年に一度の文化祭!

文化祭といえば、思い出に残る学校行事の一つだと思いますが、どうでしょうか?

 

文化祭は、目一杯おしゃれをしても良いイベントだと思います。

なぜなら、「お祭り」だからです。

特別な日には、しっかりとおしゃれをしていきたいものですよね。

 

さて、文化祭のときにおしゃれをするなら、まずは髪型からアレンジしていきましょう。

服装はクラスTシャツなどを着ると思いますので、一番変化をつけられる部分が、髪型になってくると思います。

 

今回は、ショートヘア〜ボブヘアの髪型アレンジに関して、簡単で可愛くできるものいくつか紹介してきますよ!

では、はじめていきましょう!

 

スポンサードリンク

文化祭の髪型アレンジ!ショート〜ボブのアレンジ例7選

では、さっそく文化祭の髪型アレンジを紹介していきます。

今回は、ショートヘア〜ボブヘアということで、簡単なものから少し難易度が高めのものまで7個紹介していきますよ!

 

文化祭の髪型で重要なのは、「崩れにくさ」ですよね。

当日、忙しく働くという方は、なるべく崩れにくい髪型を選ぶようにしていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

①外ハネショートボブ(難易度:★★)

 

外ハネショートボブが、最近のトレンドとなっています。

動画の「こばしり」さんの場合、毛先を外ハネさせて、要所要所で内巻きを使い、ふわっと感を出していますね。

 

外ハネショートボブのアレンジ例は、たくさんの方が動画を出していて、みなさんの髪質や長さにあったものが必ずあります。

動画を参考にしつつ、外ハネショートボブを完成させてみてはいかがでしょうか?

 

普段の学校生活では、内巻きにしているか、ストレートのままにしているという方におすすめ。

いつもとは違う雰囲気を演出できますね。

 

②内巻きショートボブ(難易度:★★)

ショートボブの王道、内巻きアレンジです。

基本中の基本で、簡単で可愛く出来上がるボブヘアアレンジでしょう。

ショートボブの方も挑戦でき、おしゃれな雰囲気を出すことができます。

 

動画の方も実践している通り、「ブロッキング」をしながら内巻きを作っていくとうまくいきます。

もし、文化祭当日に初めて内巻きをする!という方は、ブロッキングをしてから、巻くようにしましょう。

 

一番良いのは、前々から練習しておくことですね。

覚えてしまえば簡単ですが、最初は難しい基本巻きです。

 

③ミックス巻き(難易度:★★★)


ショートボブヘアの方におすすめなのが、ミックス巻きでしょう。

内巻きと外巻きを混ぜて、ふわっとした雰囲気を出していきます。

ちょうど、最初の「こばしり」さんも、ミックス巻きに近い外ハネショートボブを作っていましたね。

 

ミックス巻きは、内巻きと外ハネを合わせるのですが、若干難易度が上がります。

芸能人のモデルさんなどがよくやっていますが、練習して実践してみましょう。

 

こちらも、しっかりとブロッキングをして巻くと、可愛く出来上がりますね。

 

④編み込みショート(難易度:★)


ショートヘアの方におすすめの編み込みヘアです。

かなり簡単にできるヘアアレンジなのですが、おしゃれで可愛く作ることが可能となります。

 

文化祭といえば、とにかく「編み込み」をする女の子が多い印象です。

普段は、面倒で編み込みなどに挑戦しない方も、ぜひ文化祭に向けてチャレンジしてみましょう。

 

動画の髪型は「疑似編み込み」という形で、とても簡単にできます。

普段の印象を変える上でも、おしゃれに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

⑤編み込みツインテール(難易度:★★★)

少し時間はかかりますが、編み込みツインテールもおしゃれで可愛くできますね。

編み込みの基本動作ができれば、編み込みツインテールを作ることができるでしょう。

 

ツインテールは絶対やらない!という方でも、文化祭なら話は別。

普段はやらない髪型に挑戦して、変化をつけてみたいところですね。

 

また、純粋なツインテールとは違って、編み込んでいるため、幼い印象にはなりにくいでしょう。

編み込みは「清楚感」も出せるため、おしゃれで可愛く出来上がります。

 

⑥短めポニーテール(難易度:★★★)

ショートの方だと、少し長さが足りないかもしれませんが、ボブヘアの方は大体できるポニーテールです。

動画でも紹介されている通り、短めでもできるポニーテールなので、ぜひ挑戦してみましょう。

 

内巻きを加えることによって、大人っぽい印象を出せるポニーテール。

この髪型は、男子にかなり人気なので、文化祭にはおすすめの髪型になります。

清楚な印象を与えるため、青春の思い出にはぴったりでしょう!

 

動画ではリボンを使って、ヘアゴムを隠す技も紹介されています。

文化祭では、リボンやシュシュなどで可愛くアレンジする方も多いです。

リボンでアレンジしてみても良いですね!

 

⑦デコ出し前髪アレンジ(難易度:★★★★)

最後は、前髪のアレンジ例です。

ボブの方、ショートの方は一発で印象を変えることができるアレンジなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

巻き髪で全体のバランスを調節することで、大人な印象を出すことができますね。

こちらも、ブロッキングをすると、しっかりと巻くことができます。

 

バランス調節など、若干難しい部分があり、文化祭前に一度練習しておくと良いかもしれません。

行程、難易度は今回の中でも高めの部類ですね。

 

文化祭で使えるヘアアレンジアイテム!

最後に、文化祭で使えるヘアアレンジアイテムをいくつかまとめていこうと思います。

もし、持っていないアイテムがあれば、購入しておくと良いかもしれません。

 

【文化祭で使えるヘアアレンジアイテム】
○ヘアスプレー
○コテ
○シュシュ&リボン

文化祭では、忙しく走り回ることがあります。

そこで、髪型が崩れないように、ヘアスプレーなどでスタイリングを維持していきましょう。

もし、忙しく走り回るようなことが無くとも、ヘアスプレーは必須級ですね。

 

続いて、今回のスタイリングでは、ほとんどのもので使っていた「コテ」です。

内巻きや外巻きのほか、変化を加えることができるため、必須級でしょう。

 

他にも、シュシュやリボンをつけることで、スタイリングを華やかに見せることができます。

リボンなどは文化祭、体育祭などでしかつける機会がないと思いますので、貴重な学生時代の思い出として、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回は、文化祭の髪型アレンジとして、ショートヘアアレンジを7つ紹介していきました。

ショートヘアアレンジ自体はあまり多くないのですが、前髪などをアレンジすれば、一気に変化を加えることができますね!

 

人によって、似合うアレンジは違ってくると思いますので、いろいろとチャンレンジしてみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク
コメントを残す

文化祭の関連記事
  • 【文化祭】既成品の食べ物でできる!簡単&楽々な出店BEST10
  • 【文化祭】髪型アレンジを動画で解説!簡単可愛いショートヘア7選
  • 【文化祭】髪型アレンジを動画で解説!簡単可愛いロングヘア10選
おすすめの記事