587852

今期は、アニメの放送延期などにより、かなり騒がれたシーズンとなりました。

 

アニメ制作会社で働く方々は非常に厳しい労働環境の中に身をおいているようです。

本ブログでは、アニメの続編制作情報などを何度も投稿しているのですが、2期の制作が厳しいという話を何度も耳にします。

 

それは、制作会社のお金の面にかぎらず、クリエーター不足なども影響しているようです。

私たちは無料でアニメを見ることができるわけですが、今後はすこしずつアニメ業界のために投資する必要がありそう。

 

さて、今回はそんなアニメの中でも確実に成功すると言われていたアニメ「3月のライオン」の2期制作情報について紹介しましょう!

 

スポンサードリンク

3月のライオンの2期製作情報まとめ!

%e3%81%86-1

本ブログでは、3月のライオンの2期製作に関して、円盤の売り上げやストックの有無などから多角的に検証していきたいと思います。

 

まずは、円盤の情報からまとめていきましょう!

 

3月のライオンの円盤売り上げからアニメ2期の可能性をみる

20160419171838

アニメ2期を製作するには、製作委員会の財政の状況を考えなくてはなりません。

アニメ1期で、円盤が売れず財政が赤字になってしまえば2期の可能性は皆無と考えていいでしょう。

 

アニメ製作会社には様々な財源がありますが、その中でも最も重要なのが円盤の売り上げです。

円盤(DVD/BD)は利益率が良く、一枚で非常に大きな利益を出してくれます。

 

その上で、アニメ2期製作には円盤の売り上げが重要であるといえるのです。

 

さて、3月のライオンはどれくらい円盤を売り上げれば良いのでしょうか?

 

一般的には平均5000枚が1つのラインと言われていますね。

 

ただ、ジャンプ原作コミックスのアニメだと2000枚でも2期が製作されたり、ラノベ原作のアニメだと1万枚売り上げても2期が製作されない場合などもあります。

 

そこを見極める上で、重要なのが製作委員会の企業です。

 

今回、3月のライオンの製作にはアニプレックスが大きく関わっています。

アニプレックスといえば、最近だと「四月は君の嘘」などが大ヒットしていますね。

 

さて、アニプレックスというと「SAO」や「デュラララ」などの製作も手がけています。

他にも、様々な有名なアニメを製作。

 

例えば、先に例を出した「SAO」は1期と2期共に2万枚以上の円盤売り上げを記録。

ただ、3期製作はまだ実現していません。

 

デュラララに関しても、1万5000枚以上を売り上げましたが、2期製作までには5年の月日を要しました。

 

おそらく、2期へのハードルは結構高いかな?と感じます。

また、2クールで放送ということでこちらもハードルの1つとなりそう。

 

このようなデータから考えると、3月のライオンは平均6500枚以上売り上げる必要がありそうです。

 

3月のライオンの円盤は以下の日程で発売されます。

2期を応援するためにも買っておきたいですね。

 

1巻→2017年1月25日予定 1話 – 6話

2巻→2017年4月26日予定  7話-12話

3巻→2017年6月28日予定  13話-18話

4巻→2017年8月23日予定  19話-24話

スポンサードリンク

3月のライオンの原作のストックはどうなる?

3月のライオンは現在13巻まで発売されています。

 

完結は近いか?と言われていましたが、おそらくまだ完結はしないものと思われます。

完結するとしたら、アニメが終わったあとになりそうですね。

 

では、3月のライオンのストックはあるのか?という点ですが、おそらくストックは足りなくなりそうです。

 

アニメが全て終わった時点で追記したいと思います!

 

3月のライオンのアニメ2期の放送はいつ?

さて、これらを踏まえて3月のライオンのアニメ2期の放送はいつ?という情報をまとめましょう!

 

3月のライオンは2クール放送ということで、円盤の最低ラインのハードルも高い可能性があります。

 

また、ストックの方もかなりあやしいので、2期はかなり先になりそうです。

 

可能性があるならば、3月のライオンが完結し、アニメではなくOVAなどを使う形を取るかもしれませんね!