お盆と新盆の違いとは?お供えや飾り方にも注意する点はあるのか

今年のお盆は、何をする予定でしょうか?

毎年、お墓参りに行く!という方が多いですよね。

お墓参りは、年にこの時期しかいかないという方が多いと思います。

しっかりとご先祖様の供養をしていきたいですね。

さて、今回はそんなお盆に関して、「新盆と普通のお盆の大きな相違点」という部分をメインとして考えていこうと思います。

親しい方が亡くなってから、最初のお盆。

新盆は何か違うことをしなければならないのか?という疑問について、お答えしていきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

【意味】お盆と新盆は何が違う?

まずは、意味の部分として、お盆と新盆の定義の違いを解説していきます。

では、ポイントから入っていきましょう。


POINT

新盆の意味と勘違いしやすいところ

意味:親しい人がなくなって、最初の盆のこと

勘違いポイント:新盆は四十九日が過ぎた後の最初の盆のこと


実質、新盆もお盆なのですが、新盆には「親しい人が亡くなって、はじめての盆」という意味があります。(初盆とも呼びます)

名前から想像したとおりのものですよね。

では、続いて、少し勘違いしやすい部分に触れていきます。

それが、日程的な意味合いです。

新盆・初盆は「四十九日が過ぎた後の最初の盆」に行われるもの。

つまり、四十九日以内に盆が来た場合、それは新盆ではありません。

その次の年の盆が、新盆・初盆となるわけです。

この点が、大きな勘違いのもとになってしまいますので、注意が必要です。

では、日程的な部分に触れたところで、お盆自体の日程に関して、触れていきたいと思います。


POINT

お盆の日程

  • 8月13日〜8月16日(一般的)
  • 7月13日〜7月16日(東京や一部の地域)

お盆の日程としては、以上のとおりになります。

東京や一部の地域では、旧暦にお盆をするという家庭も多いので、注意が必要でしょう。

スポンサードリンク

【形式】お盆と新盆で何が違う?

続いて、形式的な部分に触れていきましょう。

新盆や初盆では、お供え物や飾り方などにおいて、普通のお盆と違う点は存在するのでしょうか?

こちらも、ポイントからまとめていきましょう。


POINT

新盆で行う特別な形式

行事→迎え火・お墓参りと法要・送り火と4日に渡って行う

お供え物→団子が一般的

用意するもの→精霊棚・精霊馬・盆提灯


お盆と新盆(初盆)では、形式において大きな違いがあるといえます。

特に、最初の盆ということで、僧侶の方やお招きする方は、早めに連絡を取って、準備しておく必要がありそうです。

では、それぞれに関して、詳細な内容を解説していきます。

新盆(初盆)の行事

まずは、行事に関する部分を解説していきましょう。

お盆では、

  • 13日:迎え火
  • 14日〜15日:お墓参り
  • 16日:送り火

上記の日程で、法要を行っていきます。

まずは、13日の「送り火」に関して。

これは、名前の通り「ご先祖様を迎える日」ということです。

午前中のうちに、精霊棚や飾り付け、お供え物の準備を始めていきます。

そして、午後はお墓参りに行くという形です。

続いて、14日〜15日のお墓参りについて。

こちらは、普通のお盆と違い、僧侶の方やお招きをする方と共に、遺族で行うお墓参りになります。

ご先祖様の供養を行うとともに、そのあとは会食を行う場合があり、このあたりの確認や連絡はしっかりとしておかなければなりません。

最後に、送り火です。

こちらは、迎え火の反対に「ご先祖様を送る日」になります。

送り火の大きな行事として、夕方にご先祖様をお送りするために、送り火を焚かなければなりません。

夕方になるまでは、お供え物などを再度しておくと良いでしょう。

以上が、新盆(初盆)の行事になります。

通常の盆とは、少し違う点があるので、注意が必要でしょう。

また、お招きする方には、早めに連絡を取っておいたほうが良いと思います。

新盆(初盆)のお供え物について

では、続いてお供え物に関する部分をまとめていきましょう。

ポイントの部分では、お団子などが一般的とお話していました。

ただ、お供え物に関しては特にルールはなく、日持ちするお菓子だったり、果物といったお供え物をすると良いでしょう。

また、夏の間なので、そうめんなどを選ぶ家庭も多いようです。

新盆(初盆)に準備するもの

では、続いて、新盆に準備するものをまとめていきます。

新盆で準備するものとしては、「精霊棚」「精霊馬」「盆提灯」を準備しておきましょう。

  • 精霊棚

(参考:http://www.ohnoya.co.jp/faq/dictionary/obon/bondana.shtml

精霊棚は、上の画像のようなものを準備しなければなりません。

実際の写真で見ていくと、

このような形になります。

精霊棚に乗せるものとしては、

  • お供え物(そうめんや果物)
  • 生花
  • 精霊馬

一番上の画像だと、お供え物が多いですね。

この3つをメインに置いて、準備をしていきます。

参考に、①「そうめん」、②「こんぶ」、③「ほおずき」、④「生花」、⑤「精霊馬」、⑥「水の子」、⑦「みそはぎの花」、⑧「果物」となっています。

  • 精霊馬

精霊棚の部分に乗せる「精霊馬」ですが、こちらは「なす」と「きゅうり」で作っていきます。

事前に準備をして、精霊棚に乗せる準備をしておきましょう。

  • 盆提灯

精霊棚のサイドに置いてあった「盆提灯」も必須です。

こちらは、購入しておきます。

こういった新盆で準備するものは、セット商品で購入しておくと便利です。

ネットでも買えるので、検討している方はアマゾンや楽天で購入してみると良いでしょう。

新盆(初盆)の注意点

最後に、新盆における注意点などをまとめていきます。

新盆や初盆の注意点としては、以下のものが挙げられます。


POINT

新盆(初盆)での注意点

  • 早めの連絡
  • 僧侶の方に渡すお布施の準備
  • 服装
  • 精霊棚などは早めに準備

以上のような物が挙げられます。

まずは、何度も言っているとおり、僧侶の方やお招きする方には早めに連絡をとっておくと良いでしょう。

また、精霊棚などの準備は、盆に入る前に済ませておきます。

この他、僧侶の方に来てもらった際、お布施を渡す必要性が出てきます。

お布施の相場としては、5000円〜1万円が一般的でしょう。

また、服装に関しては、礼服になりますが、夏なので涼しい服装で行くようにしてください!

まとめ

今回は、お盆と新盆(初盆)の違う点などを解説していきました。

形式的に、大きな違いを持つ新盆。

早めの準備をして、しっかりと儀式が行えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です