【愛してたって、秘密はある】原作情報まとめ!脚本家はだれ?

最近は、少し他局に押され気味か?

日本テレビのドラマは、内容自体は面白いのですが、

なかなか伸びてこない。

そんな印象を持ちますね。

さて、今回紹介していく、

「愛してたって、秘密はある」はどんな感想を持たれるでしょうか?

タイトルがすべてを物語ってしまっている感はありますよね(笑)

ただ、企画原案にせよ、キャストにせよ、

注目度は高い作品になりそうです。

今回は、そんなドラマ・「愛してたって、秘密はある」に関して、

原作の情報や脚本家はだれ?

また、企画原案はだれなのか?についても、詳細をまとめます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

「愛してたって、秘密はある」の基本情報

まずは、「愛してたって、秘密はある」に関して、

簡単な基本情報をまとめていきます。

スクリーンショット 2017-06-03 6.37.39

ドラマ名 愛してたって、秘密はある
放送日 日曜夜10時30分
放送局 日本テレビ
主演 福士蒼汰

ドラマのコンセプトは「恋人のこと、どれだけ知っていますか?」

そんな問いかけをする内容となっています。

正直、あまり印象に残らない時間帯の「日テレ日曜ドラマ」

今回は、主演に福士蒼汰くんを起用し、

一気に期待作になりました。

また、企画原案があの人気プロデューサーなのです。

「愛してたって、秘密はある」の企画原案は…..

ドラマ「愛してたって、秘密はある」の企画原案を担当する方は、

AKB48のプロデューサーでもある、秋元康さん。

最近は、多方面で活躍を見せていますよね。

AKB48の成功は、本当に凄いなと感じます。

今回、企画原案を出した秋元康さん。

AKB関連のドラマでは、必ず企画の原案を考えていますし、

面白い原案を考える力は、かなり良いものがあります。

今回も、先程のコンセプトである、

「恋人のことをどれだけ知っていますか?」

この問いかけを、ドラマから世の中に発信していきます!

ドラマ「愛してたって、秘密はある」のあらすじ

ドラマのあらすじをまとめ、この章を締めていきます。

「愛してたって、秘密はある」のあらすじ

貴方は愛する人にすべてをさらけ出せますか?
誰にだって秘密はある。

周囲に引かれるような秘密。
恥ずかしい過去。

こういった秘密を打ち明けることは、
簡単ではないことです。

この物語の主人公は、殺人を犯したという秘密を持っています。

主人公・奥森黎は、母親をDVから守るため、
父親を殺した過去を持っている。

殺人犯に、友達も彼女も必要ない。
そう思っていた黎だったが、ある女性と恋に落ちてしまう。

プロポーズをした後、残すは結婚のみ…
そんなときから、殺人の秘密を持つものから怪しい接触が…

だいたいのあらすじは以上のような形です。

ミステリ×ヒューマンドラマ。

様々な問いかけと、ミステリがうまく交錯しそうです。

では、本題に入りましょう。

「愛してたって、秘密はある」のドラマ原作についてまとめます。

「愛してたって、秘密はある」原作情報まとめ!

スクリーンショット 2017-06-04 6.55.25

では、本題である「愛してたって、秘密はある」の

ドラマ原作の情報をまとめていきましょう。

「愛してたって、秘密はある」は、ドラマの原作がありません。

ドラマオリジナル原作になります。

秋元康さんが原案ということで、

気づいていた方も多かったかもしれませんね。

では、話はだれが考えているのか。

それは、脚本家の方ですね。

原作なしのドラマは、脚本家の腕が相当試されるものになります。

ドラマの内容や話の持って行き方は、

ドラマの脚本家が決めるものですからね。

では、「愛してたって、秘密はある」の脚本家さんに関する情報の

詳細をまとめていきましょう。

「愛してたって、秘密はある」の脚本家はだれ?

「愛してたって、秘密はある」の原作者である、

脚本家さんはだれなのか?

このドラマの脚本家さんは、桑村さや香さん

最近、少しずつレベルアップしてきた脚本家さんですね。

スクリーンショット 2017-06-03 7.08.42

名前 桑村さや香
生年月日 1982年
出身 埼玉県
活動開始 2008年〜

2008年、「輪廻の雨」でフジテレビヤングシナリオ大賞を獲得。

その後、ドラマ原作、脚本家の道へと進みます。

あまり有名作は多くないのですが、知っているものだと、

  • SHARK
  • 恋仲
  • 好きな人がいること
  • ストロボ・エッジ(映画)

このあたりが有名でしょう。

「恋仲」「すきこと」ともに視聴率はそこまで高くなかったです。

月9は最近、視聴率の低迷が激しいですからね。

しかし、ドラマの評価は非常に高かった。

特に、中高生の心をガッチリと掴んでいた印象があります。

この中で、原作なしのドラマは「SHARK」「恋仲」ですね。

「SHARK」は、二期まで放送されるなど、

視聴率も良かったドラマです。

原作なしのドラマでも、十分に力を発揮するタイプみたいですね。

原作なしのドラマは面白い?

2017年7月期は、現段階ではありますが、

ほとんどが「原作あり」のドラマとなっています。

漫画をはじめ、小説の原作も非常に多いです。

ただ、筆者の考えとしては、原作ありのドラマはおすすめしていません。

やはり、ネタバレが出てきてしまいます。

また、最近は原作を無視した内容のドラマが多いです。

最近だと、「人は見た目が100%」などは、

原作をかなり無視していましたよね。

芸能関係のしがらみや企画原案の時点で、

キャストがネジ曲がってしまうことが多いです。

内容的にも、キャスト的にも、

原作ありのドラマは失敗しやすい傾向にありますね。

まとめ

今回は、「愛してたって、秘密はある」の原作情報をメインにまとめていきました。

原作がないドラマということで、若干期待はしています。

秋元康さんが作る原案も、面白いものでしたから、

こちらも期待大の内容になってくれそうです。

原作なしのドラマは、先が見えないということもあり、

ハラハラした展開が期待できます。

そういった部分も、ヒットの可能性を残しているのではないでしょうか・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です