o0550036520121130

異国情緒あふれる港町横浜でのクリスマスマーケットの季節が2016年もやってきます。

ドイツと姉妹都市を結ぶ横浜のクリスマスマーケットはドイツ本場のクリスマスを実感できます。

もみの木がアーチのように並び、その間をヒュッテ(木の屋台)が。

 

中心には10m以上の大きなもみの木が!

幻想的なツリーがクリスマスを引き立てますよ。

 

会場全体で約1万1000個飾られていて幻想的でロマンチック!

一気にクリスマスムードが漂います。

 

さて、今回は2016年の横浜のクリスマスマーケットに関して、イベント情報や期間などの基本情報から雨天時の対策、混雑情報をまとめましょう。

スポンサードリンク

横浜クリスマスマーケットの期間やイベントなど基本情報

w621_weihnachtsmarkt-frankfurt-a_1

まずは、開催期間や営業時間を見ていきましょう

 

開催期間と時間
2016年11月26日(土)~12月25日(水)(予想)
時間:午前11:00~午後10:00
場所:赤レンガ倉庫1号館と2号館の間の屋外広場

 

2010年から恒例となっている、横浜のクリスマスマーケット。

2016年で7回目となり、非常に人気のスポットとなっています。

 

赤レンガ倉庫の雰囲気も相まって、海外の雰囲気がすごいです。

続いて、アクセスの部分です。

 

アクセス

◯電車で行く場合
・JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩15分、「みなとみらい駅」から徒歩12分
・みなとみらい線「馬車道駅」、「日本大通り駅」から徒歩6分
バス
・観光スポット周遊バス「あかいくつ」桜木町駅から「赤レンガ倉庫」下車13分
運賃大人100円 小人50円
・市営バス横浜駅直行便270系統 横浜駅から「赤レンガ倉庫」下車約13分
運賃大人220円 小人110円  (土日祝のみ)

 

◯車で行く場合
・首都高速横羽線みなとみらいIC、横浜公園ICより5分

 

駐車場に関してですが、赤レンガ倉庫1号館、2号館の裏に2つあります。(179台)

1時間500円、30分ごとに250円。

赤レンガ倉庫で3000円以上の買い物をすると、1時間の無料サービス券がもらえます。

 

レストランや買い物の際は忘れずに持っていきましょう。

また、近くの商業施設での駐車も可能です。

 

以下、周辺地図になります。

akarengasouko-syuuhen

おそらく、たくさん商業施設があるので、駐車場はそこに停めればいいと思いますが、オススメは電車です。

 

あの辺りは、電車のほうが融通が利きますよ!

 

続いて、見どころを見て行きましょう。

 

スポンサードリンク

おしゃれHANABI

%e8%8a%b1%e7%81%ab

クリスマスにぴったり合ったBGMに合わせて花火が冬の夜空を彩ります。

ところどころで輝く銀テープが打ち上げられると、非常に盛り上がりますよ!

 

銀テープには「おしゃれHANABI赤レンガ倉庫(開催日)」と書かれています!

ここで買ったお土産と一緒に飾っておいたり、カップルの思い出に大切に持って帰る人もいるようです。
おしゃれの花火の日時に関してですが、2015年は12月11日、18日の金曜日の2日間限定で行われていました。

今年度は、正式な情報が出次第お伝えいたします。

 

プライベートバルコニー

akarenga_futarijime2014

みなとみらいの夜景を眺めながらクリスマス気分を味わえる!

たった一つだけ「ふたりじめベンチ」がクリスマス限定で登場。

 

思い出づくりやフォトスポットにとカップルたちに人気を集めました。

場所は2号館2階バルコニーとなっています。

 

 

サンタクロースのグリーディング

market-img

7日間サンタクロースがクリスマスマーケットにやってくる!

館内を散歩しているサンタクロースに出会えるとプレゼントがもらえます(数に限りあり)また写真も一緒に撮って貰えるのもうれしいですね。

 

お子さんと一緒に行っても非常に楽しめるため、このイベントも非常に人気!

 

テディベアと初コラボ!

img_3874_r

こちらは去年の様子となります。

 

2015年、ドイツを代表する老舗ぬいぐるみブランド「フェタイフ社」のテディベアが初登場です。

本場ドイツのクリスマスマーケットで展示されている貴重なテディベア。

こちらを館内で見ることができたり、ドイツの伝統ジオラマクリッペの展示があったりとテディベアワールドを堪能することができたようです。

また、それぞれの願いを来場者が書いてクリスマスツリーを作り上げる「ベアウイッシュツリー」も。

家族連れやカップルたちにも人気だったようです。

テディベアとのフォトサービスもうれしい!

 

2016年もきっと コラボがあるはず。楽しみですね!

 

ヒュッテ

グリューワインと呼ばれるホットワイン、スープ、大人気のアクセサリー、かわいいマグカップ、ドイツの雑貨….

このような目が離せない人気のお店が並んでいます。

では、代表的なものをいくつかみていきましょう。

 

グリューワイン

glhwine

クリスマスマーケットには欠かせない飲み物。

赤ワインに砂糖、シナモンなどの香辛料、オレンジビールを加えて火にかけたあったかワイン。

心も体も温まりそうですね!

グリューワインが飲みたくて車を控える人もいるほどの人気です。

◯値段

紙コップ・・600円 マグカップ付き・・・1500円

 

マグカップがとてもかわいいのでセットがおすすめです。

 

シュトレイン

recipe_ring

クリスマスには欠かせないケーキ!

ホットワインにもぴったり合います。

 

ドイツのラザニア「マウルタッシェン」やドイツの伝統菓子、焼きたての「自家製バウムクーヘン」も大人気のようです。

 

クリスマスオーナメントやドイツエルツ地方の伝統工芸「エルツ人形」など雑貨もたくさん。
アクセサリーもかわいくて人気のようですね。

 

クリスマスマーケット2016の混雑状況

年々、人気上昇中のクリスマスマーケット

横浜のクリスマスマーケットはどれくらい混み合うのでしょうか?

 

まず、平日はそこまで混みません。

夜に少し賑わう程度でしょうか?

 

では、混雑する日はどこか?といいますと….

 

まず、花火が開催される2日間は大混雑が予想されます。

こちらは、毎年の恒例行事みたいなものですから、確実ですね。

 

また、土、日、祝とクリスマスイブの週は混むようです。

 

 

混雑時には、周辺もまったく車が動かなくなるほどの混雑ぶりのようです。電車やバスを利用するのが良さそうですね。

 

会場内からの声では..

 

「花火開始10分前には身動きが取れない状態の混雑ぶり。歩くだけでもう精一杯。30分前にはもう混雑し始めました」

 

お店には多い所で30人位並んでいる」という口コミも寄せられています。

移動する人、お店に並ぶ人で混雑するようです。

遅くとも30分以上前には場所をしっかり確保しておいた方が良さそう。

 

雨天の場合は?

yokohama_07

荒天の場合は休業もあるようですが、基本的には雨天決行

 

テントもたくさん並んでいるので、そこで買ったものを食べたりすることができます。

赤レンガ倉庫の2号館の2、3階はレストラン、フードコートがあるので突然の雨や防寒対策に避難できそうです。

雨の日は、比較的すいていてゆっくり見て回ることができるようですよ。

地面の水たまりに写りこんだ光が幻想的でロマンチック!という声もあります。

 

雨の日のイルミネーションを楽しんじゃいましょう。