実は、フランスブランドでは、サイズ38の大きさが変わってしまうのです。

 

フランスブランドのサイズ38表記

国際規格のサイズ表記 フランスのサイズ表記
XS サイズ38
S サイズ40
M サイズ42
L サイズ44

 

フランスブランドの場合、サイズ38は「XSサイズ」に当たります。

アウトレットモールに行ってサイズ38表記を見つけた場合、その店舗がどこのブランドなのか?を確認してください。

 

基本的に、店内には「サイズ表記」を記した張り紙などがありますので、探してみましょう。

ただ、日本に入っているフランスブランド服は非常に少ない傾向にあります。

 

基本的には、「サイズ38=Mサイズ」と認識しておいて、まず間違いがありません。

 

【アウトレットモールでよく見る店舗】
○アメリカ&イギリス発祥のブランド
→GAP、Ralph Lauren、Calvin Klein、TOMMY HILFIGER、BURBERRY etc....
○フランス発祥のブランド
→LACOSTE、MONCLER、a.p.c

また、日本のブランドでも、あえてアメリカの数字によるサイズ表記をしているところもあります。

LACOSTEなど有名ブランドは、「S」「M」「L」のサイズ表記になっていることが多い傾向にあるでしょう。

 

【参考】ドイツ&イタリアのサイズ表記

国際規格のサイズ表記 サイズ表記
XS サイズ44
S サイズ46
M サイズ48
L サイズ50

 

参考までに、ドイツとイタリアのファッションブランドのサイズ表記も見ておきましょう。

ドイツとイタリアは同じサイズ表記を使います。

 

Mサイズはサイズ48に当たりますので、大きめの数字が来たら、ドイツorイタリアのサイズ表記だと考えておきましょう。

 

【アウトレットモールでよく見る店舗】
○ドイツ発祥のブランド
→adidas、BOSS
○イタリア発祥のブランド
→GUCCI、DIESEL、PRADA、ARMANI

イタリアは「ファッションの街」と言われるほど、有名なブランドが多い傾向にあります。

日本では、アメリカブランドとイタリアブランドが非常に多いですね。

 

【参考】日本のサイズ表記とサイズ38表記の関連

国際規格 日本 USとUK
XS 1号 サイズ34
S 2号 サイズ36
M 3号 サイズ38
L 4号 サイズ40

 

最後は、日本のサイズ表記について。

日本では古くから「○号」という数字が使用されてきました。

 

ただ、今では「○号」という表記はほとんど使用されておらず、「SML」の国際規格が最も使用される形が取られていますね。

 

実際、僕もサイズ表記を調べる前までは、「SML」のサイズ表記が、日本独自のサイズ表記だと思っていました。

しかし、「SML」は世界中で使われている規格であり、日本でも古くは数字表記だったわけですね。

 

レディース服のサイズ表記を確認してみよう

最後に、レディース服はどうなのか?に触れて、このページを締めくくっていきます。

以下の表を御覧ください。

 

レディース服のサイズ表記

国際規格 日本 US UK
XS 5号 サイズ4 サイズ8
S 7号 サイズ6 サイズ10
M 9号 サイズ8 サイズ12
L 11号 サイズ10 サイズ14

レディース服の場合は、USとUKでサイズの数値が変わってきます。

このあたりも注意が必要でしょう。

 

日本では、レディース服のサイズ表記は、2個飛ばしになります。

メンズ服は1〜4だったので、間違えやすいかもしれません。

ただ、今ではほとんどが「S〜L」のサイズ表記を用いるので、気にする必要はないでしょう。

 

まとめ

今回は、メンズ服のサイズ「38」は、S・M・Lのうちどれに当たるのか?についてまとめていきました。

基本的に、アメリカやイギリスのサイズ38は、サイズMに相当しています。

国ごとに数字は変わりますが、アウトレットモールなどで見かけた際は、参考にしてみましょう。

 

サイズ感は、数字の表記を見て決めていくと思います。

ただ、結局の所、一度服を試着してみることは絶対に必要でしょう。

 

そのブランドによって、服のサイズは大きく変わってきます。

素材によっても、きつかったり、大きすぎたりと感覚が違うため、試着はしっかりとしておきましょう。

 

・アメリカ・イギリスのサイズ38はMサイズ
・フランスでは、サイズ38はXSサイズ
・つまり、店内の表記などをきちんと確認しておく必要がある
・実際に試着をしてみる必要がある
・サイズ感がわからなかったら、迷わず店員に聞いてみる。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

ファッションの関連記事
  • 【服のサイズ】LL・XL・2L・3Lの大きさの違いは?身長など目安を解説
  • 夏の服はどんな素材が良い?涼しい生地・汗を吸う生地の種類とは
  • 【服】サイズ「38」の大きさはS/M/Lのうちどれ?一覧表で確認してみよう
  • 季節ごとに見る服の素材一覧!春夏秋冬でおすすめの選び方
おすすめの記事