1393222055_1_1_b4baac596c0dc7e1f12214f7e1b8cd1c

好きだったアニメが終わる。

それも、とても中途半端なところで!

そんな時、あなたはどうしますか?

 

黙って原作を買う?

2期・続編をひたすら待つ?

アニメのグッズを買う?

 

いろいろやり方はありますが、みなさんは円盤(BD・DVD)の購入を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか?

やはり、円盤がどれくらい売れたのか?によって2期・続編の制作の有無を確認しますよね。

「あぁ〜全然円盤売れなかったか….これは2期ないな….」

「お!以外に円盤売れてんじゃん!これは続編あるかも?」

 

このように、円盤の売上と2期・続編の制作は切っても切れない関係にあるんですよね。

しかし、円盤の売上だけで本当にすべてが決まるのでしょうか?

原作の売上や人気でも続編が決まるアニメはあるのでは?

 

そう考える人も少なくはないでしょう。

 

そこで、今回は

「円盤を買う以外の方法で2期・続編の制作を応援する方法」について調べました!

2期・続編を心から願う人にとって円盤を買う以外にも何かアクションを起こしたい人もいるでしょう!

 

今回はそんな人のために書いていこうと思います!

 

<目次>

◯続編のポイントは「製作委員会」が儲かるかどうか

◯ロイヤリティ単価の高いものを買うべし

◯様々な応援方法まとめ!

・やはり円盤の購入が一番の近道

・円盤を買えない・不要!という人にはこれ

・単価の高いグッズは逃すな!

・原作の応援も忘れずに

・ゲームで課金もかなりいいらしい

 

 

スポンサードリンク

続編のポイントは「製作委員会」が儲かるかどうか

2期・続編の制作に至るには、アニメの「製作委員会」が実際に黒字になっている必要があります。

 

「製作委員会」とは、何か?

アニメのEDの最後の方に出てくる「◯◯(=アニメの名前など)委員会」という表記があるのを見たことがあると思いますがあれが制作元なんですよね!

 

例えば、多くの難民を排出した「ご注文はうさぎですか?」を例に取っていきましょう。

ごちうさの製作委員会は「ご注文は製作委員会はですか?」になっています。

 

製作委員会が儲かるには、その製作委員会に入っている会社を実際に応援すればいいわけです。

ごちうさでは、

1期:製作:ご注文は製作委員会ですか?
(NBCユニバーサル・エンターテイメント、芳文社、創通、ショウゲート、フロンティアワークス、レイ)

2期:製作:ご注文は製作委員会ですか??
NBCユニバーサルエンターテイメント、芳文社、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、フロンティアワークス、ブシロード、AT-X、アイオウプラス、レイ

上記の企業から発売されるグッズを購入すれば良いんですね!

また、上記の企業からアニメ関係なく商品を購入することも応援につながります。

 

今回はごちうさを例に出しましたが、ここで一つポイントがあります。

それは、製作委員会に原作の出版社が入っているかどうかです。

 

もし、出版社が入っていないのであれば、原作を買ってもほぼ2期・続編の応援にはつながらないと見て間違いありません。

 

逆に、原作ばかり売れてBDが売れないから「原作のためにアニメ始めたんだっけ?」と製作委員会もぼやいてしまう結果になります。

そのため、応援する際に製作委員会を確認することは必須要件ですね!

 

今回の例のごちうさは、製作委員会に芳文社(=まんがタイムきららの出版社)が入っているため原作を買うことは確実に応援に入ります!

 

みなさんも製作委員会だけはしっかりと確認しましょう!

 

ロイヤリティ単価の高いものを買うべし

スポンサードリンク

 

続いて、製作委員会を効率よく応援するための方法です。

それはズバリ、ロイヤリティの高いものを購入することです!

ロイヤリティとは、特許や印税のことですね。

このロイヤリティの高い商品を購入することで、製作委員会を効率よく応援することができます。

 

さて、ロイヤリティの高い商品とは何が挙げられるでしょうか?

 

円盤>ウェブ配信>ソシャゲ課金>グッズ・原作など

この順番となります。

やはり円盤の購入が一番効率よく応援できる方法です。

 

さて、一つ一つにフォーカスしてみていきましょう。

 

様々な応援方法まとめ!

さて、ここでは円盤の購入に関することや他の応援方法について具体的に書いていきます。

 

やはり円盤の購入が一番の近道

さて、タイトルからはずれてしまいますが、結局のところは円盤の購入が一番ロイヤリティが高く製作委員会にとっても重要な財源になるんですね。

 

アニメの会社のスタッフさんの話で、アニメ業界の実情のような話を聞きました。

 

それは、2期・続編を製作する話が出るということ自体が「稀」ということです。

アニメの3話、4話が放送されている時に、既に製作委員会ではいかに赤字を回避するということを考えるらしいのです。

 

そのため、2期・続編を製作しよう!という製作委員会はかなり珍しく、やはり円盤の購入が少ないと2期・続編の可能性は薄れるどころか、話しすら挙がってこないのが実情のようですね。

 

アニメ会社のスタッフさんも、やはり円盤の購入を推していました。

1セットとは言わず、何セットも買って欲しいとのことです。

2セット目以降は、値段が高いうちに中古ショップに売っていけば多くの円盤を買うことができますね。

 

やはり、まず円盤です。

ここは重要な点ですね。

しかし、円盤はやはり高いですしそんなに買えない!という方には次の方法もあります。

 

円盤を買えない・不要!という人にはこれ

さて、円盤が買えない、または不要という方にはネット配信で応援する方法もあります。

アニメの公式サイトなどで、ネット配信がされている場合がありますよね。

こちらも円盤ほどではありませんが、ロイヤリティの高い商品となっています。

もし円盤を買えない方は、こちらのネット配信で応援する方法がいいでしょう。

 

一話ずつ購入することもできるので、手軽に購入できますね!

 

単価の高いグッズは逃すな!

続いて、グッズを購入することですが、こちらはロイヤリティが低く大変な量のグッズを売らないと応援できないらしいです。

 

しかし、グッズの中でもロイヤリティの高い商品はあります。

その代表は「抱きまくら」ですね。

こちらは値段も高いですから、これが売れれば売れるほど、製作委員会は儲かるという話です。

このようなグッズを積極的に買っていくことで、2期・続編の可能性は高まってきますね!

 

原作の応援も忘れずに

これは、先程も言いましたが製作委員会の中に出版社が入っている場合に、特に力を発揮します。

もし製作委員会に出版社が入っていない場合には、原作を買うよりも円盤を買ったり他のグッズを買うほうが可能性を高める要因になりますから、その辺も考えつつ購入するのがいいですね!

 

ゲーム課金もかなりいいらしい

最近、ゲームアプリなどの製作が盛んに行われていますよね。

もし、ソーシャルゲームなどがリリースされれば、ここに応援のポイントが出てきます。

それは、よく言う「課金」ですね。

こちらも非常にロイヤリティが高く、オススメの応援方法となっています。

しかも、こちらも少額からの課金ができますから手軽にできる応援方法となっていますね!

 

今後、2期の応援をする方法も増えてくるかもしれません。

もし、どうしても2期・続編の応援をしたい!という方には、以上のような方法を正しくやっていくことが重要になってきますね!