【僕たちがやりました】原作情報まとめ!結末はどうなる?

bokutati

人気漫画がついにドラマ化!

窪田正孝さん主演。

28歳だけど、高校生役!

ただ、正直無理があるように思えないところが凄いですよね(笑)

さて、窪田正孝さんが演じるのは、トビオという普通の高校生。

しかし、隣の「矢場高」のヤンキーたちに毎日怯える日々。

非常に面白い内容なので、ドラマもかなり楽しみですね。

今回は、そんな「僕たちがやりました」に関して、

原作の漫画の情報をまとめます!

また、結末はどうなる?という情報もまとめていきますよ!

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

ドラマ「僕たちがやりました」の基本情報

では、まずは「僕たちがやりました」の基本的な情報をまとめていきます。

スクリーンショット 2017-05-30 8.37.19

ドラマ名 僕たちがやりました
放送局 フジテレビ
放送日 毎週火曜夜9時
主演 窪田正孝

毎週火曜夜9時枠で放送される、「僕たちがやりました」

フジテレビ系列で放送されます。

どうあがいても、なかなか這い上がれないフジテレビ。

視聴率もどんどん低下。

かなり窮地に陥っています。

「僕たちがやりました」はどう転ぶのか。

正直、9時枠でできる範囲のドラマではないので、

あまり期待していません。

完全に深夜枠の内容なので、また失敗する可能性が高いですね。

ただ、内容自体は面白いので、どうリメイクできるか?

この一点が非常に重要。

過度な期待はできないと言えそうです。

個性派俳優もたくさん出演!

ドラマ「僕たちがやりました」は個性派の俳優も多数出演します!

主演・窪田正孝の周りを固める主要キャストには….

スクリーンショット 2017-05-30 10.34.47

永野芽郁さん。

スクリーンショット 2017-05-30 10.35.35

間宮祥太朗さん。

スクリーンショット 2017-05-30 10.36.36

葉山奨之さん。

こういった豪華で個性的な面々が多数出演。

キャスト面では、かなり豪華で期待が持てそうです。

では、前置きはこれくらいにしておいて….

「僕たちがやりました」の原作情報に移っていきますよ!

スポンサードリンク

「僕たちがやりました」原作情報まとめ!

mig (14)

では、ここからは「僕たちがやりました」の原作情報をまとめていきたいと思います!

「僕たちがやりました」は、冒頭でもお話したとおり、

漫画が原作となっています。

ヤングマガジンで、先日まで連載していました。

今年の初め、ついに完結。

おそらく、完結がきっかけとなり、

ドラマ化にこぎつけたのでしょう。

原作は全9巻。

原作9巻も2017年4月7日に発売。

非常に面白い展開となりました。

 作者は金城宗幸さん・漫画は荒木光

「僕たちがやりました」は原作と作画が分かれる、

「バクマン」の方式を取っています。

意外に、原作と作画が分かれる漫画は多いですよね。

まずは、原作担当・金城宗幸さんについて。

金城宗幸さんは、最近何かと話題の作品を排出する原作者。

記憶にあたらしいのは「神さまの言うとおり」です。

164068_02

こちら、一部・二部に別れ、映画化もされた作品になっています。

ホラー系の話を書く原作者さんですね。

次に、作画の荒木光さん。

こちらは、あまり知っている作品を描いてはいなかったのですが、

表題作として「ヤンキー塾へ行く」という作品がありました。

510dXFz56SL._SX350_BO1,204,203,200_

今回の「僕たちがやりました」では、

いかにも「青年漫画」の絵だなと感じます。

筆者は、デフォルメされた絵よりも、

ある程度、人間味のある絵が好きなので、すらすら読めました。

正直、中身はかなり面白い。

しかし、これをドラマ化するとなると….

深夜枠を選べばいいのに….

こんな感想を持ってしまいます。

正直、内容的には9時からできるものではありません。

それを、9時に放送できるようにうまく調節する。

すなわち、原作を無視した内容になる可能性が高い。

(特にフジテレビは)

脚本家が、いかに上手にドラマにできるか?

この部分が勝負の分かれ目になりそうです。

では、そんなドラマ「僕たちがやりました」の脚本家は誰なのでしょうか?

ドラマ「僕たちがやりました」の脚本家は…

やはり、原作ありのドラマは脚本家が命です。

原作をどのようにドラマ用の内容へと書き換えられるかが重要。

今回、ドラマ「僕たちがやりました」の脚本家を担当するのは、

徳永雄一さん。

この方は、以前から「原作あり」のドラマの脚本を担当していた方です。

さて、これまでどんな脚本を描いてきたのか。

表題作には….

  • 嫌われる勇気
  • 探偵の探偵
  • HOPEー期待ゼロの新入社員ー
  • チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

ラインナップを見ると、正直微妙です。

スクリーンショット 2017-05-30 16.00.58

特に「嫌われる勇気」の脚本家さんという点。

こちらのドラマは、香里奈さんが主演でしたが、大ゴケ。

原作がハウツー本ということで、

どんなドラマになるのかと思っていましたが….

なかなか微妙な視聴率でしたね。

ただ、一部の話の参加にはなりましたが、

「電車男」「スペシャリスト」といったヒットドラマにも関わっています。

今回、「僕たちがやりました」の脚本はどうなのか。

かなり難しいでしょうが、頑張って欲しいところです。

原作ありのドラマはヒットしない!?

さて、ここからは最近の傾向と、

原作ありのドラマについて、少し補足説明をしていこうと思います。

ここ最近、かなり多くのドラマが、

漫画や小説を原作としたドラマを作っています。

1クールにつき、だいたい半分より少し多いぐらいのドラマが、

「原作あり」という傾向です。

ただ、これらのドラマはヒットした試しがありません。

(最近の傾向ではありますが)

おそらく、原作があることで、ネタバレも多くなったり、

先が見えているので、あまりおもしろくないということもあるでしょう。

しかし、それ以上に「原作を尊重しない」ドラマ化が目立ちます。

最近で言うと、フジテレビの「人は見た目が100%」です。

こちら、3人の「女子モドキ」が、可愛くなるために努力する話。

(ちなみに、女子モドキとは、女子になりきれない女子のこと。)

しかし、キャスティングで大ゴケ。

桐谷美玲さんや水川あさみさんといった、

超美人が女子モドキを演じる姿に、批判も多かったですね。

人は見た目が100%は、夜10時からという重要な枠でした。

そのため、芸人を起用することもできない。

その結果、原作を無視した内容になりました。

今回「僕たちがやりました」も、そういった内容になりそうです。

まず、「僕たちがやりました」は、

夜9時というゴールデンタイムにできる内容ではありません。

確実に、原作よりも生ぬるいものになりそう。

世界観がうまく伝わらない可能性が高いです。

また、製作のカンテレでは、このような発言をしています。

「原作とは違ったラストにします」

この時点で、原作を否定する結果に。

夜9時ではなく、11時とか12時台であれば、

もっと原作の世界観を伝えられたのに….

視聴率10%を超えられれば、大成功となるドラマになりそうです。

「僕達がやりました」の結末はどうなる?

スクリーンショット 2017-05-30 16.02.24

さて、最後に「僕たちがやりました」の結末を書いていきましょう。

ただ、原作とドラマは違う内容になります。

もう既に、そう発表してしまっていますからね。

ここでは、原作の結末を書いていきます。

「僕たちがやりました」の結末

爆破事件に関しては、輪島(パイセンの父親)の力でもみ消される。しかし、4人の中には「罪悪感」の気持ちが残っていた。

そこで、4人は自主することに。

しかし、警察に言っても、結局自主は認められず、
父親にもみ消されてしまう。

そこで、渋谷のスクランブル交差点で、
罪の告白をすることにし、決行。

しかし、結局輪島の配下の人間に潰され、
殺されかけたパイセンは、配下の中にいた兄弟を殺害。

結局、パイセンは懲役10年となってしまう。

事件の結末はこうなります。

また、他の三人は、

パイセンに脅されて事件を起こしたことになり、釈放。

この後にも、少し人間模様が描かれますが、

それは実際に原作等を読んでみて、確かめてくださいね。

ただ、ドラマはこの内容とは違う形に収束します。

原作の中では、

ドラマで描けないであろう描写がたくさん出てくるので、

このあたりの再現性が重要になってきそうです。

まとめ

今回は、ドラマ「僕たちがやりました」に関して、

原作の情報をメインにまとめていきました。

非常に、ドラマ化は難しいとされていた内容です。

派手な内容にはなりますが、フジテレビなのであまり大きな期待はしていません。

どう転ぶか、注目ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です