【新入社員編】忘年会の挨拶やマナーは?出し物の鉄板ネタも!

秋が終わり、冬も深まってきた時にくるものといえば?

そう、忘年会です。

忘年会は、1年の苦労を忘れるために年末に行われる宴会のことですよね。

新入社員にとって初めての経験となる忘年会。

新入社員は忘年会で挨拶や出し物などをしなければならないことが多く、毎年何をするか?挨拶はどうしたら良い?などの悩みは尽きないものです。

さて、今回はそんな新入社員の方のために、忘年会の挨拶のポイントやマナー、鉄板の出し物について書いていきます。

どんな挨拶が評判いいのか?

どんなマナーに気をつければいいのか?

どんな出し物がウケるのか?

そんな疑問に答えていきます!少しでも参考にしていただければ嬉しいです!

忘年会の挨拶で意識すること!どんなマナーがあるの?

cc-library010009232

忘年会における新入社員の挨拶で意識することは何でしょうか?

また、新入社員の忘年会におけるマナーはなんでしょうか?

ここで確認していきましょう!

スポンサーリンク

新入社員の挨拶で意識するのは?

挨拶で意識することを「基礎編」「つかみ編」「中身編」「締め編」でポイントごとにまとめていきましょう。

最後に、文例を用意しましたので、そちらも参考までに。

基礎編

これはどんな挨拶にも精通することですが、忘年会の挨拶の基礎を書いていきます。

まずは姿勢です。

これを意識しないと、どんな素晴らしい挨拶も台無しです。

どんな姿勢で話せばいいのか?

とにかく背筋は伸ばすことです。

前かがみで話したり、体が曲がっていたり、足元がふらふらして体が揺れていることは非常にだらしなく見えます。

また、新入社員全員前に出て挨拶というシチュエーションの場合、他の新入社員が喋っている間絶対に姿勢を正していましょう。

本当に目立ちます。

自分の時だけビシっとしていてもむしろ低評価につながりますよ!

手を前に組んで、頭を天井から糸で引っ張られているような感覚を意識しましょう。

次に、声量ですね。

はっきりと、しっかりと聞こえる声で話しましょう。

それだけでビシっとして見えます。

何を言っているか聞こえないような挨拶では、場も盛り上がりませんし迷惑になります。

恥ずかしくても、その一瞬だけでもハキハキしましょう!

普段静かな方はこれだけでも高評価につながりますよ!

そして基礎編の最後に、話は完結にまとめましょう!

目安は2分〜3分です。

5分だと長いですし、あくまで酒の席なので、あまり長々と話されても飽きてしまいます。

挨拶前に原稿を作っても忘れてしまう可能性があるので、話したいことをピックアップしてなるべく完結になるようにまとめましょう!

さて、次にどんな流れで話すのか?について書いていきましょう。

つかみ編

つかみで話すことは、

・自己紹介

・忘年会について

・少しばかりのユーモア

これくらいでしょう。

自分の名前、出身、配属先、家族構成など簡単に話しましょう。

出身の時に、その土地について少し説明するのもいいでしょう。

例えば「牛タンで有名な宮城県出身です!」

「(有名人)が出身の〜県です!」みたいに、誰でも知っている有名人を出したりなどです。

また、すこしユーモアを加えるならば、「出身は、なんくるないさ〜の沖縄です!」など方言を加えるのもいいと思います。

わからない方言なら、その後に少し意味を加えたりなどすれば、興味を引けますね!

家族構成の紹介は、「私は2つ上の兄と1つ下の妹と愛犬の白がいます」だけでもいいのですが、家族の1人にピックアップして、

「私の母の趣味は、ダイエット商品を買い込むことです」など身近な話題を入れてみてもいいと思います。

このように、ユーモアを加えるのはどこでもいいのです。

興味を引くためにユーモアを加えるのですからね!

もし、出身や家族構成でユーモアを加えないのなら、自分の最近の流行りや失敗談などを加えてもいいです。

「先日初めてカレーを作ったのですが、とてもまずかったです。おいしいカレーを作ってくれる彼女募集中です!」などなんでもいいのです!

とにかく自分に興味を向けることが重要です。

中身編

中身は、つかみのようなユーモアは不要です。

少しまじめに語りましょう。

自分のことばかり話しても面白くないので、ここでは感謝の意を伝えることをしましょう。

「この会社に入社出来たことを、とても幸せに感じています。」

などです。

もっとオススメなのは、お世話になった先輩の名前を出してあの時助けていただきました、アドバイスを頂きましたなど、こういう場だからこそ面倒を見てくれた先輩に感謝の意を伝えると良いですよ!

それと、仕事への意気込みをいれましょう(締めでもいいです)

これは、あまりギラギラとしたものを言ってしまうと生意気だと言われてしまうので、あまり多くを語らずサラッと終わらせましょう。

次に、締めの言葉です。

締め編

締めには

・今後への意気込み(中身でも良い)

・今後ともよろしくお願いします!

・忘年会のこと

などの3つくらいでしょう。

今後ともよろしくお願いしますの部分は、「これから迷惑をかけると思いますが…..」「まだまだ教えていただくことも、至らない点も多々ありますが….」の後につなげる言葉ですね!

それと、忘年会へのフォローも忘れてはなりません。

「今日の忘年会で、親睦を深めていきましょう!」という内容を盛り込んで締めるといいと思います。

このように、挨拶には少しのユーモアと感謝の言葉で作るといいと思います。

この内容をもとに文例を作ってみましたので、参考にしてください!

・文例

◯◯部配属の〜です。

出身は、日本最後の秘境で、未開拓の土地の群馬県です。

自分は、よくマイペースで仕事も遅いとお叱りをうけますが、これは群馬県が未だに鎖国をしているのが原因かもしれません。

さて、今日は新入社員の挨拶の場を設けていただきありがとうございます。

社会人1年目を◯◯会社で迎えられたことを嬉しく思います。

一日でも早く社に馴染めるように頑張っていきたいです。

入社当時は、わからないことも多く先輩方には大変迷惑をかけました。

特に〜先輩には多くのアドバイスを頂きまして、その言葉が今の自分を作っています。

まだまだ、わからないことが多く、実力もない自分ですので、今後もお世話になることが多くあると思いますが、先輩方のご指導よろしくお願いします。

本日は、みなさんと少しでも親睦を深められるよう、楽しい忘年会にしていきましょう!

偉そうなことを言っておきながら、やはり難しいですね(笑)

しかし、重要なのはオリジナリティです。心を込めて挨拶をしていきましょう。

マナーで気をつけることは?

忘年会のマナーで気をつけることはなんでしょうか?

最初に言っておくと、忘年会でのマナーはいつもの酒の席のマナーと変わらないのです。

それと、忘年会でよく言われる「無礼講」について話していこうと思います。

忘年会のマナーは普段の酒の席と同じ!

忘年会のマナーと言っても普段の酒の席と変わらないのです。

・絶対に遅刻しない(10分前につくのがベスト)

・下座(入り口に近い席)に座る

・乾杯の時は目上の相手よりグラスを下に持ってくる

・先輩が食べるのを待つ

・コップの中身がなくなったら、つぎましょうかと気配り

などなど、今までやってきたマナーを守ればいいだけなんですね!

お酒が飲めない場合は、柔らかく断るなども重要です。

忘年会だからといって気を張る必要はありませんよ!

しかし、次も事は注意する必要があります。

そう、無礼講です。

無礼講なんてない?

「忘年会は無礼講でいこうよ」

こんな話を聞いたことがあると思いますが、これはやらないのがベストです。

無礼講などといったものが存在するのは、ほんの一部の会社のみ。

大抵の場合は無礼講というものは存在しません。

「無礼講だと思って、社長をガチギレさせた」

「無礼講でいろいろとやらかしたら、デスクがない」

など、本当かどうかわかりませんが、とにかく無礼講の意味を履き違えないようにしましょう!

大惨事になりますよ(笑)

忘年会の鉄板ネタ!出し物に悩まないで!

忘年会の鉄板ネタにはどんなものがあるでしょうか?

また、新入社員で、まだ自分があまり知られていない存在ならば、少し体をはってみるのもいいかもしれません(笑)

・忘年会の鉄板ネタと言えば?

忘年会で喜ばれる鉄板ネタを紹介しましょう。

社内クイズ大会

社内で、あまり知られていないような社員の特徴や秘密なんてものをクイズの題材にして行きましょう!

企画自体に親近感があるので非常に人気ですね!

興味あるネタをしっかりとリサーチしていきましょう!

マジック

こちらもやはり人気です!

最近では、簡単にできるマジックからレベルの高いマジックまで、雑貨屋で売っているものも多いですが、シンプルなものなどマジックのサイトなどを参考にしてみるといいですね!

http://magic.brainsc.com/

上のようなサイトを参考にするといいですね!

ダンス

これももう鉄板です!

2015年に流行ったものを参考にするといいですね!

鉄板ダンスと言ったらEXILEや三代目J Soul Brothersなどでしょう!

ランニングマンは相当流行りましたね!

また、リズムネタもいいですね!

もう流行り遅れかも知れませんが、「ラッスンゴレライ」は完全にコピーすれば絶対にウケます!

出し物で、ダンスやネタ系をやるときに重要なのは、自分を捨てることですね(笑)

この時間だけはすべてを忘れて、全力でやりましょう!

その熱意が一番大事なんですね!

その他、オリジナルムービーを撮るなどいろいろとありますね!

こちらのサイトに100個ほど鉄板余興ネタが入っていますので参考にしてみてください!

https://www.studiorag.com/blog/fushimiten/2014/03/28/5221

新入社員が絶大なインパクトを与えるネタ

もう自分を捨ててもいいという方に、今流行のあの人のネタを全力でやることを勧めます(笑)

テレビで見ていると、どこが面白いのか?と思う方もいると思いますが、身近な人がやっていると絶対にウケます(笑)

しかし、「全力でやること」です!

どんなネタもそうですが、とにかく出し物の時間だけは自分を忘れましょう(笑)

まとめ

とにかくいろいろと考えてみましょう!

心を込めて考えれば絶対に受け入れられると思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です