【ベストヒット歌謡祭2017】出演順や曲順まとめ!関ジャニやキスマイはいつ?

毎年、この時期は音楽番組が熱い展開を見せてくれますよね!

各放送局で音楽特番を放送するのですが、どれも楽しみなものばかりですね。

さて、今回は数ある音楽特番の中でも、「ベストヒット歌謡祭2017」について情報をまとめていきます。

もとを辿れば、50年の歴史があるベストヒット歌謡祭ですが、今年も音楽の祭典として、変わらずに放送されるようです。

毎年、生中継で放送されるベストヒット歌謡祭。

2017年は、どんなアーティストがステージに上がるのでしょうか?

今回は、ベストヒット歌謡祭2017に関して、出演アーティストや出演順、タイムテーブルに関して情報をまとめていきます。

では、はじめていきましょう!

スポンサーリンク

ベストヒット歌謡祭2017の概要

まずは、ベストヒット歌謡祭2017の概要に関して、簡単に解説を加えていきましょう。


ベストヒット歌謡祭2017

  • 日程:2017年11月15日
  • 時間:よる7時〜
  • 放送局:日本テレビ系列
  • 司会:宮根誠司、ウエンツ瑛士、橋本マナミ

2017年11月15日のよる7時〜放送されるベストヒット歌謡祭。

全国の日本テレビ系列の番組で放送されます。

今年の司会は宮根誠司さん、ウエンツ瑛士さん、橋本マナミさんの3名です。

橋本マナミさんが初参加ということで、かなり気合が入っているとのこと。

このあたりも注目どころですね!

スポンサードリンク

ベストヒット歌謡祭2017の出演アーティスト一覧

続いて、ベストヒット歌謡祭2017に関して、出演アーティストの一覧をまとめていきましょう。

画像は、ベストヒット歌謡祭公式より抜粋いたしました。


E-girls/AKB48/NMB48/関ジャニ∞/Kis-My-Ft2



欅坂46/三代目JSB/ジェネレーションズ/ジャニーズWEST/竹原ピストル



西野カナ/乃木坂46/NOBU/平井堅/松田聖子



三浦大知/三浦祐太朗/ゆず


以上、18組のアーティストがベストヒット歌謡祭2017に参加します!

今年もAKBグループをはじめ、坂道グループ、EXILE系列など幅広く出演するため、視聴率の面でも期待が持てそうです。

ジャニーズグループからは関ジャニ、キスマイ、ジャニーズWESTが参加。

こちらも注目の出演アーティストとなりそうです。

ベストヒット歌謡祭2017の出演順・曲順をライブ

最後に、ベストヒット歌謡祭2017の出演順・曲順をまとめていきます。

ベストヒット歌謡祭は、放送されるまでどの順番で出演してくるのか?の順番がわからないタイプの歌番組です。

そのため、出演順や曲順に関しては、なるべく速報できるようにブログの記事を更新する形をとらせていただきたいと思います。

ただ、事前に出演順や曲順を知りたい!という方は、去年の出演順・曲順を見つつ、ある程度の時間の検討をつけておきましょう。


ベストヒット歌謡祭2016の出演順・曲順

<7:00〜8:00>

  1. GENERATIONS
  2. 西野カナ
  3. きゃりーぱみゅぱみゅ
  4. E-girls
  5. BOYS AND MEN
  6. ゆず
  7. 三代目JSB
  8. 欅坂46
  9. NMB48
  10. 乃木坂46
  11. AKB48

<8:00〜9:00>

  1. 星野源
  2. いきものがかり
  3. ピコ太郎
  4. Kis-My-Ft2
  5. 平井堅
  6. 家入レオ
  7. 林部智史
  8. ゆず
  9. KinKi Kids

AKB関連や坂道グループのようなアイドル系のアーティストさんの出演順は、例年通りいくと〜8時までの順番で出演してきます。

2015年も同じような構成だったため、2017年も例年の曲順の傾向を真似てくるでしょう。

関ジャニ∞やKis-My-Ft2は8時以降の可能性大

関ジャニ∞やキスマイに関しては、高い確率で8時以降の出演順となりそうです。

特に、関ジャニ∞はトリを飾る可能性が非常に高いですね。

昨年はKinKi Kidsだったため、今年は視聴率の関係から考えても、関ジャニ∞をトリに持ってくることが予想されます。

曲に関しては当日にわかるとのことなので、出演順の法則に関してもある程度知っておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、2017年11月15日に放送される「ベストヒット歌謡祭2017」に関して、出演順や順番に関する情報や出演アーティストについてなどの情報をまとめました。

今年はジャニーズグループから関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、ジャニーズWESTが出演するということで、注目している方も多いのでは無いかと思います。

他にも、今年アイドルシーンで活躍した女性アーティストが多数出演。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です