修学旅行シーズンになると、いろいろと準備が大変!

修学旅行の持ち物から、行くところの再確認などたくさんやることがありますよね。

 

そんな中、修学旅行中は「おしゃれ」も大切です。

普段の学校生活と違って、服装や髪型などは少しぐらい羽目を外しても良いものでしょう。

 

多くの子が各々のおしゃれをしてくると思いますが、その中でも髪型アレンジはポイントになります。

文化祭や体育祭と同じく、普段は挑戦できないヘアアレンジをやってみましょう。

 

今回は、修学旅行におすすめの髪型アレンジを動画付きで紹介。

このページでは、ボブ〜ミディアムヘアを中心に紹介していきます。

ロングやショートヘアについても、それぞれアレンジ例を作っておきましたので、あわせて御覧ください。

 

スポンサードリンク

修学旅行の髪型アレンジ10選!ボブヘア〜ミディアムヘア編

では、さっそく修学旅行におすすめの髪型アレンジを10個紹介していきます。

ボブヘア〜ミディアムヘア編なので、ちょうど肩ぐらいまでの髪の長さでできるアレンジ例を紹介していきましょう。

 

修学旅行の髪型は、「二日目でもできるか」と「崩れにくさ」の二点がポイントになります。

二日目以降の朝は、朝食などを学校単位でまとまって食べるため、あまり時間がありません。

 

また、修学旅行は一日中歩き回るので、崩れにくさもポイントでしょう。

一つ一つの髪型に、表形式でポイントをまとめましたので、以下の指標を参考にしてくださいね。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★が多いほど崩れやすい
所要時間 ★が多いほど時間がかかる
難易度 ★が多いほど難しい

 

 

スポンサードリンク

 

①外ハネボブ


コテとヘアオイルでできる、外ハネのウエットヘアです。

普段はコテなどを使わないという方や、内巻きが多い方におすすめ。

 

ウエット感を出すことで、おしゃれで少し大人っぽいイメージを作ることができますよ。

ブロッキングをしっかりとすることで、綺麗に外ハネを作ることができますので、修学旅行の朝でも短時間で完成します。

 

難易度 評価
崩れにくさ
所要時間 ★★
難易度 ★★

 

②前髪編み込み

ボブ〜ミディアムヘアだと、ちょうどよいバランスになりやすい「前髪編み込み」のアレンジです。

普段は前髪をおろしているという方でも、すぐに「いつもとは違う雰囲気」を出すことができるため、こちらもおすすめ。

 

編み込みなどには若干時間がかかりますが、修学旅行二日目の朝でもギリギリできるヘアアレンジですね。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★
所要時間 ★★★
難易度

 

③ハーフアップお団子ヘア

 

ボブヘアの方の動画ですが、ミディアムヘアでもうまくまとまります。

ポニーテール風のお団子ヘアで、かなり可愛いヘアアレンジですね。

 

男子にも人気が高い「ポニーテール」のヘアアレンジに近いものがあります。

周りの髪の毛を上手に残して、ルーズな雰囲気を出すところがポイントですよ!

 

アレンジの工程も単純で、簡単にできる点も良いですね。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★
所要時間 ★★
難易度

 

④ミディアムくるりんぱ

 

ミディアムヘアの方におすすめの「簡単くるりんぱ」です。

くるりんぱは相当難易度が高いのですが、動画では一人でヘアセットをしていますので、参考にしてみてください。

 

ボブヘアだと作るのは難しいので、ミディアムヘアの方は挑戦してみましょう!

 

修学旅行1日目におすすめで、2日目以降は作るのが難しいと思います。

ただ、一発で特別感を出せて、かわいいヘアアレンジになりますね!

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★★
所要時間 ★★★★
難易度 ★★★★

 

⑤ねじりお団子ヘア

動画19秒〜)

 

先程紹介したお団子ヘアより、若干工夫が多めのお団子ヘアですね。

編み込みを応用しているので、時間がかかってしまいますが、可愛く出来上がるところがよいですね。

 

修学旅行二日目以降に挑戦する場合は、友達に手伝って貰う必要がありそう。

所要時間も多めに見たほうがよいため、修学旅行初日にやっていくといいかもしれません。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★★★
所要時間 ★★★★★
難易度 ★★★★

 

⑥ミックス巻き

ボブヘアでもミディアムヘアでもできるミックス巻き。

外巻きと内巻きを分けて行うため、必ずブロッキングをしてから実践しましょう。

 

巻き髪の中でも特に難易度が高く、うまくできないとぐちゃぐちゃになってしまいます。

ただ、上手にできるとかなり印象が変わるため、修学旅行の雰囲気にもマッチしそうですね。

 

コテを持っていけば、2日目以降も挑戦できます。

ただ、こちらも外巻きだけ、内巻きだけの髪型よりも時間がかかるため、早起きして作ってみましょう。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★★★
所要時間 ★★★★
難易度 ★★★★

 

⑦短めゆるふわ巻き


⑥のミックス巻きとかなり内容がかぶっていますが、ショートヘアに近いボブヘアの女の子向けになります。

 

短めボブの方は、こちらのゆるふわ巻きを参考にしてみましょう。

ストレートアイロンで巻いていて、短めボブの女の子におすすめ。

 

前髪もアレンジしているため、全体的にふわっとした可愛さ作ることが可能です。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★★★
所要時間 ★★★★
難易度 ★★★★

 

 

⑧巻きツインテール

タイトルはミディアムにしていますが、ボブの方でもできます。

修学旅行なら、普段はやらないツインテールも挑戦できますね。

 

ツインテールの部分を巻くだけで、ふわっとした印象に。

幼い印象を与えないため、高校生の方におすすめですね。

 

難易度 評価
崩れにくさ ★★
所要時間 ★★★
難易度 ★★★

 

⑨センター分け前髪

 

雰囲気を一発で変えることができる、前髪センター分け!

かなり簡単にできるアレンジなので、修学旅行2日目からでも間に合います!

 

やり方はとても簡単ですが、センター分けは似合う方が少ないのが難点でしょうか。

普段から前髪をアップにしている方は、アレンジの一つに加えてみましょう。

 

⑩高めポニーテール

 

高め位置で結ぶポニーテール!

大人っぽい雰囲気になりやすい点が特徴の一つで、普段は幼い印象を持たれている方は、その印象をガラリと変えることができますね

 

動画はサロンの方がやっているので、少し難易度が高め。

高めの位置で結び、バランスを整えるヘアアレンジなので、動画通りにしなくとも良いです。

 

ポニーテールは、雰囲気を変えるのにおすすめで、挑戦しやすい髪型なので、修学旅行でもおすすめでしょう!

 

修学旅行に持っていくと良いヘアアレンジアイテムとは?

最後に、修学旅行に持って行きたいヘアアレンジアイテムを紹介していきます。

修学旅行先で便利に使えるアイテムとして、以下の3つがあります。

 

修学旅行先で使えるヘアアレンジアイテム
①ヘアスプレー
②ストレートアイロンorコテ
③寝癖直しウォーター

修学旅行では、1日歩き回ることもあって、終盤は髪型が崩れてしまいます。

それを避けるために、ヘアスプレーでしっかりと仕上げをしていきましょう。

ケープなど、お好みのものでOKです。

 

また、ストレートアイロンやコテを持っていっておけば、簡単にヘアアレンジをすることができます。

周りの子もヘアアレンジをすると考えて、事前に準備をしておきましょう。

 

最後は、寝癖直しウォーターです。

これは、朝食を学校単位で食べることから、時間の無い朝にうってつけのアイテムです。

起きる→朝食→支度の流れになる可能性もあるため、簡単に寝癖などを直すアイテムは持ちたいですね。

 

この他、ショートボブスタイルの方は、ワックスなども準備しておくと良いと思います。

 

まとめ

今回は、修学旅行の髪型アレンジとして、10個紹介していきました。

修学旅行では、いつもと違う雰囲気を出す子も多いため、ヘアアレンジなどは考えておいても良いでしょう。

 

簡単なもので、内巻きや外巻きなどのアレンジがあります。

この辺りは、事前に練習しておけば、必ずできるようになりますので、準備をしておきましょう。

 

修学旅行の写真は、アルバムなどで一生残るため、なるべくおしゃれをしていきたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事